Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2023.01.13


細部に施された仕掛けが機能性をより高める! 〈フェンディ〉のデニムブルゾン

細部に施された仕掛けが機能性をより高める! 〈フェンディ〉のデニムブルゾン裾、袖をリブ加工に。そこにゴムを入れることでフィット感を強化。腕捲りしてアクティブに動いても下がってくるストレスはなし。3月発売予定。予定価格30万2500円(フェンディ/フェンディ ジャパン)

このデニムブルゾンが
春の着こなしの台風の目となる!?


カタールで行われたサッカーW杯。我らがサムライ・ブルー、日本代表は予選リーグを1位で突破。しかし、次戦のベスト8をかけた試合でクロアチアにPKで惜敗。だが、その青き旋風は世界のサッカーファンの脳裏に強く焼きついただろう。この見事なまでの快進撃を支えたのは、森保監督の大胆なメンバーチェンジ。マンネリを嫌い、毎試合アップデイト。勝ちを掴みにいく姿勢が、この輝く結果を生んだのだろう。そんな姿勢を着こなしに組み込めば、定番コーデを切り崩せるかと。

そこで〈フェンディ〉の象徴ともいえる“FF”ロゴをエンボス加工したデニムブルゾン。『サファリ』のブルーといえば、もちろんデニム。しかしながら王道ゆえ、マンネリを生む可能性も。でも、この1枚があればそんな問題も関係なし。肩と袖に立体的に浮き出たブランドロゴが、アップデイトされたデニムスタイルを演出するから。ダブルジップの上下の開け閉めで、面構えに変化もつけられる。進化系とはいえ、全体はオーセンティックなデザイン。だから手持ちのアメカジにもちゃんとはまるのも嬉しい。まさに、ファッション界の台風の目になる1枚だ。

細部に施された仕掛けが機能性をより高める! 〈フェンディ〉のデニムブルゾンきれいに浮き出た“FF”ロゴ。部分部分で濃淡がある。これがあることでヴィンテージ感をさらに強めている

Information

●フェンディ ジャパン
TEL:03-6748-6233

雑誌『Safari』2月号 P24掲載

“Catch the Wave!”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=丸益功紀 photo: Koki Marueki(BOIL)

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ