Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2021.03.23

大人らしさ優先ならコレ!
カジュアルすぎない渋色“コーチジャケット”5選!

暖かくなってきたとはいえ、上着なしで外へ出たら夜は寒かった。な~んて経験ありますよね? そんなときに重宝するのが“コーチジャケット”。薄手でサラッと羽織れるし、主張が強い色柄を選ばなければ、とにかく使い勝手はピカイチ。西海岸スタイルにおいては、マストハブの羽織ものだしね。なかでも今回は、春色をぐっと引き締める、大人に向けた渋カラーものに絞ってご紹介。

今回は、渋めのベーシックカラーを中心に、形や素材にまでこだわった“コーチジャケット”を紹介。大人だからこそ似合う “コーチジャケット”のコーデ例もあるから参考にしてみて!



コーチジャケット7万5000円(アスペジ/トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ2万3800円(レミ レリーフ/ユナイト ナイン)、チノパンツ2万円(ディッキーズ フォー RHC/RHC ロンハーマン)、ネックポーチ1万1000円 (マッキントッシュ×ポーター/マッキントッシュ青山店)、ローファー7万円(パラブーツ/パラブーツ青山店)

いつものカジュアルを大人らしく見せる
ダークカラーのコーチJK!


コーチジャケットを渋めのベーシックカラーにしたのが、このコーデ。アメカジ好きならこの春もやりそうなチェックシャツ×チノパンの組み合わせ。これには、チャコールグレーのコーチJKをオン。写真のようにインがすでに落ち着いた色の場合、その羽織ものがブラックだと少々重く感じてしまうが、グレーであればそんな問題も回避。しかもこれ、ボディの生地がシャカシャカでテカっておらず、マットな風合い。落ち着いて見えるから、より大人らしさを感じさせてくれる。こんなコーチJK姿だったら、デートコーデとしても通用しちゃう!?

 

[アスペジ]
ASPESI


7万5000円(アスペジ/トヨダトレーディング プレスルーム)

テイラードの香りが漂う 
都会派のためのコーチJK!


手っ取り早く大人らしさを印象づけられるのが、こんなチャコールグレー。しかもウールの梳毛生地で、カジュアルなフォルムながら落ち着いた雰囲気に仕上げてくれる。裾にはドローコードが付いており、フロントはスナップボタンではなく、ブルゾン風のジップアップ仕様。裏返すと、黒ナイロンとしても着られるリバーシブル仕様なのも嬉しいポイント。

 

[コロニー クロージング]
COLONY CLOTHING


5万6000円(コロニー クロージング/バインド ピーアール)

シンガポール発のセレクトショップの 
定番アウターが春夏モードに!


〈コロニー クロージング〉がボディの生地を変えて作り続けている“ウェイポイントジャケット”。秋冬は人工スウェードのアルカンターラ素材が人気だったけれど、こちらは春夏シーズンにぴったりなリネン仕立て。風合いからして大人っぽさ満点。ヴィンテージ調のメタルボタンや、すっきりと見えるように袖口のゴムを裏側だけにつけるなど、細部の作りこみもしっかり。よくあるコーチジャケットとは違う、別格の洒落感が楽しめる。

 

[スコッチ アンド ソーダ] 
SCOTCH & SODA


2万9500円(スコッチ アンド ソーダ/コロネット)

袖捲りテクも叶う 
シャツジャケ風の1着!


こちらは、マイルドで優しさも感じさせるオリーブグリーンのコーチジャケット。リサイクルポリエステルを用いたエシカルな作りで、地球にも優しい。これ、袖口がよくあるゴム入りではなく、ボタン付きのシャツ袖っぽい仕様なのも特筆ポイント。つまり、シャツジャケ感覚で袖捲りしても絵になるってこと。カジュアルで、コーディネートしやすい1着。

 

[バンブーシュート]
BAMBOO SHOOTS


2万4000円(バンブーシュート)

アウトドアブランドが1970年代に
作ったコーチJKが元ネタ!


“ウインドブレーカー コーチジャケット”というモデル名が物語るように、防風性があって汚れにくいナイロンタッサー素材をボディに採用。チンフラップやベルクロの袖口を閉じれば、首元や手首から冷気の侵入も防げる。前ポケはスマホも安心して入れておけるジップ仕様。アメリカのサンカンパニー社に特注したロゴ入り温度計も、遊び心を感じさせる意匠として付属。

 

[キャル オー ライン]
CAL O LINE



2万6000円(キャル オー ライン/ユナイト ナイン)

男は黙って真っ黒ボディ。
でも後ろ姿は暗闇でも光る!


オールブラックの配色に男心をくすぐられるこちらは、ドライタッチのナイロン仕立て。ボタンも樹脂系ではなく、装飾性なしのメタルボタンというのも男らしくていい感じ。その一方で、両袖のシームラインに施したリフレクター素材のパイピングが後ろ姿の見どころに。撥水加工が施されているので、海まわりでも気後れせずにガシガシ着られそう。

Information

●RHC ロンハーマン
TEL:0120-008-752

●コロネット
TEL:03-5216-6516

●トヨダトレーディング プレスルーム
TEL:03-5350-5567

●バインド ピーアール
TEL:03-6416-0441

●パラブーツ青山店
TEL:03-5766-6688

●バンブーシュート
TEL:03-5720-1677

●マッキントッシュ青山店
TEL:03-6418-5711

●ユナイト ナイン
TEL:03-5464-9976

写真=丸益功紀 スタイリング=浅井秀規 文=遠藤 匠
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Hidenori Asai text : Takumi Endo
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ