Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2024.01.26


これぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペ

流行とともにSUVもどんどん多様化してきていて、ラギットなものからラグジュアリーなものまで百花繚乱。しかし「やっぱり最上級グレードが気になっちゃう」って人も多いハズ。なぜって、装備だけでなく走りも極限まで磨き上げられているのがこの手のクルマ。実際に乗ってしまったらメロメロになることが、ドアを開ける前からわかっちゃっているから……、なのかもしれない。なかでもコレは、キング・オブ・キングなのでは? 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペだ。

これぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペ今回ご紹介するGLE 63 S 4MATIC+クーペは2020年に発売された2代目モデルのマイナーチェンジ版で、2023年の11月に日本導入されている。GLEらしい威風堂々としたエクステリアやエレガンスあふれるインテリアに加え、〈メルセデスAMG〉らしいスポーティさをむんむんと香らせた、実に迫力ある1台だ。

全長×全幅×全高は4955×2020×1785㎜。全幅2m超えながら、クーペシルエットで低めに抑えられた全高がクールな印象を与える。GLE 63 S 4MATIC+にはSUVタイプも存在するので、クラシックなルックスが好きな人はソチラもイイ。どちらにしても〈メルセデスAMG〉らしい、張り出したエアロパーツや大きなインテーク、スポイラーなど、〈メルセデス・ベンツ〉のGLEとは違った個性を強調する。

これぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペこれぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペこれぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペこれぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペまず、マイナーチェンジではフェイスリフトで最新のルックスに。ライト類は前後とも新デザインに変更。特にフロントはその美しさもさることながら、防眩機能も充実して機能の向上も図られている。テールランプも新デザインになり、凝った内部の構造が美しい。ちなみに、ボンネットエンブレムも新デザインに変更されている。

これぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペこれぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペインテリアではやはり、最新世代のインターフェースが目に美しい。今回の改良では、メインディスプレイ内での操作(ナビ含む)、そしてメーターパネル内などの操作を、ステアリングホイールのスイッチで網羅できるようになった。

また、安全運転支援システムの操作もステアリング内で行えるうえ、ヘッドアップディスプレイも同様。同社の優れた特徴として、シートやリラクゼーションから、ダンパー硬さなど走行に関わるものまで、盛りだくさんの内容を備えながら、直感的に浅い階層で操作ができるという、インターフェース内の情報整理の巧みさが挙げられる。オーナーはもちろん、他メーカーからの乗り換えでも、この使い勝手のよさには感激するはずだ。

走行では〈メルセデスAMG〉らしい迫力あるトルクと中〜高速においての豊かな伸びを存分に堪能したい。4ℓV8ツインターボの叩き出す最高出力は612ps/850Nmというモンスタークラス。駆動はAWDで、トランスミッションは9速のデュアルクラッチだ。この甚大なトルクで、もちろん直線番長的な性格も持っているのだが、四輪操舵システムが優秀なため、都会での駐車場での取り回しなど、最小回転半径も意外ほどに小さいのが心遣いでもある。〈メルセデスAMG〉らしい太めのステアリングに手を添えたら、操作は驚くほど軽やかというのも高級クルーザーの証。〈メルセデスAMG〉は泣く子も黙る最上級スポーツブランドだけど、ことGLEを街乗りするにあたっては、むしろラグジュアリーな面が際立つのに驚くこと間違いなしだ。

これぞ最上級グレード! 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペ

気になるスペックは?


★DATA 〈メルセデスAMG〉GLE 63 S 4MATIC+クーペ(導入仕様モデル、ISG搭載モデル)
●全長×全幅×全高:4960×2020×1715㎜
●車両重量:2935㎏
●ホイールベース:2570㎜
●エンジン:4.0ℓV型8気筒直噴ツインターボ
●エンジン最高出力:450kW(612PS)/5750~6500rpm
●エンジン最大トルク:850N・m/2500~4500rpm
●ハイブリッドモジュール最高出力:16kW/900rpm
●ハイブリッドモジュール最大トルク:250N・m/500rpm
●トランスミッション:9速オートマティック
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:2454万円

Information

●メルセデスコール
TEL:0120-190-610

話題のクルマを品定め!の記事をもっと読みたい人はコチラ!

●『Safari Online』のTikTokがスタート!
こちらからアクセスしてみて!

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!
SPONSORED
2024.02.06

〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!
【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!

さる1月16日(木) 、パリにて開催された〈ルイ・ヴィトン〉2024 メンズ・ファッションショー。メンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスが手掛けるショーとしては、2023年6月のパリ、11月30日の香港に続き3回め。…

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!
SPONSORED
2024.01.25

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY
武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!

ウィンターシーズンの都会派コーデはモノトーンが主役。落ち着いた雰囲気は大人らしさを引き立てるから、愛用している人も多いだろう。けれども、それだけではまわりと差がつかないのでひと工夫ほしいところ。そこで頼りにしたいのが時計。存在感のある1本…

TAGS:   Watches
〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!
SPONSORED
2024.01.25

〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!
シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!

オタク傾向の強かった複雑時計も、いまやスタイリッシュに進化を遂げつつある。その代表格が〈グルーベル・フォルセイ〉。なかでも新作の“YOSHIDA スペシャルモデル”はブラックをまとい、ファッションとの相性もいい。時計愛好家はもちろん、男た…

TAGS:   Fashion Watches
〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!
SPONSORED
2024.01.25

〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!
大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!

アクティブなスタイルも身につける腕時計でイメージは激変。そこで押さえたいのが〈ベル&ロス〉の新作スケルトン時計だ。黒に映えるメタリックなムーブメントに、プリズムのように輝く風防で、近未来感あるデザインが目を引く1本。ジュエリー的な贅沢さと…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ