Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2022.06.07


【まとめ】エディ・レッドメインのお洒落コーデ13

これまで『Safari Online』で紹介してきたエディ・レッドメインのお洒落な着こなしをまとめてお届け。コーデの参考にしてみて!

 

 
Eddie Redmayne
[エディ・レッドメイン]

【発見】ファンタスティック・ビーストと“エディ・レッドメイン”のお洒落の秘密!

2022年4月の来日で羽織っていたのは、ご覧のとおりのスタジャン。世界的なアメカジブームの中で今季話題のアイテムなのだが、さっそくそれを取り入れているあたりはさすがに洒落者。薄手でやや光沢のあるサテン地がなんとも華やかで新鮮。そしてもうひとつ、彼のお洒落意識の高さが窺えるのが、上下で着たスウェットのセットアップ。実はコレ、〈パンゲア〉という新興ブランドで、サステナブルで循環型のファッションを提案。エコ・イノベーションやサステナブルな商品を通じて環境改善を図る科学者や技術者、デザイナーなどが集結して設立され、とにかく環境保護意識の高さで話題になっている。そんなブランドをさりげなく取り入れるとは、エディの環境保護意識の高さも推して知るべし。

【発見】ファンタスティック・ビーストと“エディ・レッドメイン”のお洒落の秘密!

精悍なライダースジャケットを着こなしているが、ここでも〈パンゲア〉のセットアップを合わせているのが確認できる。で、よく見るとこちらは黒。そう、日本到着時に着ていたのがネイビーだった。色違いで持つほどよっぽど気に入っているのか、あるいは機内でリラックスするには最適ということなのだろうか。いずれにせよ、彼の最近のお洒落感覚が窺えるアイテムなのは間違いない。
 

 


一般的なジャケデニスタイルだが、彼が上手なのは、中のTシャツをタックインすることで、見た目にすっきり上品に見せていること。さらに、これには脚長効果もアリ(〈カルバン・クライン〉のパンツも見せてる!?)。ネイビーのJKには、Tシャツとスニーカーの白できっちりとヌケを作り、サングラスを引っかけてこなれ感をプラスするなど、上手にカジュアルダウンさせているコーデだ。こういったシンプルコーデは、細かいテクで差をつけることが大事!
 

 

【お宝写真】ベッカムたちがかっこよすぎる件!

エディが着ているジャケットは〈ラルフ ローレン パープル レーベル〉。“ハドリー シルクリネン スーツ ジャケット”と呼ばれるアイテムで、〈ラルフ ローレン パープル レーベル〉の中でも、最も柔らかい構造で作られているのが特徴。エディは、そのジャケットにペアでコーデできるトラウザーパンツを合わせて、セットアップスタイルとして楽しんでいるというわけだ。シャツは白、ネクタイもオフ白で揃えることでワントーンスタイルを演出。足元のタッセルローファーを少し濃いベージュにして、コーデに安定感を生み出している点も上手い。
 

 
 お洒落セレブが愛用する、“Vマーク”スニーカーの正体とは⁉

ベージュのチノパンにチャコールグレーのコートを羽織った、この日のエディ。彼らしい上品なカジュアルで颯爽と歩く姿が目撃されたのだが、注目したいのがその足元。ホラ、アルファベットの“V”が入ったスニーカーを履いているでしょ? こちらはフランス発のスニーカーブランド〈ヴェジャ〉。ブランドが作り上げるシューズは、クリーンでベーシックなシンプルデザイン。施している装飾は、たいがいトレードマークの“V”マークのみと潔い。これなら、大人らしい落ち着きある着こなしにもぴったりだし、コーデに品のよさを加えるのにもお役立ち。
 

 


腰丈のダッフル調ジャケットを着て、ボトムは濃紺デニム。首元でアクセントにしたマフラーやバックパックもネイビーでまとめて、ワントーンコーデに仕上げたエディ。なかでも、とにかくうまいのがマフラーの使い方。コートのボタンをしっかり閉めずに、インしたマフラーをがっつり見せることで、こなれた印象を強調。しかも、千鳥格子やチェックの柄が表情豊かに見えるように工夫しているのも計算済み!? 
 

 


カジュアルを品よく仕上げるのがお得意のエディ。この日は自転車に乗るためか、ボトムはリブパンツ。ふつうなら、スウェットパーカにナイロンJKなんて合わせそうだけど、都会派の彼が選んだのはシャツジャケット。パンツの黒とリンクをさせているので、チェック柄が少々派手でもきれいにまとまるという好例。英国調チェックのストールを垂らさずにシャツジャケに入れこんで着用しているのも、品よく見せるテクかも!
 

 


極端なショート丈と袖のライン使いにより、非常にスポーティ&カジュアルなピーコート。よくあるピーコートとは明らかに違って個性的だ。さらに襟を立てることで、どこか颯爽とした男っぽさも漂わせている。5ポケットパンツや白スニーカーはいたってベーシックなのに、彼らしく個性的に着こなしているのはさすが。
 

 

シンプルなデザインのJKだけど、色気のあるレンガ色のおかげで、大人っぽく新鮮な着こなしに仕上がっている。ボトムは細身の濃紺デニムですっきり。レンガ色を着こなす基本スタイルといえそう。
 

 



LAの空港で目撃されたエディはカモ柄のアウターを着用。ミリタリー由来の柄だから、もちろん男らしさ満点。とはいえ、定番のカーキ色ではなく、品のあるグレーや紺色が使われているので、洗練された印象に。ボトムは濃紺チノパンツ、足元はグレーのブーツと、色数を抑えてリンクさせているのも、まとまって見えるポイントだ。ゆるネックのTシャツに、クリアフレームサングラスで大人の余裕を見せているのも彼らしい演出といえる!

 

以前、サンディエゴで行われたコミコンに登場した際に着ていたのが、コチラの柄アウター。〈グッチ〉と思われるこのアウターは、お茶目な刺しゅうがアクセント。インナーがシャツ×クルーネックニットという真面目で大人しめの印象に仕上げているため、これくらい遊び心のあるアウターを合わせて目を引くのが正解。ちなみに、裾や袖のリブにあしらった2本ラインも、スポーティで若々しく見える秘訣。
 

 


ボア襟のアウターを着て登場したエディ。多種多様な柄と色を使った幾何学模様は、確かに派手だし着こなすのが難しいように思えるが、黒ボアのおかげでほどよいリッチ感が漂い、モダンな仕上がりに。暗くなりがちな冬の街のお洒落にはぴったりだ。で、そのアウターのグレーを拾って、黒パンツ、グレーT、グレーブーツと、色をバランスよく配している彼の合わせテクもお見事だ。

 

〈グッチ〉のアウターを着たエディ。柄ではないけど、こうした遊び心のあるアウターってのが彼のお約束のよう。特にこのアウターは以前に何度か目撃されているので、かなりお気に入りなのかも。このときも、もちろんエディ流の黒パンツ合わせ。遊びとベーシックを上手に合わせて洗練された印象に仕上げるこの方法は、よきお手本。ちなみに、このスニーカーも〈グッチ〉!

 

photo by AFLO
〈ジミー チュウ〉の香りが爽快派にウケている理由とは?
SPONSORED
2022.08.05

〈ジミー チュウ〉の香りが
爽快派にウケている理由とは?

仕事にも遊びにも全力で前向きな人は、自分らしいリフレッシュ法も心得ているもの。好きな本を読む、美味しいものを食べる、最近はサウナなども人気だろう。そのやり方は千差万別だが、なかでも手軽かつ効果抜群なのは“心地いい香りに包まれる”という方法…

TAGS:   Fashion
〈アウディ〉RS 3が都会派に選ばれる理由!
SPONSORED
2022.08.01

〈アウディ〉RS 3が都会派に選ばれる理由!

コンパクトで驚くほど速く、見た目もかなりいい。〈アウディ〉RS 3の魅力がそこにあるのは間違いない。ただしコレ、半分正解。確かに“RS”の名を冠するだけあって、息をのむようなパフォーマンスには心が躍り、精悍な見た目にもゾクゾクする。でも、…

TAGS:   Cars
クラフツマンシップが宿る〈コーチ〉の新作!大人のお洒落はバッグで印象が決まる!
SPONSORED
2022.07.29

クラフツマンシップが宿る〈コーチ〉の新作!
大人のお洒落はバッグで印象が決まる!

〈コーチ〉のバッグは、その佇まいからNYの香りが感じられ、手間と時間をかけたレザー製品にしか出せない風格が漂っている。新作のスポーツ カーフ コレクションもまさにそう。こんなバッグが似合う大人でありたい、と思わせてくれる秀作が豊富だ。しか…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルに差をつける〈アルファ〉のイニシャルジュエリー!海上がりで断然映えるのはちょっと控えめなYG!
SPONSORED
2022.07.26

夏カジュアルに差をつける〈アルファ〉のイニシャルジュエリー!
海上がりで断然映えるのはちょっと控えめなYG!

素肌にパイルパーカ1枚、な~んて装いが海上がりのカラダには理想的。その胸元にさらりと加えたいのが、日灼け肌に映えるイエローゴールドのネックレス。とはいえ、これみよがしなトップはラフなカジュアルに似合わない。ならば、イニシャルジュエリーの〈…

TAGS:   Fashion
夏の日差しにも負けない〈オリス〉の新作ウォッチ!大人のTシャツ姿によく映えるあざやかカラーの腕時計!
SPONSORED
2022.07.25

夏の日差しにも負けない〈オリス〉の新作ウォッチ!
大人のTシャツ姿によく映えるあざやかカラーの腕時計!

高気圧が張り出し、ピーカンの青空。そんな日はTシャツが大人の男の正装だ。そして、そんな気取らない着こなしに必要になるのがさりげなく手元でリッチ感を添えるラグジュアリースポーツウォッチ! 時計としての真価を宿しながらもとびきりスタイリッシュ…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ