Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2020.11.09


Toyota Tacoma TRD Off-Road

〈サイクルゾンビーズ〉のストプニックファミリーの三男、テイラー・ストプニック。ほかのメンバー同様に、サーフィン、モーターサイクルの達人だ。その趣味以外に、最近熱を入れているのがキャンプ。大自然でのアクティビティを10倍楽しめるようになったのは、〈トヨタ〉の"タコマ TRD オフロード"を手に入れてからだという。

Taylor Stopnik[テイラー・ストップニック]
メカニック
ハンティントンビーチ出身のフリーサーファー。家族で立ち上げたヴィンテージバイクショップ、〈サイクルゾンビーズ〉のメカニックを担当。オフにはサーフィンの指導もおこなうほどの腕前だ。https://cyclezombies.com

Toyota Tacoma TRD Off-Road
トヨタ タコマ TRD オフロード/2016年購入/走行距離50万3500㎞クルマ遍歴
1台め 2012年 フォード F-250
2台め 2013年 ダッジ ラム250
3台め 2014年 シボレー

エンジン:直列4気筒DOHCエンジン
排気量:3500cc(ボア×ストローク/89.0×79.5㎜) 
最高出力:207kW [281PS]/6000rpm
最大トルク:359Nm[36.6kgfm]/4600rpm
トランスミッション:4速AT
全長×全幅×全高:5727×1910×1793㎜
購入価格:$12358

ハンティントンビーチで育ち、サーフィンとモーターサイクルをライフスタイルのメインディッシュにして、充実した日々を過ごす海男テイラー。普段は〈サイクルゾンビーズ〉のメカニックとして、ヴィンテージバイクのメンテナンスやビルドに努めている。オフには海、山をはじめ、川などでキャンプするのがなによりの楽しみだという。理想的なキャンプを実現できるのは愛車の“タコマ TRD オフロード”の存在が大きい。

「このSUVは4年前に中古で購入したんだ。元オーナーはキャンプ好きのサーファー。だから、バックドアのトップを広げるとルーフの上にテントが簡単に張れるように改造されているんだ」

クルマにはシャワーが設置され、特設のヒーターやエアコンプレッサーも完備。だから、テントは快適な温度が保たれている。また、アクティビティには欠かせない、浮輪やマウンテンバイクなどに空気を入れられる設備も装備。

「近場の海はもちろん、カフェ、ショッピングなどにもコイツで移動するよ。僕の生活に欠かせない大切な相棒だね(笑)」

後部座席の窓から、愛用品のサーフボードの出し入れも可能。トランクを開けるなどのわずらわしさがないのも◎

助手席は大切なガールフレンドの指定席。彼女はテイラーの仕事をサポートしている、ビジネスパートナーでもある

外付けシャワーを装備。海上がり、すぐに砂を落とせば車内も汚れない



Information

雑誌『Safari』12月号 P241掲載

“くるまにあ”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=ジェームス・クロスニアック 文=高橋百々
photo : James Chrosniak(Seven Bros. Pictures) text : Momo Takahashi(Volition & Hope)

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。