Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2020.10.19


Ford Fairlane 1962

スタリッシュかつサスティナブルなハンドメイドウェットスーツとしてカリフォルニアで大人気の〈ジョンシー・ウェットスーツ〉。ファウンダーでお洒落感度が高いデザイナーのシェーンの愛車は、ワインレッドに輝くセクシーなヴィンテージの〈フォード〉だ。

Shane Jones[シェーン ジョーンズ]
ウェットスーツブランドオーナー
ハンティントンビーチのダイビング&サーフショップでウェットスーツテイラーとして活躍。現在は自身のブランド〈ジョンシー・ウェットスーツ〉を運営。https://www.joneseawetsuits.com

Ford Fairlane 1962
フォード フェアレーン 1962/2015年購入/走行距離40万3500㎞クルマ遍歴
1台め 1998年 ボルボ 240
2台め 2000年 シボレー カマロ
3台め 2005年 シボレー ヘヴィーGバン

エンジン:水冷式V型8気筒
排気量:3654㏄
最大出力:145kW/4400 rpm
最大トルク:212 Nm
最大スピード:142㎞/h(88mph)
トランスミッション:マニュアル3速
全長×全幅×全高:5004×1811×1410㎜
購入価格:$10884

独学でウェットスーツの仕立てを身につけて試行錯誤を繰り返し、カスタムウェットスーツのクラフツマンとして頂点を極めたシェーン。今では、南カリフォルニアの主要なビーチで彼のウェットスーツを愛用しているサーファーが急増中だ。

〈トム・ブラウン〉のコレクションにも出展経験を誇るシェーンのセンスは車選びにも反映されている。愛車は状態のいいワインレッドの車体が目を引く'62年製の〈フォード〉フェアレーン。

「'60年代ならではのエレガントなフォルムと大好きなワインレッドカラーが気に入って、個人オーナーから4年前に購入したんだ。足回りや外装などできることは、時間をかけて自分の手で修理したよ」

メカニックの知識はさほどなかったがネットで検索しながら、これまた独学で習得した。さすがハンディーマン!

「ビーチはもちろん、お気に入りのコーヒーショップ、グロッサリーストアなど、どこへ行くときも一緒。ガールフレンドのように大切に扱っているよ」

ピカピカに磨き上げた愛車は、自身のアトリエに大切に保管されている。だから、塩害などの心配は無用だそう。 

 
インテリアも美しいデザイン。シートは徹底的にクリーニングされて新品同様に

フェアレーンの見事なタイポグラフィーは見るたびに惚れ直すという

運転席のマットも原状維持。ものを大切にするところも真のクラフツマンならでは。クラシックな〈フォード〉フェアレーンのロゴが男心をくすぐる

 

Information

雑誌『Safari』11月号 P223掲載

“くるまにあ”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=宮﨑良将 文=高橋百々
photo : Yoshimasa Miyazaki(Seven Bros. Pictures) text : Momo Takahashi(Volition & Hope)

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。