Safari Online

SEARCH

URBAN SAFARI アーバン サファリ

2022.06.11


ビジネスの場にも使える男性も満足のアフタヌーンティー。

アフタヌーンティーは女性向け、というカテゴライズは過去のもの。ゆっくりとした時間が確保でき、食事よりも軽いアフタヌーンティーは、いまや打ち合わせや商談などにも活用される。ここでは男性も満足するセイボリーが充実したメニューをご紹介。

01/ステーキ付きでボリュームたっぷり。
ANAインターコンチネンタル ホテル東京
ビジネスの場にも使える男性も満足のアフタヌーンティー。オリジナルボックスの引き出しを開くと、ジャズをイメージしたスイーツが。店内には陽気なジャズが流れ、 五感で食事が楽しめる
備炭炭火焼を特徴とするアメリカンスタイルのステー キ専門店〈ザ・ステーキハウ ス〉では、アフタヌーンティーメニュー “ブースト”シリーズが好評。この春登場した“ジャズ・ブースト”(1名8452円、 税サ込)は、肉料理を中心としたセイボ リーが6種類。醤油ベースの大根おろしソースのサーロインステーキや、バーベキューソースで仕上げ約12時間煮込 んだポークリブなど、形を変えた肉料理がどれもボリューム満点。そして、ジャズにちなんだスイーツは6種類。ピアノをかたどったベイクドチーズケーキやレコードプレイヤーに見立てたガナッシュなどを心躍るオリジナルのボックスに入れて提供。ウェルカムドリンクとして“ワイルド・ターキーオリジナルカクテル”を1杯サービスするほか、11種の紅茶やコーヒーが料金に含まれる。ワインやビールのフリーフロープランも。10月30日まで(月・火を除く)。 

ホテル3階に位置する〈ザ・ステーキハウス〉。"普段使いのステーキハウス"というコンセプトどおり、カジュアルに利用できる

豪快に食らいつきたいパストラミビーフバーガー。ズッキーニグラタンやスモークサーモンベーグルなど、食事メニューが充実。 スイーツとのバランスも絶妙

〈ワイルド・ターキー〉のオリジナルカクテルをサービス。モクテルに変更もできるのが嬉しい

 
DATA
住所:東京都港区赤坂1-12-33
TEL:03-3505-1111
URL:https://anaintercontinental-tokyo.jp/
 

 
02/ハワイ好きにはたまらないメニュー尽くめ。
ヒルトン東京ビジネスの場にも使える男性も満足のアフタヌーンティー。"ハワイアンお肉アフタヌーン"は、8月31日までの15〜17 時。午後のひとときをトロピカルな気分に
南国へ旅した気分が味わえる。ハワイ出身の料理長によるグリル、前菜、スイーツとハワイをイメージしたモクテルをセットにした“ハワイアンお肉アフタヌーン”(1名5200円、サ込)。地面で蒸し焼きにするハワイ伝統調理法を応用して作るカルアポークやフリフリチキンなどを盛り合わせたハワイアンBBQミートプレート。色あざやかなハウピアやマラサダなどの人気スイーツも。 

2階にある〈メトロポリタングリル〉

お肉のプレートに加え、セイボリーにはタロイモのバンズを使ったハワイアンバーガーやシトラスロミロミサーモンが。ブルーハワイとピニャコラーダのノンアルカクテルほか、コーヒーやトロピカルティーも

 
DATA
住所:東京都新宿区西新宿6-6-2
TEL:03-3344-5111
URL:https://hiltonhotels.jp/hotel/kanto/hilton-tokyo
 

 
03/東京のスカイラインを眺めながら優雅に。
ザ・リッツ・カールトン東京
ビジネスの場にも使える男性も満足のアフタヌーンティー。2コースのうち、品数が多くリッチな"ザ・リッツ・カールトン 東京 アフタヌーンティー"(1名9400円、税サ込)。セイボリーにはトリュフを添えた地鶏とフォアグラのバロティーヌも。6月30日まで
45階の高層フロアから東京が一望できる 〈ザ・ロビーラウンジ〉。2種類ある伝統的なスタイルの“ザ・グランド クラシック アフタヌーンティー”は高級食材をふんだんに使用 (1名6200円〜、税サ込)。三元豚のリエットや真蛸のガルシア風など3種〜、サンドイッチ2種、スイーツ5種〜など、そしてオリジナルコーヒーまたは紅茶。ピアノ演奏をバックに過ごす時間は贅沢。 

天井が高く開放感あふれる〈ザ・ロビーラウンジ〉。 オリエンタルな色使いが印象的

窓の向こうに広がる東京の絶景。サンセット時は窓側の席が狙い目

 
DATA
住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
TEL:03-3423-8000
URL:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/tokyo
 

 
04/デキる男のミーティングにふさわしい。
ダンヒル バー
ビジネスの場にも使える男性も満足のアフタヌーンティー。銀座〈六雁〉が監修したアフタヌーンティー。食べ応えのあるセイボリーに、柚子ジャムのソースを添えたスコーンなど。いわゆるアフタヌーンティーのイメージを一新
紳が纏うラグジュアリーブランド〈ダンヒル〉。そのショップの中でもバーを併設しているのはロンドン本店と東京・銀座店のみ。“オリジナルアフタヌーンティーセット”(2名8000円、税サ込)は銀座〈六雁〉総料理長の秋山能久氏がプロデュース。奥出雲和牛のローストビーフ ハンバーガーやカツサンド、きゅうりと茗荷のサンドイッチなど、絶妙な和テイストに。プチフールも5種。 

ショップの2〜3階がバーエリア。隠れ家的な雰囲気はシックで打ち合わせをするのにぴったり

期間限定で初夏をイメージしたシーズナルカクテルが登場。こちらはオレンジバジルモヒート

 
DATA
住所:東京都中央区銀座2-6-7 ダンヒル銀座本店2・3階
TEL:03-6263-2158
URL:https://www.dunhill.com/experience/jp/dunhill-bar-ginza/

Information

『Urban Safari』Vol.28 P23掲載

文=古関千恵子 text : Chieko Koseki
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ