Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.05.17


『ピーターラビット』『ランペイジ 巨獣大乱闘』

物語で選ぶ編
ムネアツなポイントは? “少年コミックのようなノリの面白さ!”

『ピーターラビット』

日本でもキューピーのキャラクターとして使われるなど、“癒し系”のイメージが定着しているピーターラビット。しかし原作は、畑を荒らすウサギたちと人間が攻防する面もあって、ピーターラビットのお父さんも人間に捕まってパイにされてしまうなど、けっこうブラックなテイストだったりする。今回の映画化では、そんな原作のエッセンスも忘れずに、とにかくテンポよく、そして痛快に突き進むエンタテインメントが追求された!



舞台となるのは、イギリスの湖水地方で、草原や森の木々など美しいグリーンがスクリーンに広がる。それだけで観ているこちらは一気に爽やかな気分に! その穏やかな風景を、ピーターを中心としたイタズラウサギ軍団が、あの手この手でかき乱す物語。庭の野菜を巡って“宿敵”だったマグレガー爺さんが急死し、ピーターたちが大喜びしたのも束の間、爺さんの親戚である若きマグレガーが、さらに手強い敵として立ちふさがる。ウサギvs.人間のエスカレートする戦いは、文字どおり抱腹絶倒。原作の絵本を軽々と超え、少年コミックのようなノリで楽しませてくれる!



ウサギのほかにも多数の動物キャラが活躍するのだが、もちろん彼らはCG。その外見はとってもリアル。微妙な表情の変化で感情が伝わり、“現実感”と“作り物感”のバランスが完璧だ。特にウサギたちがなにかを企んで邪悪な表情をみせる一瞬、目やヒゲのわずかな動きに、クリエイターたちの才能が発揮されているので注目を。



人間のキャストも動物たちに負けないインパクトで、ピーターたちのよき理解者である画家のビアを演じるローズ・バーンの、まだまだキュートな魅力が全開。そしてマグレガー役のドーナル・グリーソンが、ピーターたちの攻撃にさらされて七転八倒する姿に大笑い。この人、『スター・ウォーズ』でも“さえない悪役”がハマっており、この路線で大成功するかも!? メインキャスト2人とCGキャラたちの相性は完璧だ。



『ピーターラビット』
製作・監督/ウィル・グラック 出演/ローズ・バーン、ドーナル・グリーソン、サム・ニール 配給/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2018年/オーストラリア・アメリカ・イギリス合作/上映時間95分

5月18日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
 

NEXT →ドウェイン・ジョンソンの『ランペイジ 巨獣大乱闘』

2/2PAGE

 
セレブで選ぶ編
ムネアツなポイントは? “ドウェイン・ジョンソンはシュワちゃん越えのヒットメーカー⁉︎”
『ランペイジ 巨獣大乱闘』



ゴリラ、オオカミ、ワニが巨大化し、シカゴの都心部を襲撃する。こう聞くと、『GODZILLA ゴジラ』、『キング・コング』のようなものだろうと高をくくるだろう。しかし、ここにドウェイン・ジョンソンというピースをはめこむとどうだろうか? 途端にゴジラVSシュワちゃん、キング・コングVSスタローンといったようなドリームマッチが頭に浮かび、ワクワクが止まらなくなるに違いない!



ドウェイン・ジョンソンは、アメフト選手からWWFのプロレスラーに転向し、スターダムへのし上がった人物。『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』のゲスト出演を機会に映画俳優としても活動するようになったわけだが、評価を上げたのが、『ワイルド・スピードMEGA MAX』。世界興収を前作の3億ドルから6億ドルへと押し上げ、見事にシリーズの再建に成功。以降、シリーズ作品の復活には欠かせない存在となったのだ。



その魅力は、当然ながら鍛え上げられた肉体にあるのだが、それに加えて評価されているのがコメディ演技。シリアスなアクションシーンだけでなく、日常シーンでのトボけた演技で笑いを誘うことができるのは大きな特長だ。本作でも、“人付き合いが苦手な霊長類学者”という、その巨体にはそぐわない役柄という設定の妙で笑わせてくれる。肉体と幅広い演技力で「ドウェインが出演さえすれば面白くなる」という、ハリウッドの味の素のような存在と化したわけだが、その魅力は本作でさらに昇華している!



霊長類学者デイビスはサンディエゴ野生動物保護区で白毛のゴリラ、ジョージの研究をしている。ある晩、そのジョージが、遺伝子実験の事故により散布されたガスを吸いこみ、一夜にして巨大化してしまう。正気を失い、暴れ狂うジョージに困惑するデイビスだが、巨大化したのはほかにも2体いることがわかり、その原因を解明しようと奔走する。



正直なところ、物語は雑で、脇役陣の演技力もイマイチと、B級感を感じざるをえない。しかし、ご安心を! ひとたび巨獣が暴れ出すとその映像は圧巻! 高層ビル群での軍との攻防戦はド肝を抜く大迫力の連続だし、ドウェインが重火器をぶっ放し、巨獣に立ち向かうシーンなどは、あのシュワちゃんを彷彿とさせるほど魅力的だ。クライマックスは、思わず涙が出るほど感情を揺さぶられる感動シーンが待っているので、観て損はないどころか、鑑賞後1カ月は本作の話をしたくて仕方なくなるはず⁉︎



『ランペイジ 巨獣大乱闘』
製作・監督/ブラッド・ペイトン 出演/ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン 配給/ワーナー・ブラザース映画
2018年/アメリカ/上映時間107分

5月18日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.06.20

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ