BUYER'S RECOMMEND vol.39バイヤーが手持ちのアウターに合わせて推奨! おすすめニット7選

冬アウターは毎日着ることも考えて、着まわしやすいものを選んでいる人も多いはず! そうなると、日に日にマンネリ化してしまったりしますよね。そこで今回は、それを解消するべくこの時季必須のインナーであるニットをご紹介します。手持ちのアウターのタイプに合わせておすすめするので、是非コーディネートの参考にしてください!

 

手持ちアウターがチェスターコートの人はタートルネックニットで防寒とお洒落を両立!
大人としての威厳を保てるチェスターコート。1着は持っている人も多いのでは? 上品な印象をキープできる心強いアウターなのですが、Vゾーンが空いているだけに防寒性が心もとないというデメリットも。そこでインナーで選ぶべきはタートルネックニットです! アウターの品のよさをより一層強められるとともに、寒さ対策も解消。早速、イチオシのタートルネックニットをご紹介していきましょう!

優しさの称号は〈オフィシン ジェネラル〉の1着で手に入ります



ふっくらとした厚手の生地で、柔らかな手触りのイタリアンウールブレンドのタートルネックニットはフランス発の〈オフィシン ジェネラル〉のもの。みるからに清潔感ある仕上がりがこのブランドのウリでもあるんですが、さりげなく切り替えてある編み地が無個性になりがちな白ニットを唯一無二のアイテムにしています。また、白のタートルネックはどんなコーディネートにも馴染みやすいので名脇役としてはもちろん、この切り替えのおかげで1枚でも主役を十分張れること請け合い! いますよね、そういう俳優。まさにそんな立ち位置の絶妙な1着は、ワードローブにあるとつい手に取ってしまう存在になるんじゃないでしょうか?

OFFICINE GENERALE[オフィシン ジェネラル]
マルチステッチタートルネックニット
¥66,000 税込
 

 



シルエットが素晴らしい!

〈オフィシン ジェネラル〉はシンプルな見た目のアイテムが多いんですが、その人気の秘訣はシルエットにあると私は思うんです。このニットの類は着膨れしがちなんですが、見てください。胴回りがかなりスッキリしていますよね! また、この切り替えのおかげでアウターを脱いでも無個性とならないのが嬉しいんです!


Vゾーンから柄を差せるこちらも捨てがたい!


続きましてご紹介したいのが〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉のモヘアをブレンドしたタートルネック。パッチワークをニットのデザインとして表現した、オリジナリティ溢れる1着です。このニットもコレクションに登場しているアイテムだけあって、インパクトはかなりのもの! マンネリ化してしまった着こなしも、このニットなら着るだけで解決してくれますよ。個性的な反面、配色にセンスを感じてしまうのは、このブランドならではの仕上がりかと。ベースがブラックなので実はとってもコーディネートに合わせやすいんです!

JW ANDERSON〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉
モヘアタートルネックニット
¥89,100 税込
 



上品な素材とカラーバランスの見事なデザインコントラスト

毛は長くなめらかな質感が特徴のモヘア素材。そんな上品な素材が、デザインをほどよく馴染ませてくれるから、アクが強くならず絶妙な塩梅に感じられます。また、ネックラインまで柄があるので、Vゾーンから柄をチラ見せさせるなんてお洒落テクニックも簡単に実現できます!


 使い勝手間違いなしの1着!

 
昨シーズン好評だった〈ダブルピー ウエストポイント〉のタートルネックニット。今季も装い新たに見逃せないリリースされています。片畦と呼ばれる独特の編み方で仕上げられたコチラの1枚は、シンプルゆえに流行に左右されず、どんな着こなしにもマッチ。一見、シンプルなルックスながら、ゆったりとした旬のシルエットと裾のスリットでさりげなリラックス感も演出できる仕上がりです。ワードローブにあるとついつい手に取ってしまう1着ってありますよね? まさに“それ”になるであろう名品かと思います!

WP WESTPOINT[ダブルピー ウエストポイント]
【限定商品】タートルネックニット
¥27,500 税込 → ¥19,250 税込 30%OFF
  


ゆったりシルエットと裾のスリットでさりげなリラックス感も演出!

ニットの裾ってリブがあるとすぼまって窮屈に見えがちですが、この1枚はサイドにさりげなくスリットを入れることで解消。着こなしのアクセントとしても活躍してくれるディテールです。


手持ちアウターがダウンやレザージャケットならハイゲージニットで着膨れ防止を!
これだけ寒くなってきたらダウンの出番が増えてきている人も多いですよね。ダウンを着るにあたって気になるのがそのシルエット。鏡に映った自分を見て着膨れてやしませんか? また、秋冬で着用していたレザージャケットを引き続き着ている方もいるかと思います。風を通しにくいレザーも冬の必需品です。コチラもスマートに着こなしたいアウターのひとつです。そのどちらにもハマるのがハイゲージのニットです。細やかな編みめは保温性もありつつも薄手なので着膨れとは無縁!


匠の技は細部に!

〈ミッソーニ〉を既にご存知の方からすると、“え、 シンプルすぎない?”と疑問が出てきそうだが、これも確かに〈ミッソーニ 〉の1枚。よ〜く見てみると、肩や脇の縫い目が柄のパイピングになっているんです! 実はコレってかなり難しい技術が要る代物。このブランドの技術力だからこそ作れるニットってワケです。“神は細部に宿る”という格言をそのまま表現したかのようなニットは、シンプルながらブランドの魅力が盛り込まれた1枚です。アウターを着ているときは名脇役として、屋内で1枚で着用しているときはさりげなく洒落感を出せます!

MISSONI[ミッソーニ]
サイドパイピングハイゲージニット
¥64,900 税込
  



コチラが総柄を効かせたパイピング部分!
 
 
パッと見は上品なハイゲージニット。でも、注意してみると肩とサイドに総柄のパイピングが。でもって、この総柄こそが〈ミッソーニ〉の代名詞。これ見よがしではなくさりげなく取り入れるってところが大人の余裕を感じさせてくれますね。


手持ちアウターがダークトーンならカラーニットの差し色でマンネリ打破!
毎日着ることを考えて、着まわし力の高いアウターを選ぶとどうしてもダークトーンのものを選んでしまうはず。それは街中を見渡しても明らかです。そんな中、どうすれば人と差をつけられるか? その鍵はインナーにあります。ここはひとつ、あざやかなニットを取り入れてみましょう。あざやかな色を取り入れるのに少し抵抗があるかもしれませんが、そこはアウターを着ているので見せる分量を減らせるのでそこまで派手に見えないのでご安心を!


発色のよさはカシミヤのおかげ!


『Safari Lounge』が別注をかけた〈レミ レリーフ〉のカシミヤクルーネックニット。カシミヤ特有の、ふわっふわの生地感がこのニットの特徴です。ほんのりと起毛した生地は空気をためこみ、保温・保湿性に優れた1着。なによりも発色のよいあざやかなオレンジカラーが、このニットの大きな魅力となっている! そしてその色みのよさを引き出しているのがこのカシミヤ素材ってワケです。このニットを使えば重たい印象に陥りがちな冬コーデも、差し色効果で一瞬にして"サマ変わり"させてくれますよ!

REMI RELIEF[レミ レリーフ]
【別注・限定商品】カシミヤクルーネックニット
¥35,200 税込
 


さて気になるその素材感は?
ひとくちにカシミヤといってもコットンやウールとの混紡素材など実は様々。でも、このニットは上質なカシミヤを100%使った代物。カシミヤって色の発色がよいので、こんなにきれいな色合いに仕上がってくれるんです。このあざやかカラーが、冬コーデを新鮮に!


カラバリ豊富で迷ってしまいそう!

絶妙なカラー展開の上品ニットの登場。シンプルで使い勝手のいいクルーネックニットは、コットン&アクリルのディアールコンパクト素材というもの。ドイツの名門繊維メーカーが生み出すアクリルは、他社とは違ってソフトな肌触りが特徴。おまけにストレッチ性もあるので、着心地はストレスフリー! また吸水速乾性にも優れているので電車など屋内外で気温差が激しいシーンでも心地よくすごせる1枚に仕上がっている。

WP WESTPOINT[ダブルピー ウエストポイント]
【限定商品】クルーネックニット
¥22,000 税込
  


ざっくりと編み上げたラフな風合いで大人の余裕感をアピール!

外は極寒でも、屋内に入ると効きすぎた暖房で汗をかいてしまうことってありますよね? そんなときにこのニットなら不快な蒸れなどを軽減できますよ!


手持ちアウターが個性的ならシンプルニットで大人感をキープ
ファッションがお好きな方にありがちなのですが、ついつい毎年主役級のデザインを買ってしまってコーディネートに困ってませんか? かくいう私もそのひとりです(笑)。そんな個性的な1着、着こなしためには他のアイテムをシンプルにするのがセオリーです。差し引きのバランスをうまく使うためにも、持っておきたいシンプルなニット。粒揃いをココでご紹介しましょう!


手作業の温かみを感じさせる〈ジェームス シャルロット〉
 
 
この〈ジェームス シャルロット〉のケーブルニットはニットの専業ブランドとしてスタートしており、なんと言ってもハンドフレームによって作られたニット製品が魅力のブランドです。ハンドフレームとは大量生産品とは違い、熟練した職人が編み機を手で動かし、時間をかけて1点ずつ丹念に編み上げたもの。手編み機によって作られるもので、完全な手編みよりも精度が高く網目が均一にきれいに仕上がるのが特徴なんです。本場英国でもハンドフレームを作れるメーカーは今や数少なくなっており貴重なものなんだとか。素材に一流の英国羊毛である“ブリティッシュウール”、着用してまず間違いありません!

JAMES CHARLOTTE[ジェームス シャルロット]
ケーブルクルーネックニット
¥26,400 税込
  



男らしさを出せる乾いた質感!

まさにポイントなのがこの生地の質感。乾いた触り心地は英国の厳しい環境の中育った羊だからこそのもの。ほかのウールに比べて弾力性と耐久性に優れており着るほどに味わい深くなっていきます。シンプルだけど、ちゃんとアイキャッチにもなるケーブル編みと言えますね。


今回、ご紹介したニットの他の着こなしや、より詳しく知りたい方はコチラもチェック!
今週の別注アイテムvol.38 誰からも好かれる、愛されニットはコレ!→ CHECK!



WEEKLY COORDINATE vol.63 冬の着こなしは、センスのいい上品"コート×ニット"で → CHECK!



PICK UP ITEM vol.111 冬コーデを"洒落魅せ"させるには、やっぱりニットが効いていた!? → CHECK!



FOCUS BRAND vol.51 別注アイテムも! ニット好きなら見逃し厳禁な〈ミッソーニ〉



PICK UP ITEM vol.93 違いのわかる大人を演出するなら“柄ニット”で! → CHECK!

今週の別注アイテム

こなれ感への近道! それが〈アスペジ〉の色気ニット

2

お気に入り記事に追加