Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.10.11


ビートルズの名曲がオレの曲!?『イエスタデイ』

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイルが監督を務め、『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティスが脚本を担当。こう聞くだけで、映画好きなら思わず気持ちが高まってしまうかもしれない。今回、良作を輩出してきた2人が挑むテーマは“ビートルズ”! ストーリーに合わせて流れるヒット曲のメドレーと痛快なストーリーで、観る者をとことん楽しませてくれる作品を作り上げた!

『イエスタデイ』
ムネアツなポイントは?
“ユニークなスター誕生物語と名曲メドレーにノリノリ!”



兎にも角にも設定がユニーク。地球全体が12秒間、停電するという異常事態が発生。その際に、交通事故に遭ったミュージシャンのジャックは、目を覚ますと世界からビートルズの存在が消えていることに気づく。ジャックは、誰も知らないビートルズの名曲を“自分の曲”として演奏し、瞬く間に大人気となる……。突然に訪れるスター誕生物語や、ビートルズの歌詞を必死に思い出そうとするジャックの奮闘もめちゃくちゃ楽しい。さらに、ビートルズの影響で生まれた人物やアイテムも世の中からなくなっているという、パラレルワールドの面白さも用意されているのだから痛快このうえないわけだ。

ビートルズのゆかりの地を訪ねたり、あのエド・シーランが本人役で登場したりと、“ネタの宝庫”といってもいいほどビートルズのネタが凝縮されている本作。さらに「イエスタデイ」や「ヘルプ!」といった超メジャー曲はもちろん、ストーリーにぴたりとハマる歌詞でセレクトされた意外な曲も登場。ビートルズを知らない世代からコアなファンまでも納得させる構成となっている。設定が奇想天外なだけに、やや強引だったり、ツッコミどころもあるかもしれない。けれども、基本的に観客をハッピーにさせる作りなので、ライヴシーンなどはストレートに感情が湧き上がるはず。後味が最高なのは保証いたしますよ!



『イエスタデイ』
製作・案・脚/リチャード・カーティス 製・監/ダニー・ボイル 出/ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ジョエル・フライ、エド・シーラン 配給/東宝東和
2019年/イギリス/上映時間117分

10月11日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
©Universal Pictures

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。