WEEKLY COORDINATE vol.39“おうち時間”を快適にする着こなしのコツ!

仕方のないことだけど、外に買い物や食事に行くってことがなかなか難しいこのご時世。必然的に家にいる時間が多くなってしまう。だからといって、寝巻きのままでいると気分もやっぱり上がらず、沈んでしまうもの。そこで“おうち時間”を少しでも快適に過ごせるアイテムを使ったコーディネートを今回ご紹介。もちろん、“ちょっとそこまで”のワンマイルコーデとしてもバッチリ。

 

モノトーンならだらしなく見えない!
在宅ワークといえど、SkypeやZoomなどネットを通じて会議というシーンも増えてきてますよね。となると、大人としてだらしない印象を与えるのはいただけない。でも、家だからリラックスした服を着ていたい……。そこでモノトーンの出番。パーカとスウェットパンツという王道の組み合わせも、色数を絞ることで洗練された印象に。もちろん、買い出しなど外に出なければいけないときもコレでOK。

 

 


ポップな柄とディテールで気分をアゲる!
ワンマイルウエアの定番アイテムといえば、パーカやイージーパンツなどのリラックスできるもの。つい無地のものを選びがちだけど、たまにはこんなフリンジ付きのものや、チェック柄などポップなものを選んでみてはどうだろう? 四六時中、家にいて気分が沈みがちなら、服で気分を変えてみるのもひとつの手だ。早く収束する日を願って、今は雑誌で旅路に思いを馳せ、“ステイホーム”で。

   


こんなカーデを選べば楽チンなのに上品!
外と違って家にいるときは極力、薄着で身軽に過ごしたいという人も多いはず。そんなときは脱ぎ着のしやすいカーディガンが好都合。この〈ヴィ ルーム〉の1枚はニットではなくパイル地なので暑く感じることもなく、また軽いのでストレスフリーな着心地。さらにはグレーの色みで上品さも出せる優れものだ。カーキのスウェットパンツを合わせ、寝巻きに見えないカラーリングを意識した。これならウェブ会議でも好印象をキープできる。

   


大人こそ家での時間に“一流”を!
スウェットにジャージパンツにシャワーサンダル。一歩間違うとアウトな着こなしだが、このコーデは不思議と上品さ漂う仕上がり。その理由はそれぞれが一流ブランドで素材やシルエットなど考え抜かれて作られているから。楽に上品な印象を出したいなら、ブランド力に頼るのも全然アリ。スウェットの色をパンツのラインで拾ったり、色みさえしっかりと合わせれば、あっという間に洗練された着こなしが完成! もちろん、着心地も一流。

   

今週の別注アイテム

〈キャル オー ライン〉の“大人が似合う”開襟シャツ