Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2020.08.29


〈グッチ〉忘れちゃいけない大事なことを思い出すデニム!?

ヴィンテージ感があふれる質感で
上品ながらルースさも兼ね備えた1本!

2020年秋冬コレクションを象徴するアイテムのひとつ。〈グッチ〉では珍しいボリュームのあるバギーシルエットのデニム。今年1月のコレクションでは、腰を落として穿き、ルースなスタイリングで登場したことも印象的。9万円(グッチ/グッチ ジャパン クライアントサービス)

[グッチ/バギーデニムパンツ]



村上春樹の初期3部作の最後の作品『羊をめぐる冒険』で登場するICU(国際基督教大学)の“芝生”。尾崎豊の名曲「卒業」の冒頭に歌われる“芝生”。どちらも寝転がっているシーンであることは容易に想像できて、次に続くのは決まって“空”だったりする。満ち足りない思いや、退屈さを表現するには“芝生”と“空”は切っても切れないものなのかもしれない。

そんなことを考えながら、この〈グッチ〉のデニムを見てみると、“子供が芝生で遊んだようなグリーン”と表現されているペイントふうの加工がぐっと身近に感じられるのではないだろうか? つい大人になってしまうと、こんなところに寝転んではいけないんじゃないか、座ったらパンツが汚れてしまうのではと、考えてしまいがちだけど、そんなことは忘れて、好きにすればいいじゃない!? なんて言われているような気にもなるから不思議だ。

だからみなさん、遊び心を忘れない大人であるためにも、是非このデニムに足を通してみることをおすすめしたい。若かりし村上春樹や尾崎豊のように芝生に寝そべらなくたっていい。芝生の緑と空の青が、ペイントふうの加工の緑とデニムの青と重なってくるのを感じることができるはずだから!
 

子供が芝生で遊んだようなグリーンやブラウンのペイントふう加工が長年穿きこんだかのようなヴィンテージ感を巧みに演出している

子供が芝生で遊んだようなグリーンやブラウンのペイントふう加工が長年穿きこんだかのようなヴィンテージ感を巧みに演出している

ブランドロゴが入ったパッチには“School Outfitters”=学校用品店の刺繍入りで遊び心満載

  

 




Information

●グッチ ジャパン クライアントサービス
TEL:0120-99-2177

雑誌『Safari』10月号 P53掲載

“Catch the Wave!”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。