Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2022.05.21

いったいアナタは何者!?
驚きの”なりすまし”映画5選!

 

 
目的を達成するため、あるいは追っ手から逃げるために他人になりすます。今回は、そんなサスペンスフルな作品を5本セレクト!
 

 
別人を装う!なりすまし映画5選!

『リプリー』
製作年/1999年 原作/パトリシア・ハイスミス 監督・脚本/アンソニー・ミンゲラ 出演/マット・デイモン、グウィネス・パルトロウ、ジュード・ロウ

憧れのお坊ちゃまになりすます!
貧しい青年トム・リプリー(マット・デイモン)は、ひょんなことから大富豪の放蕩息子であるディッキー(ロブ・ロウ)と意気投合。やがてリプリーは傲慢だが魅力あふれるディッキーに強い憧れと愛情を抱くが、ディッキーはリプリーの想いを冷淡に拒否。リプリーはディッキーを衝動的に殺し、彼になりすますことを思いつく……。

『太陽がいっぱい』の原作としても知られるパトリシア・ハイスミスの小説を、故アンソニー・ミンゲラ監督が映画化。憧れのお坊ちゃまになりすますトムの突発的な計画は初めこそ順調に行くものの、徐々に綻びを見せ、彼を怪しむ人の死体も増えていく。アラン・ドロンがリプリーに魅力を持たせた『太陽がいっぱい』とは異なり、滑稽な主人公を襲うシビアな展開が残酷。
 

 
別人を装う!なりすまし映画5選!

『ジャック・サマースビー』
製作年/1993年 原案・脚本/ニコラス・メイヤー 監督/ジョン・アミエル 出演/リチャード・ギア、ジョディ・フォスター、ビル・プルマン

帰還した夫は本物……?
南北戦争終結直後の小さな村に、戦場に行っていた農園経営者のジャック・サマースビー(リチャード・ギア)が数年ぶりに帰還。ジャックの妻ローレル(ジョディ・フォスター)や村人たちは、戦死したはずの彼の帰還に戸惑う。しかも、嫌われ者だった以前のジャックとは違い、彼は思慮深い人物へと変貌していて……。

実際に起きた事件をベースにしたフランス映画を、設定を変えてハリウッドでリメイク。“なりすまし映画5選”ということでネタばらしすると、帰還したジャックは本物のジャックによく似た偽者。「なぜ彼はなりすましをするのか?」「彼はいったい何者なのか?」の謎が、物語を支配していく。そこへ妻ローレルと偽ジャックが新たに紡ぐ夫婦愛の物語が加わり、ラストは号泣必至。
 

 
別人を装う!なりすまし映画5選!

『フェイス/オフ』
製作年/1997年 監督/ジョン・ウー 脚本/マイク・ワーブ、マイケル・コリアリー 出演/ジョン・トラヴォルタ、ニコラス・ケイジ、ジョーン・アレン

捜査官とテロリストが互いの顔を手に入れる!
FBI捜査官のショーン・アーチャー(ジョン・トラヴォルタ)は、激しい攻防の末にテロリストのキャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)を逮捕。だが、激戦で昏睡状態に陥ったトロイが街に細菌爆弾を仕掛けていたことが判明。アーチャーは医療技術でトロイの顔になり、彼の弟から爆弾の在り処を聞き出す。一方、目覚めたトロイは逆にアーチャーの顔を手に入れ、反撃に出ることに……。

FBI捜査官と犯罪者が壮絶な“なりすまし合戦”を繰り広げる、アクションの名匠ジョン・ウーのヒット作。激しい憎悪を抱き合う中、相手の顔になった状態で相手の人生を送ろうとする展開にハラハラ。相手の顔で相手の家族と交流していくなりすまし様もなかなかシュールで、対決の行方を知りたくなる。
 

 
別人を装う!なりすまし映画5選!

『ガタカ』

製作年/1997年 監督・脚本/アンドリュー・ニコル 出演/イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ、ザンダー・バークレイ

適正者と偽り宇宙飛行士を目指す!
遺伝子操作によって優良な要素だけを持って生まれた“適正者”と、自然妊娠で生まれたことで能力や外見の劣る“不適正者”が存在する未来。ヴィンセント(イーサン・ホーク)は“不適正者”のハンデを抱えながらも宇宙飛行士になる夢を叶えるため、“適正者”であるジェローム(ジュード・ロウ)から生体IDを買い取る。こうしてジェロームになりすましながら、夢に向かう日々を送りはじめるヴィンセントだったが……。

公開から20年以上経った今も、大勢のファンに愛され続けるSFサスペンスの傑作。社会的な差別を受ける“不適正者”のヴィンセントが“適正者”になりすまし、苦闘を繰り広げる展開がスリリング。単なる“なりすまし”の枠を超え、生きることの意味や運命とは何かを考えさせる。
 

 
別人を装う!なりすまし映画5選!

『テイキング・ライブス』
製作年/2004年 原作/マイケル・パイ 監督/D・J・カルーソ 脚本/ジョン・ボーケンキャンプ 出演/アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク、キーファー・サザーランド

被害者になりすます猟奇殺人犯をアンジーが追う!
1983年のカナダで、10代の少年が家出。少年はその足で自分に似た背格好の少年を殺害し、身分証を奪って去っていく。19年後、ある工事現場で白骨死体が発見されたのを皮切りに、猟奇的な連続殺人事件が発生。捜査に協力するFBI捜査官のイリアナ(アンジェリーナ・ジョリー)はプロファイリング術を駆使し、犯人が殺人を繰り返しては、そのつど被害者になりすましていることを突き止めるが……。

長年にわたってなりすましを繰り返してきた猟奇殺人犯と、犯人を追うFBI捜査官の攻防がミステリアスに展開。「これほどまでに巧妙で残忍な犯人はいったい何者なのか?」にスポットが当たっていく。犯人がサイコパスのためなりすましの心情はなかなか理解しがたいが、変わり種サスペンスとして楽しめる。
 

 

文=渡邉ひかる text:Hikaru Watanabe
photo by AFLO
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ