Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2022.05.22


セレブのタイダイ選びにふたつの派閥が存在!?

LAセレブの正装(!?)ともいえるTシャツ。そのデザインやシルエットは多種多様だから、彼らが今どんな1枚をどのように着こなしているのか気になるはず。今月は、ヒッピー文化が残る西海岸にとって永遠の定番であるタイダイT。どうやらふたつの傾向に分かれる模様!?

昨今の春夏ファッションで再注目されている、タイダイ。Tシャツを中心に、あらゆるアイテムを彩っている。まわりと差別化するための個性として有効なこと、またデジタルプリントの技術の発達が、タイダイ復権の要因のようだ。で、LAセレブも多分に洩れず、ご覧のとおりタイダイTに夢中! ただ、彼らはヒッピー文化が残る西海岸という土地柄か、“トレンド”より定番の普段着として、さりげなく着こなしている。さらに彼らのタイダイTをよくよく観察すると、どうも“シンプル”系と“陽気”系の2タイプに分かれる。それぞれの特徴やいかに!?

[スコット・ディシック]
Scott Disick

セレブのタイダイ選びにふたつの派閥が存在!?年々服装が若々しくなるスコットだが、タイダイTは以前から愛用。イエロー、ブルー、ピンクと陽気な色合いのTシャツを、金アクセや金時計でリッチに仕上げた。柔らかな色のベージュチノも大人見えにひと役買っている!

 


type 01
シンプルタイダイT

ボディと染めの色、または染め色同士のコントラストが控えめで、かつタイダイ以外のデザインも心なしか控えめ。そんなタイプが“シンプルタイダイ”の特徴だ。ド派手なタイダイTで“シンプル”とは矛盾を感じるかもだが、柄自体が強烈な個性ゆえに、味つけはあえて抑えめ。これなら個性十分でも街馴染みがいい。



[シャイア・ラブーフ]

Shia LaBeouf

セレブのタイダイ選びにふたつの派閥が存在!?ヴィンテージ風の服を好むシャイア。愛用のタイダイTは、褪せトーンのイエロー。パートナーのミアも拝借することがあるよう!?

彼女ともシェア!?
[ミア・ゴス]
Mia Goth

セレブのタイダイ選びにふたつの派閥が存在!?

セレブのタイダイ選びにふたつの派閥が存在!?上:[サバイ]
SABY
染めと洗いを駆使して美しい表情に仕上げ!
“侘び寂び”から着想を得た、奥深さや豊かさを表現した日本ブランド。ゆったりシルエットのボディに、染め工程に手間をかけることで淡く豊かな表情に仕上げた、絞り染めの美しさが魅力。8800円(サバイ/ヘムトPR)

下:[バックヘッド]
BACK HEAD
染め量を抑えつつしっかり個性出し!
こだわりの米国製Tシャツは、脇に縫い目のない丸胴仕様で着心地も良好。染める量を少なくコントラストを抑えて仕上げたタイダイ柄だから、街中でも着やすい。5390円(バックヘッド/テンプスコーポレーション)

 


type 02
陽気タイダイT

フラワームーブメントやサイケデリックカルチャーが背景なだけあって、“陽気タイダイ”のほうがタイダイの印象に馴染むかも。染め色のコントラストも強めで色数も多く、さらにはグラフィックやレタードを携えた、文字どおり陽気な印象が強いデザインを指す。意外にセレブもこちらが多数派!



[ジェイコブ・エロルディ]

Jacob Elordi

セレブのタイダイ選びにふたつの派閥が存在!?花のイラスト+“お互いを応援しよう”と前向きな言葉。

[ジー・イージー]
G-Eazy

セレブのタイダイ選びにふたつの派閥が存在!?なぜか“RSVP=要出欠連絡”とTで発信!?

セレブのタイダイ選びにふたつの派閥が存在!?上:[ジャングルス]
JUNGLES
かつてのヒッピー文化に通ずるグラフィック!?
1960年代に西海岸で流行したアングラ文化を彷彿とさせるグラフィックが得意なブランド。実はタイダイ自体のトーンは大人だが、サイケなプリントが個性的。背中にも大胆プリントあり。1万2980円(ジャングルス/プラントディストリビューション)

下:[セカンドエグジスタンス]
2ND EXISTENCE
“世界に1枚だけ”ならもっと個性出しできる!?
ヴィンテージのボディをリメイクし、新たな姿で世の中に届ける注目ブランド。こちらは古着のタイダイTを繋ぎ合わせたユニークな1枚。カレッジロゴ入りなのも新鮮だ。9900円(セカンドエグジスタンス/ハンクスストア)

セレブに関するオススメ記事はコチラ!
セレブの今と昔なにが変わった?
セレブの豪邸パパラッチ!
お洒落セレブも登場の海外ドラマの注目トピック! AXN BUZZ
西海岸リビング&インテリア!
今月のヘルシー美女!

Tシャツこぼれ話のオススメ記事はコチラ!
知る人ぞ知るローカル店だから、自分だけのこだわりに! 西海岸のお土産Tで旅行気分に浸る!
共通しているのは“ハラ”見せ! Y2KなノリのTシャツこなしが女性のトレンド!?

Information

●ヘムトPR
TEL:03-6721-0882

●テンプスコーポレーション
TEL:03-5976-6730

●プラントディストリビューション
TEL:03-6416-1902

●ハンクスストア
TEL:03-6677-7741

雑誌『Safari』6月号 P25~27掲載

写真=正重智生 スタイリング=田川 匠 文=八木悠太
photo : Tomoo Syoju(BOIL) styling : Takumi Tagawa(remix) text : Yuta Yagi photo by AFLO
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ