Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.03.03

大人の品格もたっぷりな〈ブライトリング〉“ナビタイマー8”!
1930年代の薫りを載せた 精悍パイロットウォッチ!

数ある時計の中で、精悍さで男心をくすぐるものといえば、もちろんパイロットウォッチ。まるで計器のようなデザインは武骨で機能美そのもの。特に〈ブライトリング〉の時計はプロ仕様を謳い、本物を求める大人に訴える魅力がある。で、そんなブランドから先ごろ発表された新作がコチラ。

1930年代に活躍したパイロットウォッチのテイストやデザインなどを現代風にアレンジ。ご覧のとおり、ガッチリと武骨なテイストは残しつつも、大人の品格が漂うモデルとなっている。

〈ブライトリング〉から新しく登場したパイロット・コレクション“ナビタイマー8”。名作“ナビタイマー”は〈ブライトリング〉のアイコン的なコレクションだから、知っているという人も多いだろう。でも、コチラの新作はご覧のとおり、“ナビタイマー”とはひと味違ったクラシカルなエレガントさが漂っている。

新作が纏うクラシックな雰囲気は、1952年に誕生した“ナビタイマー”が生まれる前の時代のものからインスピレーションを得ている。で、この“8”という数字に注目。8はフランス語でユイットと発音するが、実はコレ、1938年に設立されたユイット・アビエーション部門の名に由来している。この部門は飛行機に搭載するコックピット計器や、パイロットウォッチを専門に製造していたところだ。




上:1941年ユイット・アビエーション部門の広告 右:1931年の航空機または自動車用のオンボード・クロノグラフの広告 左:1941年の〈ブライトリング〉のカタログ。オンボードのクロノグラフとパイロットのための計器


右:ユイット・アビエーション部門で作られた飛行機搭載用の時計のひとつ 左:“ナビタイマー8”のインスピレーション元のひとつ“リファレンス768”

“ナビタイマー 8”は1930年代から1940年代にかけて人気を博したオンボードクロックやクロノグラフにならい、優れた視認性と機能性を重要視している。そんな歴史ある部門のエッセンスを取り入れながら、クラシカルで重厚さが感じられるデザインにしたのが“ナビタイマー 8”というわけだ。ちなみに新作のケース径は43mm。パイロットウォッチは視認性が優先されるため大型ケースが多いのだが、こちらは現代的でほどよい大きさ。男らしい背景がありつつも、こんなフォルムなら洗練された品格も感じるのでは?

ほどよい大きさで手に馴染みやすい!

[ナビタイマー 8 B01]
NAVITIMER 8 B01



右:ケース径43㎜、自動巻き、SSケース&ブレス、100m防水 中:ケース径43㎜、自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ、100m防水 左:ケース径43㎜、自動巻き、18Kゴールドケース、アリゲーターストラップ、100m防水。すべて価格未定(以上ブライトリング/ブライトリング・ジャパン)

[ナビタイマー 8 クロノグラフ]
NAVITIMER 8 CHRONOGRAPH



ケース径:43㎜、自動巻き、SSケース&ブレス、100m防水。価格未定(ブライトリング/ブライトリング・ジャパン)

盛大にお披露目された
“ナビタイマー 8
”!



〈ブライトリング〉CEOジョージ・カーンと時計コレクターのフレッド・マンデルバウム

ちなみに、こちらはその“ナビタイマー 8”の新作発表が行われた会場。上海で盛大に行われ、アジア各国から300人を超える多くの人が訪れていた。今回“ナビタイマー 8”はクロノ以外も合わせて5種類のモデルが登場。今後はレディスにも最適なもう少し小さいサイズも登場するとか。となれば、カップルでお揃というのもいいかもね!


会場では60本に及ぶ過去のビンテージモデルも展示。時計ジャーナリストたちの目を楽しませていた

Information

●ブライトリング・ジャパン
TEL:03-3436-0011

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!スポーティな装いも柄を足せば都会的!
SPONSORED
2019.08.28

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!
スポーティな装いも柄を足せば都会的!

アクティブ派にとっては、動きやすくてとても便利なスポカジ。でも、本気な運動着との差が微妙すぎる場合、大の男が街で着るにはちょっとキツイのも事実。ということで、ひと味違う柄を足した〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作を。柄自体がさり…

TAGS:   Fashion
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.08.24

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!
SPONSORED
2019.08.24

〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!
秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!

大人の男が格上のお洒落を目指すなら、服以上に大切なのがバッグと靴の選び方。無難なものばかり選んではつまらないし、当然ヤンチャすぎてもいただけない。で、注目したいのが、この辺のバランスを上手に表現している〈トッズ〉の新作。大人らしい品格を備…

TAGS:   Fashion
“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!
SPONSORED
2019.08.24

“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉
毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!

ファッションがそうであるように、いまや時計もインフォーマルなスポラグがトレンドだ。だがそれもブランドの品格や高いクオリティが伴ってこそ。“オーヴァーシーズ”が男たちの熱い注目を集める理由もそこにある。仕事や遊びを知り尽くす“通”が憧れる風…

TAGS:   Watches
プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!
SPONSORED
2019.08.24

プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!
大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!

クリス・ヴァン・アッシュによるはじめてのコレクションとなる今シーズンの〈ベルルッティ〉。これまでのシックで男らしい意匠に、あざやかさや柔らかさが加わったアイテムが揃う。そんなブランドの新たな魅力を伝えるべく登場するのは、浦和レッズの槙野智…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!
SPONSORED
2019.08.24

〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!
“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!

まだまだ残暑は厳しいけど、少しずつ着こなしに秋気分を取り入れていきたい時季。そんなときに頼りになるのが、ロンTやパーカなどの長袖トップ。そう、海好き男の大好きなアイテムだけど、個性出しを狙うならやっぱりロゴに頼りたいところ。しかもそれがワ…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!
SPONSORED
2019.08.24

〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!
カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!

大人がカジュアルな服装のときに気をつけないといけないのが“品格”。いい年してあまりにラフすぎるとみっともなかったり、身だしなみがなっていないと思われてしまうことも。でも〈ポール・スミス〉ならその点は安心。カジュアルなアイテムであっても、ど…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!
SPONSORED
2019.08.24

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04
プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!

〈アメリカン・エキスプレス〉プラチナ・カードとともに過ごした、自分らしい最高の旅も帰国のとき。あとは急いでチェックアウトをして、空港のロビーで何時間も搭乗を待って……。いえいえ、プラチナ・カード会員向けプログラム“ファイン・ホテル・アンド…

TAGS:   Lifestyle
〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!
SPONSORED
2019.08.24

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでい…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ