Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2019.12.27

今季はコレ! セレブ着用率も高い
〈カナダグース〉のダウン5選!

冬の街を歩けば必ず目にするといっても過言ではない、すっかり日本では浸透している〈カナダグース〉のダウンJK。その現象はハリウッドでも同じ。お洒落セレブたちも北極点を描いたあの特徴的なロゴワッペンが付いたダウンをこぞって着ている。人気の秘密は、羽毛に加え仕立てや生地のクオリティが局地用ダウン並みに高く、それでいてデザイン自体が都会に馴染む洒落感を持ち合わせているというところ!

Tom Brady [トム・ブレイディ]

ファッション目線のダウンは随分増えたけれど、クオリティにこだわる職人気質なダウンとなると、意外と少ないのではないだろうか。その機能性の高さはアスリートにも信頼が厚く、アメフト選手のトム・ブレイディもここ数年かなりの愛用者。最近もSNSで〈カナダグース〉を着ている姿が投稿されている。ということで、違いのわかる大人のみなさんに是非着てほしい5タイプを紹介!

 

Jake Gyllenhaal [ジェイク・ ギレンホール]

普段から〈ザ・ノース・フェイス〉に代表されるアウトドアウエアを普段使いしているジェイク。そんな質実剛健な本物がわかる彼だからこそ、ミニマルでタフ顔の黒ダウンJKがまたサマになっている。Vガゼット付きのスウェットやワークブーツを合わせ、ヘリテージなアメカジのノリで着こなすのが彼のスタイル。

Laurens van Leeuwen [ローレンス・ヴァン・ルーウェン]

ヴィクトリアズシークレットのエンジェルでもあるロミーと交際中のローレンスは、アスレジャーな着こなしの中に〈カナダグース〉のフード付きダウンを投入。シンプル顔だから、彼がよくやっている都会的なアクティブコーデにもすっと馴染んでいる。コレ、さっと羽織るだけで思った以上の暖かさなので、真冬のジムの行き来にも重宝するはず!

James McAvoy [ジェームズ・マカヴォイ]

短丈ダウンなら、ジェームズのようにグレーデニムに黒革ブーツというシックな着こなしとの相性も抜群。まるで黒レザーJKのような感覚でさらっと着られ、さらにストールを巻いてドレス的な味付けをすれば、ぐっと大人らしさもアップする。

Jeff Goldblum [ジェフ・ゴールドブラム]

ダウン自体のデザインがオーセンティックだから、ジェフのように千鳥格子のスラックスに合わせても違和感なし。グレーとオリーブは相性のいい色でもあるので、色使いのうまさも光っているが、〈カナダグース〉自体にこういった大人が使いやすい色が多いというのも大きなポイントといえる。

 

そもそも〈カナダグース〉とは?

1957年にカナダ・トロントで創業。高品質なダウンジャケットが高く評価され、世界37カ国で販売されるグローバルブランドへと急成長を遂げた。クオリティの高いダウンジャケットを作るために、生産拠点を本国カナダに集約。熟練職人の手で縫製の精密さや強度に細心の注意を払って仕立てた本物志向のダウンは、セレブたちのお眼鏡にかない、ハリウッドでも愛用者が後を絶たない。

高性能なモノ作りを支える活動のひとつとして、冒険家やアスリートとの協力体制を築くことにも力を注いでいる。1982年にカナダ人初のエベレスト登頂に成功した登山家のローリー・スクレスレットも“グースピープルと呼ばれるアンバサダーの一員に。彼らの厳しい目を通したフィードバッグが製品作りにも生かされている。

 

01

ロッジ ジャケット6万円(カナダグース)

街にもバックカントリーにも対応可能!

表にキルティングを見せないすっきりしたデザインのシェルボディは、防水性の高さが自慢。立ち襟の襟足の部分にドローコードが備わっていて、これを使って首まわりのフィット感を高め、冷気をシャットアウトすることも可能。こう見えて、マイナス15度まで対応できる保温力が備わっているのが驚きだ。 

 

02



ハイブリッジ ライト ジャケット6万2000円(カナダグース)

動きやすく、持ち運びもしやすいパッカブル仕様

両脇や袖の切り替え部分に、伸縮性や防風性に富むポーラテックのソフトシェル素材を採用。カラダのラインにきれいにフィットするシルエットを描きながら、動きやすさも兼備した仕立てに。サムホール付きなので、自転車に乗っても袖がめくり上がらず、インナー使いするときの脱ぎ着もしやすい。

 

03

エクスペディション パーカ12万円(カナダグース)

過酷な気象条件下でも頼れるスペックを満載

南極でホッキョクグマの調査活動などを行う、マックマード調査ステーションの科学者たちのために開発された正真正銘の極地仕様。マイナス30度の厳しい寒さを想定した保温力を備え、強風から顔を守るためにフードにはコヨーテファーに加え、成型用のワイヤーも内蔵されている。裾には雪や寒さの侵入を防ぐスノースカートも付いている。

 

 

04

チリワック ボンバー9万2000円(カナダグース)

ブルゾン感覚で着られる高性能ダウン

短い着丈や袖ポケットといったフライトジャケットならではのディテールを盛りこんだブルゾン型。こちらはカナダ北部の辺境で活動していたブッシュパイロットに敬意を払いデザインされたもの。表地はポリエステルにコットンをブレンドし、耐久撥水加工を施したオリジナル素材の“アークティックテック”を使用。

 

05

シャトー パーカ11万2000円(カナダグース)

寒さにめっぽう強いミリジャケ

パラシュートボタン付きのストームフラップを採用したミリタリースタイルのダウンJK。マイナス15度〜マイナス25度という極寒地での日常使いに対応可能な高保温力を実現。外側のポケットは、フリースをライニングしたハンドウォーマー仕様に。袖口も寒さをシャットアウトできるように設計された丈夫なリブになっている。

 
Information

●カナダグース
TEL:03-6758-1789

スタイリング=榎本匡寛 文=遠藤 匠 
styling : Masahiro Enomoto(remix) text : Endo Takumi
【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF
間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。

パフォーマーから退いてはや9年が経つにもかかわらず、いまだ現役さながらの肉体を保ち、キレのいい動きで第一線で活躍する松本利夫さん。歳を重ねたことで円熟味が出てきたものの、まだまだ若々しく精悍で、エネルギーに満ちあふれた印象。彼のスタイルは…

TAGS:   Health&Beauty
【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLFなりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLF
なりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。

寡黙で優しく、それでいて芯が強い。最近出演する映画やドラマでは、そんな役どころを演じることが多い俳優の大谷亮平さん。実際にお会いすると、若々しくフレッシュな印象だ。きっと、いまだ鍛えているという身体と艶やかな黒髪が、そう感じさせるのだろう…

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。
SPONSORED
2024.06.30

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。
ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。

クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務める〈アウール〉から新しくバッグブランド〈MCFC〉がデビュー。ウエアと同じく、“ビジネスをより快適に”をテーマに使い勝手がよく、かつスタイリッシュなデザインが最先端で働くビ…

TAGS:   Urban Safari Fashion
ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。
SPONSORED
2024.06.30

ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。
ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。

余裕を忘れがちな仕事中、手元にさりげなくラグジュアリーな腕時計があれば、忙しさの中にも優美さを保てる。1988年の創業から16年で自社製ムーブメントを製造する“マニュファクチュール”となった〈フレデリック・コンスタント〉。その真摯なウォッ…

TAGS:   Urban Safari Watches
〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!男らしさと品格がある都会で映える腕時計!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!
男らしさと品格がある都会で映える腕時計!

都市で暮らす男に必要なのは、荒々しい男らしさではなく、凛とした気品と力強さ。腕時計でいえば、〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションがそれにあたる。長い歴史に裏打ちされた自信と存在感、そして“サヴォアフェール(匠の技)”による精緻な作…

TAGS:   Fashion Watches
〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!
存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!

生命の源であり、高揚感やエナジーの象徴である太陽光。その輝き“香り”として具体化したメンズフレグランス“LVERS”が〈ルイ・ヴィトン〉から登場した。メンズ クリエイティブ・ディレクターであるファレル・ウィリアムスのアイデアを形にした新し…

TAGS:   Fashion
〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!
SPONSORED
2024.06.25

〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!
くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!

ホテルのエントランスを抜けると、目線に東シナ海の水平線。間にあるテラスは、日常と非日常の境目といった趣だ。チェックインからドラマチックな旅を予感させる〈ザ・ブセナテラス〉は、極上のくつろぎを備え、かつ海に面した立地ならではのアクティビティ…

TAGS:   Stay&Travel
沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?
SPONSORED
2024.06.25

沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!
海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?

人生のスパイスとなる体験を求めるラグジュアリー・トラベラーが、沖縄での滞在先に選んで間違いないのが、国際的ブランド“インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ”だ。豊かな自然が織りなす絶景に囲まれた立地、ハイエンドな空間やサービスが、成熟…

TAGS:   Stay&Travel
さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!
SPONSORED
2024.06.25

さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!

派手な色柄アイテムを着こなすのも夏の醍醐味だが、あえてシンプルに装いつつ洗練度高めのロゴを効かせるのも大人っぽいワザ。さらに、バックシャンでさりげなく違い出しできればもっと差がつくはず。そんなわがままを叶えてくれるアイテムといえば……、〈…

TAGS:   Fashion
武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!
男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!

THE RAMPAGEのパフォーマーとして活躍する一方、ボディメイクなど他ジャンルへの挑戦でも注目を集めている武知海青。アクティブ派アーティストは、鍛え上げた身体を手元から格上げしてくれる〈ベル&ロス〉の新作ダイバーズを、この夏の相棒に選…

TAGS:   Fashion Watches
夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!
海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!

着こなしがシンプルになる夏こそ、個性的なタイムピースが本領を発揮するシーズン。そこで注目したいのが、スイスの老舗ブランド〈エドックス〉からリリースされた日本限定モデル。海のF1とも称されるパワーボートレースの世界観を投影したコレクションに…

TAGS:   Fashion Watches
上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!
SPONSORED
2024.06.25

上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!
カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!

普段使いのレザーアイテムを、上質なものに変えるとその見た目や感触の快適さで幸せな気持ちになる。その小さな幸せが積み重なるといつもご機嫌でいられてさらに幸福を呼び込む。そんな"幸せループ"を作るラグジュアリーレザーグッズのブランドが〈ボナベ…

TAGS:   Fashion
〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!
SPONSORED
2024.06.25

〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!
憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!

'50年代のアメリカカルチャーに影響を受けた大人も多いだろう。住宅デザインも、オールドアメリカンというキーワードが今、話題を集めている。そこに、新しい価値観を与えるのが〈アンスタンダード〉の“ニューオールドアメリカン”スタイル。憧れの時代…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ