BUYER'S RECOMMEND vol.21夏に大人が履くべきレザーシューズの正解はコレ!

猛暑とはいえ、大人だと常にサンダルってワケにはいきませんよね!? とはいえ、暑そうにレザーシューズを履くのも見た目からしていただけません。そこで我々バイヤー陣が集めてまいりました、涼しげなレザーシューズ。まさに夏に履くべき1足といえるものばかりかと。抜け感ばっちり、大人の余裕漂うこのシューズたち! Tシャツ&ショーツのコーデでも小僧に見えないですよ!

 

1/コラボでも話題のフランス発シューズメーカー、〈アデュー〉!
フランス・パリを拠点にする〈アデュー〉は昨今コラボにお熱のよう。〈アンダーカバー〉や〈エチュード〉など、様々なブランドとのコラボレーションを毎シーズンのように行ってます。ついついコラボモデルに注目しがちですが、彼ら自身のインラインもかなりイケてるんです。昔から〈アデュー〉をご存知の方は、どこかパンクテイストのあるシューズメーカーという印象があるでしょうが、最近では夏はリゾートチックなもの、秋冬はボアスニーカーなんて具合に、色々と展開しています。そして、今夏押さえておきたい〈アデュー〉のシューズがコチラです!


2つの魅力をもつ、オンリーワンのローファー!

ローファーといえば、オールレザーでお堅い印象があるもの。ただ、〈アデュー〉にかかれば、こんな感じで夏らしい涼し気なデザインに仕上がるんです! まずパッと見でわかるのが素材。そうです、なんとメッシュ地! なので、見た目の涼しさはもちろん、通気性も完備。さらに甲部分とパイピングにはカーフレザーを使用しているんで、品格もキープできます。そしてもうひとつの魅力がソールです!

ADIEU[アデュー]
メッシュローファー
¥70,400 
 

 


〈アデュー〉の代名詞、クレープソール!

彼らのアイデンティティであるクレープソール。ローファーでも変わらずに採用されています。こんなデザインのローファーってなかなか見ないですよね? 生成りのクレープソールなので、重く見せずにインパクトを出せます。ショーツも相性いいですし、ビジネスライクなスタイリングに差し込んでも活躍してくれますよ!


着用イメージはコチラ!
   

カジュアルな印象のパイルポロは着こなし次第では小僧っぽい印象になりがち。ここで大事なのが小物使いと足元です。品を添えてくれる腕時計は大人の必携アイテム。さらに足元はローファーでも季節感のある〈アデュー〉の1足なら、シーンを選ばない、文句なしの万能コーディネートに!


2/海外勢に負けない日本の革靴ブランド〈アール〉!
最近、革靴業界で注目度が高いジャパンブランド。モノ作りの正確さは海外勢にも引けを取らないと話題になっております。さらに、海外ブランドに加えて、価格も控えめだから高いコストパフォーマンスを発揮してくれるんです! そんな中でも『Safari Lounge』が注目しているのが、シンプルかつ上品な革靴ブランド、〈アール〉。“日常使いができるエレガントさ”と言いますか、華美すぎず、ほどよく肩の力が抜けたスタイルが魅力なんです。だから、ジャケットスタイルはもちろん、ショーツやデニムなどのカジュアルなパンツにもマッチしてくれます!


ミュールなら開放感があります!

日々、信じられない猛暑が続いておりますが、そんなときのシューズ選びに革靴なんて論外!?  いやいや、レザーはレザーでも踵の開いたミュールなら“サンダルのリラックス感”と“革靴の品のよさ”の両方を手に入れられるんです! さらに、サンダルとはひと味違って、ソックスを合わせれば秋でも楽しめちゃいます。しかも『Safari Lounge』の別注により実現したブラウンスウェードで大人の余裕も簡単に出せます!

EARLE[アール]
【別注・限定商品】ウエスタンミュール
¥37,400 税込 
 

 



細部へのこだわりが、モノのよさを引き立たせます

ウエスタンブーツ由来の刺繍が、コーディネートしたときのアクセントにぴったり。ソールは屈曲性やグリップ性に優れたコルク入りの合成クレープソールを採用しているので、歩きやすさもお墨付きですよ。


着用イメージはコチラ!
   

ご覧の通り、定番のロゴT×デニムといった夏コーデにも難なくマッチしてくれます。踵が開いてるだけで抜け感たっぷりな印象になっているのがわかるはず。コーディネートの外しアイテムとしても活躍してくれること間違いなしです。


3/大人な印象で履ける〈サンダース〉のスウェードサンダル
イギリスの高級革靴メーカーが多く工場を構えるノーザンプトン。そこで140年以上も前から創業しているのが〈サンダース〉です。老舗なだけに、丈夫さとモノ作りの正確さはかなりのモノです。その証拠に、〈サンダース〉はイギリス国防総省や軍に革靴を供給していたり、英国王室御用達の証しである“ロイヤルワラント”の称号を得ています。そんな革靴ブランドとして有名な〈サンダース〉ですが、実は上品さの中にこなれ感があるサンダルも人気アイテムのひとつ。しかも、サンダルなのにぱっと見サンダルに見えないくらい上品なんです!


上品さが漂うサンドカラー!

このサンダルは、砂漠地帯への遠征をイメージした“デザート ミリタリー コレクション”にラインナップされたモノ。だから、砂漠地帯にも馴染むサンドベージュのカラーリングで仕上げられているんですね。しかもスウェード素材。なめらかな質感が絶妙な表情を作り出してくれますよね。つま先が露出せず、足首をホールドするためのストラップがあるのでサンダルと名付けられていながらも、見た目はほぼレザーシューズ。要所の肌見せ部分が品のよい抜け感をもたらしてくれます。このバランス、絶妙です!

SANDERS[サンダース]
スウェードサンダル
¥58,300 税込 
  



汚れにも強く、耐久性もあるから毎日履ける!

サンダルの表面には、素材の風合いを損なうことなく水滴やシミから守ってくれる加工が施されてます。スウェード素材って水で染みになりがちなのでこれは嬉しい仕様です。また、ソールはビブラムソールで耐久性に優れ、歩きやすさも折り紙付き! これなら毎日履いても問題ありません!


4/〈J.プレス オリジナルズ〉があの〈パラブーツ〉とコラボ!
〈J.プレス オリジナルズ〉といえば、泣く子も黙るアイビーファッションの立役者的な存在。ブレザーやボタンダウンシャツが有名な、まさにアメリカを代表するブランドです。そんな彼らが手を組んだのが老舗レザーシューズメーカー、〈パラブーツ〉。これまたフランスを代表するブランドですね。まぁ、つまり間違いないコラボってワケですよ、みなさん! 見た目は文句なし、作りは確か、価格もこなれているの3拍子揃った1足。さっそく、どんな仕上がりか詳細を見ていきましょう!


品のよさ香るデッキシューズ!

カジュアルになりがちなデッキシューズを、上質な素材使いで高級感漂う見た目に仕上げているのが一目瞭然ですね。足首があらわになるので革靴ながらも抜け感は相当なもの。小僧見えしがちなショーツの格上げも、この1足なら簡単にできそうです! 雨に強い靴を作り続けている〈パラブーツ〉だけあって、滑りにくいソールパターンでグリップ力も文句なし。さらにブラックとブラウンでシューレースのカラーが違うんです。う〜ん、どちらも捨てがたく悩みますね……(悩んだ結果、2足買い付けているワケです)

J.PRESS ORIGINALS[J.プレス オリジナルズ]
ジェイ・プレス×パラブーツ デッキシューズ
¥31,900 税込 
  


海の靴に山要素を!?

デッキシューズはその名の通り、船のデッキで履くために作られたシューズが元となってます。ところが、このシューレースは実は登山用シューズに用いられているものを使っているんです。国を超えたコラボ作、海と山すらも繋げてしまいました。


5/疲れ知らずなレザーシューズは〈コール ハーン〉にお任せを
革靴って長時間履いていると蒸れたり、他の靴に比べて足が疲れやすかったりしますよね。ましてや、今の時季ならなおさら。とはいえ、大人としてTPOを考えて履きたいときもあるはず。そこで出番なのが〈コール ハーン〉です。デザインの特徴である土踏まずの通気口は、通気性はもちろん、軽さも同時に実現。長時間履いても蒸れない、疲れにくいという理想的なレザーシューズなんです! その中でも、今回は夏らしさもあるタッセルローファーをご紹介します! これは必見ですね!


落ち着きある佇まいに可愛らしいタッセルが

やや光沢を抑えたマットなレザーが大人の余裕たっぷりな1足。伝統的なモカシン製法を採用して作られているので、屈曲性に非常に富んでいます。かなりやわらかい仕上がりです。また、この縫い目のステッチがさりげなくも実にいいアクセントになっています。そして、同色の素材で作られたタッセルをアッパーに。動くたびに揺れるこのディテールはアイキャッチに最適ですね。今回はライトブラウンとやや濃いめのブラウンの2色をご用意。手持ちのパンツの色みに合わせて選んじゃってください!

COLE HAAN[コール ハーン]
“ヘイス”タッセルローファー
¥38,500 税込 
  


コチラが通気口のあるインソール!

この穴が履いたときの蒸れを軽減させ、快適な履き心地を実現してくれます! コレなら素足で履いても全然イケると思いますよ!

特別アイテムで週末をもっと華やかに!

スペシャルアイテムをズラ〜リ揃えた!

0

お気に入り記事に追加