Safari Online

SEARCH

STAY&TRAVEL ステイ&トラベル

2018.09.14

次のロードトリップは“ハイウェイ 1”で! Vol.1
カリフォルニアを味わいつくす“夢のドライブ”に行ってみない?

一度は夢見るアメリカでのロードトリップ。といったら、国を東西に横断する“ルート66”をイメージする人も多いかも。もちろん、それも魅力的だけれど、次の旅では“ハイウェイ 1”ドライブでカリフォルニアを堪能してみませんか?





もしかすると日本ではあまり知られていないかもしれないけれど、アメリカ人にとって“人生で一度はドライブしてみたい道”といわれるのが“ハイウェイ1”。北はメンドシーノカウンティのレゲット、南はオレンジカウンティのダナポイントまで、まさにカリフォルニアの海沿いを縦断するように走っている。

そんな道が実は大きな土砂災害で長らく閉鎖されていたのだが、このたび美しく整備されて再開通。ローカルのみならず、全国ニュースになるほど再開通を喜ぶ声が届いたとか。

それほどまでに“ハイウェイ1”には愛される魅力があるのだ。
 

NEXT とにかく美しい海岸線が楽しめる!

2/5PAGE

 

“ハイウェイ1”の魅力①
とにかく美しい海岸線が楽しめる!




まず触れなくてはならないのは“ハイウェイ1”沿いの一番の魅力である、美しく壮大なコーストライン。特にカーメルやビッグ・サーなどのセントラル・コースト・エリアは崖下に迫力ある海を臨む道で、南カリフォルニアのレイドバックしたビーチ沿いの道とはまた違った雰囲気。水の透明度も高く、青く透ける海を背景に駆け抜けるのは“ハイウェイ1”ならではの体験。カリフォルニアらしいスケールの大きな景色は一度その目で見ておくべき!
 

NEXT どんどん変化していく自然の景色!

3/5PAGE

 

“ハイウェイ1”の魅力②
どんどん変化していく自然の景色!




“ハイウェイ1”の魅力はその海岸線だけではない。ドライブしていくと、どんどん景色が変わっていくのも面白い。たとえば上の写真のようにマイナスイオンを感じる美しいレッドウッド(セコイア)群を通り抜ける箇所があったり、一面に黄金の草原が広がる景色が現れたり。ときには神秘的な霧に覆われることも。数時間ドライブするだけでカリフォルニアの景色を楽しみつくせるといっても過言ではないのだ。
 

NEXT 看板などに視野が遮られない!

4/5PAGE

 

“ハイウェイ1”の魅力③
看板などに視野が遮られない!





これは、実際にローカルたちも自慢のひとつに思っているみたい。というのも、アメリカのフリーウェイというと、道路脇に巨大な広告看板(ビルボード)が並んでいるのがお決まり。だが、“ハイウェイ1”は珍しい例外。カリフォルニアの州道としてはもっとも長距離ながら、道沿いにはそういった看板がほとんどない。美しい景色を邪魔されることなく、とことん堪能できるのだ。
 

NEXT 再開通を祝うイベントも!

5/5PAGE

 

再開通を祝うイベントも!




昨年の土砂災害から1年以上不通となっていた“ハイウェイ1”。それが今年の7月、ついに修繕工事が終了し(予定より2日早く!)再開通。世界14カ国から集まったメディアとこれを祝うローカルのクルマ好きたちが集まり、モントレーからモロ・ベイまでおよそ146マイル(=約235㎞)の”ハイウェイ1“を走り抜ける”ドリーム・ドライブ“というイベントが開催された。その詳細はのちにレポートするが、いかにこの再開通が待ち望まれていたか、象徴しているでしょ?

NEXT : そんな“ハイウェイ1”沿いの必見スポットを紹介!

協力=カリフォルニア観光局、モントレー・カウンティ観光局、サン・ルイス・オビスポ CAL 観光局 special thanks : VISIT CALIFORNIA, Monterey County Convention & Visitors Bureau, SLO CAL
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ