Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2018.06.11


オールデン・エアエンライク:「役を獲得してすぐ、ここLAでジムに行きはじめたよ」

ハリソン・フォードのイメージと切っても切れないハン・ソロの、若き日を演じる。

そんなとんでもない大役を任されたのが、オールデン・エアエンライクだ。コーエン兄弟の映画『ヘイル、シーザー!』などにも出演してきたが、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が彼のキャリアにとって最大の映画であることは、言うまでもない。LA生まれ、LA育ちの彼に、普段のワークアウトや、今作のための肉体作りについて聞いた。



――今作のためにはどんなトレーニングをしたのですか?

オールデン(以下A):役を獲得してすぐ、ここLAでジムに行きはじめたよ。週3回だ。1回1時間だけど、ハードな1時間だったな(笑)。それが2016年4月にはじまり、9月からはさらにスタントトレーニングもあった。そこでいろいろなルールを学ぶんだ。どうやってケガすることなく落ちるか、とかね。高いところに登らされて、僕が高さにどう反応するかをチェックされたりしたよ。それも、わざと極端な状況でやらされるんだ。実際に撮影のときがきたら、そこでやることがむしろ簡単に見えるように。それはすごく効果的だと思った。撮影がはじまったのは12月だったな。

――運動は、もともと得意ですか?

A  ノー。全然だ。だから、自分にもこんなことができるんだとわかったのは、嬉しかったね。今でも僕は決して一番上手くできる人ではないが、ちゃんとこなせるというのは素敵だ。

――撮影が終わった今も、なにか続けていますか?

A 1日15分はなにかをやろうとしているよ。腕立て伏せなり、腹筋なり。今回学んだ貴重なことのひとつは、ワークアウトは必死にやらなくてもいいということなんだ。続けることが一番。やり過ぎてしまうと、次にまた同じことをやれなくなったりする。ちょっと簡単めにしても、頻繁にやるほうがいい。食事も同じ。全体的にヘルシーなものを食べつつ、週1日は、好きなものをなんでも食べていいことにする。

――ファッションに興味はありますか?

A いや、すごく興味があるとは言えないな。

――普段はどんな服装を好みますか?

A  長年愛用してきたレザージャケット、ボタンダウンのシャツといった感じ。面白くないよね(笑)。ジーンズは穿かないんだ。なんだか窮屈で。だから、ボトムはだいたいチノパンだよ。
 

 

上品な色使いのすっきりワントーンコーデ!

デニムは穿かないというオールデンだが、着こなしはどうやらアメカジが基本。テイパードしたネイビーチノに同色のブルゾン、そこに味なダンガリーシャツを合わせてすっきりとまとめているのが好印象だ。ネイビーのチノはやはりお気に入りのようで、ほかにもグレースウェットシャツを合わせた姿が目撃されている。


スーツもワントーンコーデがお好き?


チューバッカに合わせたのか(?)、茶系のスーツ姿で登場したオールデン。大人っぽく見えるのは、ボルドーのポロシャツと茶のドレスシューズを合わせたから。パッと見クラシックな印象だけど、スーツはよく見るとシングルのピークドラペル。パンツもタック入りのゆったりテイパードシルエットと、いまどきのディテールを備えている。公の場にはスーツやジャケパン姿が多いオールデン。実はとってもお洒落かも!

最新作はコレ!



『スター・ウォーズ』のアナザーストーリー第2弾となる、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。シリーズでも群を抜く人気を誇るハン・ソロの若き日を描く物語。悪友ランド・カルリジアン、相棒チューバッカなどおなじみのキャラクターとの出会いが描かれる。6月29日(金)より全国ロードショー。配給/ディズニー

©2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

文=猿渡由紀 text:Yuki Saruwatari

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。