Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシックス”を見て唸るとしたら、大人の証。レトロモダンな見た目で中身も確か。大人の楽しいひとときにも華を添えてくれるはずだ。

1956年の名作に着想を得た
“フィフティーシックス”!



1755年創業のスイス時計の名門である〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉。そんな泣く子も黙るマニュファクチュールから登場した新コレクションが”フィフティーシックス”だ。数字を表すこの名前の由来は、コレクションの発想のもとになった時計“リファレンス6073”が1956年に登場したことから。丸型ゴールドケースの3針時計だが、ブランドのシンボル“マルタ十字”の4枝をアレンジしたラグを備え、手巻きが主流の当時にマニュファクチュール初の自動巻きムーブメントを搭載。現在でもその独創性は高く評価されている。そして、この“フィフティーシックス”は、そんな“リファレンス6073”のスピリットやコード、’50年代の活気に満ちあふれた時代背景をも受け継ぐもの。クラシックを理解する大人には、まさにたまらないコレクションといえそうだ。 

NEXT SCENE 01

2/5PAGE

 

ヴィンテージカー好きは
時計も味な見た目にこだわる!


ヴィンテージカーの魅力を知る大人は、時計も当然機械式。人が丁寧に作り上げたもの、そしてその温もりある見た目はクルマも時計も変わらない。“フィフティーシックス”のデイ/デイトは時分秒針のほか3本の針がダイヤル上にある多針時計。クルマの計器と似た雰囲気があり、メカ好きにはたまらない。これをつけて、さっそくドライブへ。ステアリングに手を置いた瞬間、男のロマンに浸るひとときがやってくる。

ボア襟ジャケットを纏えば
まさにヴィンテージな気分が加速⁉


ボア襟レザージャケット59万5000円、Tシャツ4万4000円、デニムパンツ6万9000円、サングラス5万2000円(以上エルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス)

ドライブにはゆったりとできる着こなしが必須。だけど、クルマがそれなりなら、まわりから視線を浴びることも考えたい。ボア襟が男らしいジャケットはヴィンテージな雰囲気もあり、クルマとの相性もよし。そして、そんな着こなしをさりげなく格上げるのが“フィフティーシックス”。ケースがゴールドでもワル目立ちしないのは、レトロモダンなダイヤルとケースのおかげ。上品さも薫り立つ。

[ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・デイ/デイト]
VACHERON CONSTANTIN
Fiftysix day-date

 

ケース径40㎜、自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ(フォールディングバックル付き)。
190万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

ケース径40㎜、自動巻き、18 K PGケース、18 K PGピンバックル付きアリゲーターストラップ。
355万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

 

ハンサム顔で魅せるのは
クラシカルなデイデイト表示!


3時位置に日付、6時位置にパワーリザーブ、9時位置に曜日を表示。多針を備えたメカニカルな見た目は男心をくすぐる。日差しにキラキラと輝くアプライトインデックスと時分針は18 K PG、SSケースモデルはWG製。精緻を極めた美しい仕上げにもうっとりするはず。 

NEXT SCENE 02

3/5PAGE

 

アナログ感覚が新鮮だから
週末はレコードショップへ!


“フィフティーシックス”の名前のもとになった1956年は、まさにモダンジャズが隆盛を極めたとき。様々な才能が開花し、音楽好きはレコードを聴きまくった。そんな熱狂を感じるのはレコードを手に取る週末。手元には“フィフティーシックス”のオートマティックをチョイス。シンプルな3針時計に見えるが飾らない見た目と中身には、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の変わることのない時計作りへの情熱が詰まっている。

週末のリラックスタイムは
上質なニットで大人の余裕を楽しむ


襟付きニットシャツ12万円、デニムシャツ4万6000円、タートルネックニット5万9000円、デニムパンツ4万1000円、サングラス6万円(以上ダンヒル)

秋はニットの季節。そのソフトな印象は、ゆったりと過ごしたい大人の週末に寄り添ってくれる。ゴールドケースの時計も大人の余裕を醸し出すアイテム。しかも“フィフティーシックス”オートマティックは、デザインを主張しすぎない奥ゆかしさがある。品格の点はほかを凌ぐ。

エレガントな時計があれば
なにげない所作も美しい!



レコードに針を落とす瞬間さえエレガントに見えるのは、手元の時計のせいかも。リュウズがケースの窪みに収まっているから見た目にすっきり。さらに2つの仕上げを使い分けてある文字盤により、無彩色のグレーの表情も豊かに見える。都会的で落ち着いた佇まいは“フィフティーシックス”ならではの美点だ。

[ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・セルフワインディング]
VACHERON CONSTANTIN
Fiftysix self-winding

 

ケース径40㎜、自動巻き、18 K PGケース、18 K PGピンバックル付きアリゲーターストラップ。
213万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

ケース径40㎜、自動巻き、SSケース、フォールディングバックル付きアリゲーターストラップ。
128万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

 

緻密な技巧の合わせ技により
3針時計も表情豊かで見飽きない!


文字盤中央は上品な乳白色が美しいオパーリン仕上げ、外周はサンバースト加工を施しメリハリ感で魅せる“フィフティーシックス”。SSケースモデルのアプライトインデックスと針はWG製。細部に高級感が宿る。

A:三角形のデザインが見えるラグ部分。これはマルタ十字の4枝から着想を得てあしらわれたもの。“リファレンス6073”から受け継ぐデザインだ B:オパーリン仕上げの文字盤は外側にサンバースト加工を施し表情豊かに C:フラットなボックス型サファイヤクリスタル風防はレトロな雰囲気たっぷり D:3針モデルには新ムーブメントを導入。ケースバックから見えるのは22 Kゴールド製ローター。中央にあるマルタ十字が誇らしい 

NEXT SCENE 03

4/5PAGE

プレイに没頭する週末は
複雑時計で身も心も引き締める!


レコード店に立ち寄った後は自慢のギターを背にスタジオへ。試聴したジャズに刺激を受けて、今度は自分がプレイする番だ。選んだ時計は“フィフティーシックス”のコンプリートカレンダー。ここ一番の日につけると気分が上がる。こちらもシンプルだけど中身は複雑時計。月齢がわかるムーンフェーズは、ひと目でロマンチックな時計好きとわかるディテール。122年に一度の修正で済むという高精度を知れば、ますます手放せない。 

カバーオールも上質ニットなら
カジュアルな中に品格が漂う!


ニットのカバーオール31万円、ケーブル編みクルーネックニット13万円、5ポケットパンツ5万8000円(以上マロ/三崎商事)、その他はスタイリスト私物

たとえ気の置けない音楽仲間と会うときでも、着こなしに気を抜かないのは大人の流儀。普段どおりの上質なカジュアルで臨みたい。カバーオールはワークウエアの代表格。でも素材が上質なニットになると話は別。大人の休日にふさわしい羽織りものになる。茶系ならゴールドの時計とも馴染みがよく、シックな大人の魅力にあふれる。

[ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・コンプリートカレンダー]
VACHERON CONSTANTIN
Fiftysix complete calendar


見どころはコンプリートカレンダーを
シンプルにまとめたデザインの妙!


ブルーの夜空に浮かぶのは18 Kゴールド製の月。そんなムーンフェーズを主役に、12時位置には曜日と月を表示する四角い小窓があしらわれる。日付はゴールド製のセンター針による指針式を採用。外周にあるアラビア数字を指し、視認性も良好だ。
ケース径40㎜、自動巻き、18 K PGケース、18 K PGピンバックル付きアリゲーターストラップ。
391万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン) 

NEXT SCENE 04

5/5PAGE

都会の夜にふさわしいのは
一目置かれる洗練グレー時計!


1日の疲れを癒すのはお気に入りのミュージックバー。大型スピーカーで、浴びるように大音量を楽しむ。これもまた楽しいひとときだ。“フィフティーシックス”のコンプリートカレンダーにはグレーの文字盤もありストラップもダークグレー。定番のグレージャケットに合わせるならこのタイプ。バーの落ち着いた雰囲気にこのペアリングがマッチする。都会の夜を楽しむとき、やはりモノトーンの時計は欠かせない。

遊びのセットアップは
ソフトな素材使いで快適に!


ジャケット28万円、タートルネックニット10万6000円、パンツ14万8000円(以上ブリオーニ/ブリオーニ ジャパン)、その他はスタイリスト私物

クラシックなデザインの時計でも、色がグレーなら都会的な着こなしにぴったり。モダンさと落ち着いた雰囲気の両得ができ、夜のバーにもすんなり馴染む。そんな時計に合わせたジャケットは、実は素材がストレッチ。だから頬杖をついてもストレスはナシ。お堅い印象があるセットアップでも素材がソフトであればリラックスできる。

[ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・コンプリートカレンダー]
VACHERON CONSTANTIN
Fiftysix complete calendar



ケース径40㎜、自動巻き、SSケース、フォールディングバックル付きアリゲーターストラップ。
250万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の
新広告キャンペーンがスタート!

創業当時より伝統と理念を守り続けながら、常に探究心と情熱を持ち、前進し続けてきた〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉。そんなスイスの名門時計ブランドが、9月に新たな広告イメージを発表した。


“ONE OF NOT MANY”(少数精鋭の一員)をテーマに掲げたこのキャンペーン。そこでは、世界的なアーティストとのコラボレーションを実現している。で、今回ご紹介した時計“フィフティーシックス”とコラボレーションしたのは、ミュージシャンのベンジャミン・クレメンタイン。幼少期の複雑な生い立ちを経て独学でクラシックを学んだ彼は、近年稀に見る独創的なアーティスト。さらにこのキャンペーンでは、“パトリモニー”のコレクションをまとったフランスのデザイナー、オラ・イト、そして“オーバーシーズ”と価値観を共有するベテラン写真家であり冒険家のコーリー・リチャーズともコラボを実現。3者3様、革新と独創性に満ちあふれた若きアーティストとのコラボレーション。今後の〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉から目が離せない!

Information

●ヴァシュロン・コンスタンタン
TEL:0120-63-1755

SHOP LIST
●ゼニア カスタマーサービス
TEL:03-5114-5300

●ダンヒル
TEL:03-4335-1755

●ブリオーニ ジャパン
TEL:03-6264-6422

●三崎商事
TEL:03-5775-1211

雑誌『Safari』11月号 P124-129掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=大嶽恵一、仲山宏樹 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=松本 恵
photo : Keiichi Ohtake, Hiroki Nakayama(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Megumi Matsumoto(es*QUISSE)
Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ