Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2018.10.27

スタジャン着こなしに異変あり
モダンに着こなすセレブ流の極意とは⁉

MA-1などのミリジャケと並び、LAでも冬アウターとして人気が高いスタジャン。これまでは、パーカやチェックシャツ、ブルーデニムと合わせてオーセンティックなアメカジスタイルで着るのが基本だったはず。ところが最近のお洒落セレブを見ていると、どうも様子が違うようだ。というのは、彼らの多くはブルーデニム以外のパンツを選択。しかも、古臭いアメカジにならないよう、できるだけすっきりとしたアイテムを合わせている節があるのだ。



では、お洒落セレブはどんなアイテムを合わせて、スタジャン姿をモダンに見せているのか? 今回は、そのへんのポイントを探っていこう。
 

 


01 装飾を省いたスタジャンをシンプルに魅せる!

Chris Pine [クリス・パイン]

普段からヴィンテージデニムやチェックシャツを活用するなど、アメカジ好きで知られるクリス。この日は、濃紺ボディのスタジャンにブラックデニムを合わせた都会派スポーツミックスで登場した。スタジャンといっても、彼のものはワッペンやリブにラインなどないすっきりとしたタイプ。この選びからして、ほかとはだいぶ違う。さらに彼は、無地のBBキャップと細身のブラックデニムを合わせることで、よりすっきり感を強調。スポーティなスタジャンといえども、あくまで着こなしはシンプルで都会的に。これぞクリス流のスタジャンこなしの極意といえそう!?
 

 


02 黒にこだわったストイックな着こなし!

James Franco [ジェームズ・フランコ]

ジェームズのスタジャンは、ワッペンや白ラインなどが入ったオーセンティックなもの。それでも学生っぽく見えないのは、ストイックにブラックコーデを貫いているから。インにはブラックデニムのジャケットを。そしてパンツもブラックデニムと、グッとモダンな印象になるように工夫しているのがよくわかる。さらに、キャップやサングラス、ヘッドフォン、それにスニーカーまで、すべてをブラックで統一。スタジャンを黒主体で着こなす発想があまりなかっただけに、これはかなり新鮮な着こなしでは!?
 

 


03 大人色とスマートシルエットで魅せる手もある!

John Krasinski  [ジョン・クラシンスキー]

黒を合わせずとも、スタジャン姿をモダンに見せられるという好例がコチラ。そのポイントは、合わせたボトムのシルエットと色にある。もともとスタイル抜群の彼だが、細身のパンツを合わせることでグッとスタイリッシュな印象に。さらにパンツのボルドーが、スタジャンのベージュとすこぶるマッチ。ともに秋冬らしいシックなカラー同士ということで、大人の落ち着き感が見事に表現されているのはさすが。スタジャンの替わりにテイラードジャケットでもサマになる、そんなスマートさも感じ取れるお洒落な着こなしだ。
 

 


04 ストリート感覚で着るスタジャンもかっこいい!

Neymar [ネイマール]

エッジの効いたアイテムもなんのその。さらりと着こなして、個性的なお洒落を見せてくれるネイマール。この日は、黒のスタジャンをワントーン着こなしで見せてくれた。彼のスタイリングの見どころは、ダメージデニムにハイカットのボリュームスニーカーを黒スタジャンと合わせた、ストリート感覚高めの着こなし。スタジャンだからといって、古きよき王道アメカジにはしない。そんな彼のお洒落感覚があふれているように見える。しかも、同じ黒でも様々な素材を組み合わせているので、のっぺりした印象もナシ。おそらくそこも計算づくだろう。

ちなみに、 “スタジャン”っていうのは実は和製英語。だから、海外でその言葉を使っても残念ながら通じない。海外で使うなら、“ヴァーシティジャケット”または“アワードジャケット”っていうのが正解!

photo by AFLO

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。