WEEKLY COORDINATE vol.61コレを見ればもう完璧!冬のインナー使い総集編

もうアウターなしでは外に出るのも厳しい寒さになってきましたね。お気に入りのアウターを見つけながらも、そこでまわりと差をつけるならば"インナー使い"がやっぱり大事になってくる。冬のインナーは種類も豊富で、1枚変えるだけで印象がガラリと変わるのがいいところ。そこで今回は、おすすめのインナー使いにフォーカスしたコーディネートをご紹介。過去の記事を読み合わせれば、簡単に応用出来ちゃうので是非ご覧あれ!

 

Coordinate.1
洒落者ならばわかる、海好き"ロゴ使い"
 

 

このコーデのポイントはコレ!

・今年も人気のボアアウタ―
・すっきり魅せでバランスをとるなら黒×ピンク
・インナー使いのスェット選びは"ロゴ"が決め手


今年も人気のボアアウター。もこもことした素材はあったかさも季節感も手に入る嬉しいアイテムだ。すっきり魅せるならブラックがおすすめ。でも、ボアならではの素材感とバランスをとるならピンクのような優しい色を使うと◎。無地でも整う着こなしだが、そこが差を着けるポイントだ。デザイナー直筆のこのロゴスウェットは、わかる人にはわかってしまう海好きコーデに仕上げてくれる!




このコーデでポイントとなったアイテムはコチラ!



リラックススタイルに欠かせないのがスウェット。それだけにまわりともかぶりやすく、差をつけにくいアイテムでもあるのが悩みどころ。そこで、この別注品を是非おすすめしたい! コチラはアーカイブから特別にデザインを復刻してもらった代物。なんと手書き部分のロゴはデザイナーであるジョー直筆! また、ネック部分を普通のスウェットシャツよりも開くようにデザインしてあるこだわりが魅力の1着となっている。着るだけで“抜け感”、“色気”が手に入ってしまうという優れもの!硫化染めの後、ストーンバイオ加工を施し、古着のようなアタリを出すことで使えば使うほど味が増すようになっている。


SALVAGE PUBLIC〈サルベージ パブリック〉
【別注・限定商品】カレッジロゴスウェットシャツ
¥19,800 税込


 



無地スウェットならコチラがおすすめ!



やっぱり、ロゴなしで……という方には、〈レス ティエン〉グラデーションスウェットシャツがおすすめ!ロゴがなくてもコレなら"潮感"たっぷり。ディップダイで染め上げられたこのグラデーションカラーは、西海岸スタイルにはうってつけのアイテムだ!シンプルに仕上げて"大人感"を演出すのも◎。


LES TIEN〈レス ティエン〉
グラデーションスウェットシャツ
¥30,800 税込


 



Coordinate.2

"ひと味違う"素材とカラーで、定番と差をつける
   

このコーデのポイントはコレ!

・ふんわり素材×すっきりダークトーンで、バランスの整ったミックススタイルに
・チェックシャツを取り入れて"新アメカジ"を表現
・インナー使いのパーカ選びは"ふんわり素材感×すっきり鮮やかカラー"が決め手


冬コーデには嬉しいあったか素材を使った着こなしだが、どうしても気になってしまうのがボリューム感。そこでダークトーンの色使いで、すっきりさせるのがこのコーデのコツ。チェックシャツを取り入れるだけで"新アメカジ"の、嬉しいアイテム選びとなってる。このパーカは1枚で"ふんわり×すっきり"のミックス感あるお洒落アイテムだから、自然とバランスのとれる仕上がりに。




このコーデでポイントとなったアイテムはコチラ!



パーカ選びで差をつけるなら、〈レミ レリーフ〉ニットフリースパーカがおすすめ。ご覧のとおり、定番パーカとは"ひと味違う"のがこのアイテムの最大の魅力。ふんわり素材のフリースとすっきり鮮やかカラーが持ち味で、シンプルコーデにもアクセントを効かせてくれる1着だ。春先まで長~く着れちゃうので、是非お試しあれ!


REMI RELIEF〈レミ レリーフ〉
【別注・限定商品】ニットフリースパーカ
¥19,800 税込


 



パーカじゃなくてニットがお好みならコチラがおすすめ!



コチラも"ふんわり素材感×すっきり鮮やかカラー"の、〈レミ レリーフ〉カシミヤクルーネックニット。なんと素材はカシミヤ100%! リッチ感をプラスしてくれるだけでなく、鮮やかカラーが"遊び心"まで演出してくれる。このニット1枚着るだけで、"大人の余裕"が漂っちゃう優れもの。冬コーデを華やかに仕上げけてくれるアイテムだ。


REMI RELIEF〈レミ レリーフ〉

【別注・限定商品】カシミヤクルーネックニット
¥35,200 税込


 



Coordinate.3
インナー使いでも"正統派の存在感"があれば爽やかにまとまる

   
このコーデのポイントはコレ!

・すっきり着れるボアGジャン
・白×青コーデも、あったか素材で季節感を演出
・インナー使いのニット選びは"ケーブル編み"が決め手

今のシーズンにはうってつけの、アメカジ王道"ボアGジャン"。このボアGジャンはニットもすんなり着れちゃうから、今まで気にしていた"ごわつき"も、ためらわずにニットを合わせることができる。フリースパンツと合わせれば、リラックス感もたっぷりな着こなしに。あったか爽やかな冬の青×白コーデの出来上がり。ケーブル編みは、"爽やか色使い"でもしっかり存在感を出してくれるのが決め手!
 




このコーデでポイントとなったアイテムはコチラ!



〈ジェームス シャルロット〉のニットは、一流の英国羊毛である“ブリティッシュウール”を100%使用したこだわりの逸品。伝統のハンドフレーム製法によって仕上げられたケーブルニットは、インナー使いとしてもしっかりと"存在感"を放ってくれる。正統派の見え感が全面に出てくれる、嬉しいアイテムとなっている。


JAMES CHARLOTTE〈ジェームス シャルロット〉
【別注・限定販売商品】ケーブルクルーネックニット
¥26,400 税込



 



タートルネックがお好みならコチラおすすめ!



タートルネックがお好きな方は、〈オフィシン ジェネラル〉のマルチ切り替えタートルニット。コチラは一見ベーシックなオフホワイトの無地ながら、実はセンターの編み方を変えたワザあり仕様。それでいて上品な雰囲気を漂わせている。やっぱりここでも、編み模様が"存在感"を放ってくれるのはおわかりいただけるだろう。


OFFICINE GENERALE〈オフィシン ジェネラル〉
マルチステッチタートルネックニット
¥66,000 税込 → ¥46,200 税込 30%OFF


 



Coordinate.4
レトロな雰囲気を"キッチリ"着こなす

 

 

このコーデのポイントはコレ!

・アップデイトされたランチコ―ト
・ピンクの"差し色"を効かせてして、華やかさをプラス
・インナー使いのシャツ選びは、コーデュロイでレトロ感をキープした"爽やかカラー"が決め手


ヴィンテージアイテムもこのランチコートのようにアップデイトしたのを選べば、キッチリと着こなすことができる。ピンクの"差し色使い"を効かせれば、"色気"出しにも効果的。レトロ感を損なわないようにするなら、インナー使いのシャツはコーデュロイがおすすめ。爽やかカラーの決め手はご覧の仕上がりを実現してくれるのだ。



このコーデでポイントとなったアイテムはコチラ!



ヴィンテージ感のあるアイテムは、ちょっと野暮ったく感じちゃうから……という方もおおいのでは? そこで〈ギットマン ヴィンテージ〉コーデュロイシャツをご紹介。細畝なのがこのコーデュロイのポイントで、爽やかな色合いとの組み合わせが絶妙なきっちり感を持たせてくれる。レトロ感を失わないウエスタンシャツのディテールがまた絶品の、なかなかお目にお目に掛かれない仕上がりとなっている。


GITMAN VINTAGE〈ギットマン ヴィンテージ〉
【別注・限定販売商品】コーデュロイウエスタンシャツ
¥26,000 税込


 



よりキッチリ仕上げるならコチラがおすすめ!



レトロ感よりの大人感を重視するなら、〈バレナ〉のコットンポプリンシャツがおすすめ。ほどよい光沢感のあるこのシャツは、きっちり仕上げるにはうってつけ。シャツだけ着て胸元のボタンを開けてしまえば、"色気"を出しにも◎。カジュアルコーデに取り入れれば、グッと引き締まった印象にしてくれるから、このシャツを着るだけで"小僧見え"しない着こなしにしてくれるのだ。


BARENA〈バレナ〉
コットンポプリンシャツ
¥33,480 税込 → ¥23,436 税込 30%OFF


 




この記事を読んだ後は
コチラの記事もお役立ち!是非、ご覧あれ‼


大人っぽく仕上がるパーカのインナー使いとは?→CHECK!



ニットをインナー使いするときのポイントは?→CHECK!



バイヤー推薦! インナーとして今、欲しいニット9選→CHECK!




大人だから似合う“ワザあり”チェック柄!→CHECK!







California Days 2021SS

春夏のシーズンルックを無料で配布!

6

お気に入り記事に追加