Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2020.12.27

"me time" Overseas
緑とアートに囲まれた2人の暮らし。

 


カリフォルニア州サンタバーバラのキ ャニオンの中でサスティナブルライフを実現しているレオとタイアナのカップル。 サーファーかつアーティストの彼らには、 大自然がインスピレーションの源だそう で、海が一望できるこの家はそんな2人にうってつけ。実は彼ら、タイアナの両親 が所有する敷地に各自アトリエを設け、 シンプルな暮らしをただ今実践中。

だが、 新型コロナウイルスによる影響で、そんなスローライフにも変化が。 「ニューヨークやサンフランシスコなど 遠方のクライアントが多いため、もとも と遠隔のミーティングが多かったのだけ れど、ロックダウン以降は来客の数も激減。おかげで、サーフィンに費やす時間が 増えたよ(笑)」

レオ・バシカさん(グラフィックデザイナー) タイアナ・ギーファーさん(〈タイアナ〉デザイナー)

サンタバーバラ在住のアーティストカップル。 以前は近郊で同棲していたが山火事により現在の家に引っ越し。レオは人気グラフィックデザイナー(leobasica.com)。元モデルのタイアナは新進気鋭のアーティスト(taiana.com)。

有名建築家が設計したタイアナの生家はまるで美術館。敷地内には野生動物も出没するという大自然で、海まではクルマで10分という好立地。 大きなリビングルームからは海に沈 む夕日の景色が堪能できるということもあり、用事がなくともつい時間 を過ごしてしまう空間なのだとか
そうポジティブに話すのはグラフィックデザイナーのレオ。一方、彼女のタイアナはハンドメイドのフェルトでショールやタペストリーなどを作るアーティスト。 予定していた展示会などがキャンセルになり、もどかしい思いもしたのだとか。でも、その分新しい挑戦も。 「最近よく焼いているのがペルジャン・ ラブケーキというペルシャのスイーツ。 かなりトライしたので上達したわ」

そういいながら手際よくケーキをレオのアトリエに運ぶタイアナ。優しい陽射しに包まれた空間で、2人だけのティータイムを満喫する様子は、パンデミックの騒動を感じさせない穏やかさ。そんな2人に、年末年始の過ごし方を聞いてみると、どこへも行かず家族と家でゆっくりと過ごすよ、とのこと。確かに旅行へ行けずとも、こんな緑とアートに囲まれた空間で大切な人と過ごす時間はなにより贅沢なミータイムかもしれない。 

 

01
2人の親密な
時間が増えた。


ロックダウンにより外出する機会がぐんと減った分、自宅で料理やスイーツ作りにハマったというタイアナ。ダイニングテー ブルとベンチは2人のちょっとした憩いの場になったそう
 

温かみのあるインテリアはデザイナーであるレオ自身のDIYによるもの

エアストリームを改装してアトリエ兼住宅として使用 しているレオ。優しく差しこむ光が集中できる環境を作る

脇にはサーフボードラックを備えた隠れ家のようなエアストリーム

 

02
今まで以上に
サーフィンに夢中に。


余計な外出が減った分、 毎日のようにサーフィンへ行くように。2人で一緒に海で過ごす時間も増えたそう 

 

03
今ある環境と生活に
感謝するようになった。



タイアナのアトリエから見下ろすキャニオン&オーシャンビューは自然を間近に感じられ、 眺めるたびに今ある暮らしに感謝するという。 そばにある家庭菜園もロックダウン後、見直した作業のひとつ 

 

Information

『me time』Vol.2 P06〜07 掲載

photo : Morgan Maassen text : Momo Takahash(i Volition & Hope)

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。