Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2023.11.25 PR

俳優・町田啓太がさらに輝く〈ハリー・ウィンストン〉の1本!
着こなしの仕上げは頼れる品格時計で!

世界屈指のハイジュエラーの感性をもとに、至高の時計を手掛ける〈ハリー・ウィンストン〉。今回その代表4モデルを、俳優・町田啓太がつけこなしてくれた。このブランドの時計がいかにスタイルアップに貢献し、日常を豊かにしてくれるのか? 彼のコメントを交えながらご紹介しよう。

01
寛いだスタイルに艶を差す
“HW流”ラグスポ時計!

ふんわりと優しげなカーディガン姿に、きらびやかな光を放つ時計をあえてコーディネート。そうすることで、日常のひとときがラグジュアリーかつリッチに映える。カーディガン31万4600円(フェデリ/トレメッツオ)、デニムシャツ2万8600円(バグッタ/トレメッツオ)、パンツ5万9400円(ピーティー トリノ/ PT ジャパン)

デニムシャツの上にオフ白のカーディガンを羽織った町田啓太さん。寛いだコーデだが、最高峰のダイヤモンドを贅沢にあしらった“HW オーシャン・デイト ムーンフェイズ オートマティック 42㎜”が上品な艶を添えている。

「さすが〈ハリー・ウィンストン〉ですね。ダイヤモンドの輝きが素晴らしいです。完全に澄みきっているというか、とても上質な煌めきを見せる。それをこういうカジュアルでつけるのはいかがなものかと思ったのですが……、不思議と馴染むものですね(笑)。白のMOP(マザー・オブ・パール)文字盤や、WGケースで全体を透明感ある色調にまとめているからでしょうか」

町田さんがこの時計を手に入れたら、どんなシーンでつけこなすのだろう?

「自分の中で特別な日。なにか授賞式の舞台に立つときのような、きらびやかな場面に出る際に力を与えてくれそうです。一方、Tシャツにデニムのような格好に、こんな時計をサラリとつけて似合う男になりたいという願望もあります。いずれにしろ、夢の広がる時計ですね」

文字盤はマザー・オブ・パール製。その透明感ある色合いが、計352石も使われたダイヤモンドの美しいきらめきを引き立て、手元を壮麗に演出する。5時位置で幻想的な光を放つムーンフェイズの月は18Kイエローゴールド製

 HW オーシャン・デイト ムーンフェイズ オートマティック 42㎜ 
ミステリアスさを高める文字盤レイアウト!

時、日付、月齢のアシンメトリーな配置が神秘的で独特。ケース径42.2㎜、自動巻き、18KWGケース、アリゲーターストラップ、10気圧防水。1138万5000円(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)

詳細はこちら

 

02
アクティブなシーンに映える
モダンなオープンダイヤル時計!

複雑な機構を持つ一方、スポーティな着こなしによく馴染むのがこの時計。ダイヤルのブルーは着こなしの上品な差し色に。軽量なザリウムケースのおかげで、つけ心地においてもスポーティな気分にさせてくれる。ブルゾン45万3200円、ニット18万8100円、パンツ9万5700円(以上ゼニア/ゼニア カスタマーサービス)

ネイビーとホワイトでまとめたブルゾンスタイルと、メカニカルな造形が美しい〈ハリー・ウィンストン〉“プロジェクト Z15”の組み合わせ。“プロジェクト Z”は極めて軽量にして耐蝕性も高い特殊合金“ザリウム”をケースに用い、伝統の時計製造技術と建築的デザインとを高次元で融合したシリーズ。この第15作では、ブランドカラーのブルーをスケルトン分針をはじめ随所に用い、独創的なレギュレーター文字盤をモダンかつ爽快に演出した。文字盤下部の秒針は、30秒ごとジャンプして始点に戻るレトログラード式だ。町田啓太さんはこのZ15の佇まいは完全に自分好みだと絶賛する。

「実は高校で航空関係のメカニックを学んでいたんです。だからこの時計のメカニカルな造形や、最先端の素材使いには問答無用でくすぐられる。しかもブルーはボクが最も好きな色なんです。海辺をドライブするようなアクティブなシーンでつけたら素敵でしょうね」

 プロジェクト Z15 
マニアックな機構をアバンギャルドに魅せる!

通好みのレギュレーター時計は、デザイン性の高さもすごい。世界限定300本。ケース径42.2㎜、自動巻き、ザリウムケース、ラバーストラップ、10気圧防水。338万8000円(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)

詳細はこちら

 

03
品格があふれ出る
八角形のゴールド時計!

大人らしいテイラードジャケット姿に格上のオーラを与えてくれるHW エメラルド。サンレイ加工が施された文字盤は光を外へと放ち、華やかさも格別。立体感あるケースも見どころに。レザーのハーフコート92万4000円、ジャケット40万2600円(以上ダンヒル)、ニットはスタイリスト私物

宝石の現代的なカッティングとセッティング手法、そして優れた目利きにより"キング・オブ・ダイヤモンド"の称号で知られる創始者ハリー・ウィンストン。2016年に誕生した"HW エメラルド・コレクション"の独創的な八角ケースは、そんな彼が最も愛したダイヤモンドの形=エメラルドカットから着想を得ている。発売以来、ブランドの新たなアイコン時計として女性たちから絶大な支持を得ていたが、その後ケースを33㎜に拡大したシリーズをリリース。町田啓太さんがつけているのは、ローズゴールドケースのモデルだ。

「こういうモノトーンな装いの中に、一点だけゴールドがあるとクールにキマりますね。しかもこの時計のローズゴールドは赤味が強すぎず、とても優しい色合いです。ブラックにゴールドを合わせるといやらしくなりがちなのですが、この時計なら、モノトーンコーディネートをとてもエレガントな雰囲気にしてくれます。大人らしい時計の合わせ方として、多くの人の参考になるといいですね」

 HW エメラルド・オートマティック 33㎜ 
ブランドのレガシーに着想を得た八角ケース!

面の美しさが際立つケースは立体感と存在感が別格。クォーツモデルも展開する。ケースサイズ33.3×39.3㎜、自動巻き、18KRGケース、アリゲーターストラップ、3気圧防水。275万円(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)

詳細はこちら

 

04
つける人を輝かせる
ドレッシーなムーンフェイズ!

ミッドナイトブルーはブラックと並ぶタキシードの基本色。そんな色をまとった着こなしの仕上げは、同じく“ミッドナイト”の名を持つこちらの1本で。アバンギャルドな遊び心をダイヤルデザインに秘め、男を輝かせる。スーツ16万600円、シャツ3万800円(以上タリアトーレ/トレメッツオ )

最後に町田啓太さんは、ベルベット素材のスーツに、“HW ミッドナイト・デイト ムーンフェイズ オートマティック 42㎜"を合わせた。スーツはミッドナイトブルーと呼ばれる黒に近い色合い。ドレッシーな時計の世界観と響き合う、お洒落なスタイリングだ。服の色が月齢の背景の青とさりげなくリンクしているのもいい。デザインがシンプルなぶん、クラシックな趣がある。

「ダイヤモンドは文字盤に1個だけなのに、時計全体の輝き方がすごいなぁ。ベルベット素材の光沢ともバッチリ合っていますよね。それでいて落ち着きのあるデザインだから、ちょっとしたパーティなどに、こんな装いと時計の組み合わせで行ってもよさそうです。このモデルに限らず〈ハリー・ウィンストン〉の作る時計は、自分自身を輝かせてくれる特別な存在ながら、実は幅広いシーンや装いで使える懐の深さがあります。今回改めて、そんな感想を抱きました」

 HW ミッドナイト・デイト ムーンフェイズ オートマティック 42㎜ 
タイムレスなデザインに息づく卓越した美学!

ケース3時位置のトリプルアーチモチーフは、NY本店のファサードから着想。ケース径42.5㎜、自動巻き、18KWGケース、アリゲーターストラップ、3気圧防水。408万1000円(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)

詳細はこちら

Information

●ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション
TEL:0120-346-376
URL:www.harrywinston.com

雑誌『Safari』1月号 P104-109掲載

※記事内で紹介している商品はすべて税込みの価格です。

写真=前田 晃 スタイリング=石川英治 ヘア&メイク=秋月庸佑 文=吉田 巌 構成=堀川博之
photo:Akira Maeda(MAETICCO) styling:Eiji Ishikawa hair&make-up:Yosuke Akizuki text:Iwao Yoshida(十万馬力) composition:Hiroyuki Horikawa
〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!
SPONSORED
2024.02.06

〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!
【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!

さる1月16日(木) 、パリにて開催された〈ルイ・ヴィトン〉2024 メンズ・ファッションショー。メンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスが手掛けるショーとしては、2023年6月のパリ、11月30日の香港に続き3回め。…

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!
SPONSORED
2024.01.25

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY
武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!

ウィンターシーズンの都会派コーデはモノトーンが主役。落ち着いた雰囲気は大人らしさを引き立てるから、愛用している人も多いだろう。けれども、それだけではまわりと差がつかないのでひと工夫ほしいところ。そこで頼りにしたいのが時計。存在感のある1本…

TAGS:   Watches
〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!
SPONSORED
2024.01.25

〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!
シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!

オタク傾向の強かった複雑時計も、いまやスタイリッシュに進化を遂げつつある。その代表格が〈グルーベル・フォルセイ〉。なかでも新作の“YOSHIDA スペシャルモデル”はブラックをまとい、ファッションとの相性もいい。時計愛好家はもちろん、男た…

TAGS:   Fashion Watches
〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!
SPONSORED
2024.01.25

〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!
大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!

アクティブなスタイルも身につける腕時計でイメージは激変。そこで押さえたいのが〈ベル&ロス〉の新作スケルトン時計だ。黒に映えるメタリックなムーブメントに、プリズムのように輝く風防で、近未来感あるデザインが目を引く1本。ジュエリー的な贅沢さと…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ