Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2021.01.20


デニム姿を格上げる流行りの“ロングコート”!


『Safari』読者は特にそうだと思うけど、普段デニムで過ごしている人多いですよね。合わせによって、海から街デートまで、幅広く着られるしね。そんな中今回は、肩肘張らないのにかなり大人モードにできるデニムコーデを紹介!

大人のお洒落コーデをもっと見たい人はコチラ!


デニムのカジュアルさを
コートの存在感でぐっと格上げ!

冬になるとシックで大人っぽく見える黒やグレーデニムの出番が多くなる。だって、カジュアルなデニム姿も、いい年の大人はそれなりの貫禄を出したいから。でも、“大人らしく見せる”ことが重要なのであれば、黒デニム以外にも手段はある。たとえば、この写真を見て。ラフな淡青デニムだけど、雰囲気は大人っぽい。なぜかって? それは、ずばり“ロングコート”を羽織ったおかげ。淡青デニムに白ニットという合わせは、それだけではシンプルすぎて大人っぽいとは言えない。むしろ、若々しい見え方を意識したコーデかと。これにデニジャケやコーチジャケットなどを合わせては、小僧っぽくなる恐れも。であれば、ぐっと大人感を演出できるアウターが必要で、その雰囲気出しにひと役買ってくれるのがロング丈のコートってわけ。クラシックな見た目のフォルムもそうだし、歩くたびになびく裾も大人ならではのニュアンス。これを武器にすれば、いつものラフな淡青デニム姿だって、ご覧のとおり格上げできる。注意点としては、短丈よりも丈が長いぶんバランスが取りにくいため、ヘタに今どきのオーバーサイズに手を出さず、まずはジャストフィットで着ることを基本にすること。であれば、だらしがなく見えることもないから安心!

Pコート7万8000円(フリーマンズ スポーティング クラブ/フリーマンズ スポーティング クラブ ギンザ シックス)、ニット4万9000円(アミ アレクサンドル マテュッシ/アミ オモテサンドウ)、デニムパンツ1万9000円(レッドカード/ゲストリスト)、サングラス3万8000円(ジュリアス・タート・オプティカル/グローブスペックス エージェント)、スニーカー8000円(コンバース/コンバースインフォメーションセンター) 

 

Information

●アミ オモテサンドウ
TEL:03-5778-4472

●グローブスペックス エージェント
TEL:03-5459-8326

●ゲストリスト
TEL:03-6869-6670

●コンバースインフォメーションセンター
TEL:0120-819-217

●フリーマンズ スポーティング クラブ ギンザ シックス
TEL:03-6263-9924

写真=正重智生 スタイリング=柳川武史
photo : Tomoo Syoju (BOIL) styling : Takeshi Yanagawa(remix)
※価格は例外を除きすべて税抜き価格です

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。