Safari Online

SEARCH

STAY&TRAVEL ステイ&トラベル

2018.09.14

次のロードトリップは“ハイウェイ 1”で! Vol.1
カリフォルニアを味わいつくす“夢のドライブ”に行ってみない?

一度は夢見るアメリカでのロードトリップ。といったら、国を東西に横断する“ルート66”をイメージする人も多いかも。もちろん、それも魅力的だけれど、次の旅では“ハイウェイ 1”ドライブでカリフォルニアを堪能してみませんか?





もしかすると日本ではあまり知られていないかもしれないけれど、アメリカ人にとって“人生で一度はドライブしてみたい道”といわれるのが“ハイウェイ1”。北はメンドシーノカウンティのレゲット、南はオレンジカウンティのダナポイントまで、まさにカリフォルニアの海沿いを縦断するように走っている。

そんな道が実は大きな土砂災害で長らく閉鎖されていたのだが、このたび美しく整備されて再開通。ローカルのみならず、全国ニュースになるほど再開通を喜ぶ声が届いたとか。

それほどまでに“ハイウェイ1”には愛される魅力があるのだ。
 

NEXT とにかく美しい海岸線が楽しめる!

2/5PAGE

 

“ハイウェイ1”の魅力①
とにかく美しい海岸線が楽しめる!




まず触れなくてはならないのは“ハイウェイ1”沿いの一番の魅力である、美しく壮大なコーストライン。特にカーメルやビッグ・サーなどのセントラル・コースト・エリアは崖下に迫力ある海を臨む道で、南カリフォルニアのレイドバックしたビーチ沿いの道とはまた違った雰囲気。水の透明度も高く、青く透ける海を背景に駆け抜けるのは“ハイウェイ1”ならではの体験。カリフォルニアらしいスケールの大きな景色は一度その目で見ておくべき!
 

NEXT どんどん変化していく自然の景色!

3/5PAGE

 

“ハイウェイ1”の魅力②
どんどん変化していく自然の景色!




“ハイウェイ1”の魅力はその海岸線だけではない。ドライブしていくと、どんどん景色が変わっていくのも面白い。たとえば上の写真のようにマイナスイオンを感じる美しいレッドウッド(セコイア)群を通り抜ける箇所があったり、一面に黄金の草原が広がる景色が現れたり。ときには神秘的な霧に覆われることも。数時間ドライブするだけでカリフォルニアの景色を楽しみつくせるといっても過言ではないのだ。
 

NEXT 看板などに視野が遮られない!

4/5PAGE

 

“ハイウェイ1”の魅力③
看板などに視野が遮られない!





これは、実際にローカルたちも自慢のひとつに思っているみたい。というのも、アメリカのフリーウェイというと、道路脇に巨大な広告看板(ビルボード)が並んでいるのがお決まり。だが、“ハイウェイ1”は珍しい例外。カリフォルニアの州道としてはもっとも長距離ながら、道沿いにはそういった看板がほとんどない。美しい景色を邪魔されることなく、とことん堪能できるのだ。
 

NEXT 再開通を祝うイベントも!

5/5PAGE

 

再開通を祝うイベントも!




昨年の土砂災害から1年以上不通となっていた“ハイウェイ1”。それが今年の7月、ついに修繕工事が終了し(予定より2日早く!)再開通。世界14カ国から集まったメディアとこれを祝うローカルのクルマ好きたちが集まり、モントレーからモロ・ベイまでおよそ146マイル(=約235㎞)の”ハイウェイ1“を走り抜ける”ドリーム・ドライブ“というイベントが開催された。その詳細はのちにレポートするが、いかにこの再開通が待ち望まれていたか、象徴しているでしょ?

NEXT : そんな“ハイウェイ1”沿いの必見スポットを紹介!

協力=カリフォルニア観光局、モントレー・カウンティ観光局、サン・ルイス・オビスポ CAL 観光局 special thanks : VISIT CALIFORNIA, Monterey County Convention & Visitors Bureau, SLO CAL

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!スポーティな装いも柄を足せば都会的!
SPONSORED
2019.08.28

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!
スポーティな装いも柄を足せば都会的!

アクティブ派にとっては、動きやすくてとても便利なスポカジ。でも、本気な運動着との差が微妙すぎる場合、大の男が街で着るにはちょっとキツイのも事実。ということで、ひと味違う柄を足した〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作を。柄自体がさり…

TAGS:   Fashion
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.08.24

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!
SPONSORED
2019.08.24

〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!
秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!

大人の男が格上のお洒落を目指すなら、服以上に大切なのがバッグと靴の選び方。無難なものばかり選んではつまらないし、当然ヤンチャすぎてもいただけない。で、注目したいのが、この辺のバランスを上手に表現している〈トッズ〉の新作。大人らしい品格を備…

TAGS:   Fashion
“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!
SPONSORED
2019.08.24

“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉
毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!

ファッションがそうであるように、いまや時計もインフォーマルなスポラグがトレンドだ。だがそれもブランドの品格や高いクオリティが伴ってこそ。“オーヴァーシーズ”が男たちの熱い注目を集める理由もそこにある。仕事や遊びを知り尽くす“通”が憧れる風…

TAGS:   Watches
プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!
SPONSORED
2019.08.24

プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!
大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!

クリス・ヴァン・アッシュによるはじめてのコレクションとなる今シーズンの〈ベルルッティ〉。これまでのシックで男らしい意匠に、あざやかさや柔らかさが加わったアイテムが揃う。そんなブランドの新たな魅力を伝えるべく登場するのは、浦和レッズの槙野智…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!
SPONSORED
2019.08.24

〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!
“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!

まだまだ残暑は厳しいけど、少しずつ着こなしに秋気分を取り入れていきたい時季。そんなときに頼りになるのが、ロンTやパーカなどの長袖トップ。そう、海好き男の大好きなアイテムだけど、個性出しを狙うならやっぱりロゴに頼りたいところ。しかもそれがワ…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!
SPONSORED
2019.08.24

〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!
カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!

大人がカジュアルな服装のときに気をつけないといけないのが“品格”。いい年してあまりにラフすぎるとみっともなかったり、身だしなみがなっていないと思われてしまうことも。でも〈ポール・スミス〉ならその点は安心。カジュアルなアイテムであっても、ど…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!
SPONSORED
2019.08.24

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04
プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!

〈アメリカン・エキスプレス〉プラチナ・カードとともに過ごした、自分らしい最高の旅も帰国のとき。あとは急いでチェックアウトをして、空港のロビーで何時間も搭乗を待って……。いえいえ、プラチナ・カード会員向けプログラム“ファイン・ホテル・アンド…

TAGS:   Lifestyle
〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!
SPONSORED
2019.08.24

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでい…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ