PICK UP ITEM vol.63“限定”、“着心地”、それとも“柄” !? 夏を彩るシャツはどれにする?

夏のワードローブに必須の半袖シャツ。襟付きの1着は、ダラシなく見えないようにとTPOを考えなければならない大人にとって必要不可欠だ。とはいえ、数多ある半袖シャツ、何を選べばいいのか迷ってしまうのも事実。そこで、ご提案。胸に手を当てて自分がどんなタイプなのかを考えてみよう。別注などの限定品に価値を見出すのか、着心地重視なのか、柄物を取り入れて夏を存分に楽しみたいのか……。そうすれば、どんどんイメージが湧いてくるはず。そして、このピックアップしたシャツの中に正解があるってワケ!

 

まわりと差をつけたい! 「それ、どこのブランド?」と聞かれたい人は限定品を狙うべき!
人と違うものを身に付けたいという意識が強かったり、着ている服が「どこのブランドなの?」と聞かれると気持ちいい! という人は、“別注・限定”タイプのシャツを狙うべき。稀少性の高いものを身に着ける高揚感は、何ものにも代え難い喜びだったりする。今回『Safari Lounge』がお届けする限定シャツはこの3タイプ。どれも差がつくこと請け合い! また、コーディネートもしやすいので、どんなボトムにも合うのが嬉しい!


1/〈キャル オー ライン〉の使い勝手抜群のサマーシャツ

使い勝手のいいアイボリーカラーの1枚は、まず目がいくのが胸元の刺繍。LA でもセレブのベッドタウンで有名な"hollywood"をヴィンテージを意識したオレンジカラーのチェーンステッチで配している。シルエットはボックス型でどんなボトムとも合うように。襟はオープンカラーでも全てのボタンを留めてもハマる2WAY仕様なのもポイントだ。フロントボタンも通常、展開しているものから変更し、ブラウンがほのかに効いたシェルボタンに。シルキータッチのコットンは肌触りもよく、イージーケアなのも嬉しい!

CAL O LINE[キャル オー ライン]
【別注・限定商品】オープンカラーシャツ
¥19,030 税込
 

 



2/裏地がパイル、表は機能生地。〈ダブルピー ウエストポイント〉の快適シャツ!

’80年代のサーファーが海上がりに着用していた、裏地にパイルを用いたビーチシャツ。そんなヴィンテージアイテムを元に現代版にアップデイトしたのがコチラ。裏地のパイルはムレや不快な汗を素早く吸収してくれる代物。一方、表地に採用したのは吸水速乾に優れる高機能素材“クールマックス“。生地だけでも最高の組み合わせなのにさらにストレッチ入りでストレスフリーな着心地をお約束! 見た目も機能性も申し分なしの1枚をこの機会に手に入れてほしい。

WP WESTPOINT[ダブルピー ウエストポイント]
【限定商品】ビーチシャツ
¥22,000 税込




着用イメージはコチラ!

同系色のショーツと合わせれば、襟から覗くホワイトのパイル生地が着こなしの好アクセントに! ボトムは淡青デニムに合わせても爽やかに仕上がるのでおすすめだ。


3/高品質な〈クロスリー〉の白シャツは断ち切り加工であえてラフに!

着心地のよいアイテムを数多く取り揃えている〈クロスリー〉。そんなブランドが夏にリリースするのがこのリネンの白シャツ。独自のトリートメント加工を施したリネン生地は風合い豊かで軽やか。そして何よりも涼しいのが最大の特徴! シャリ感のある生地を生かし、襟端やポケット、裾のラインをあえて切りっぱなしに。そうすることで、夏のラフな着こなしの中で白シャツが浮かず、コーディネートにすんなりと馴染むようになっているというワケ。カジュアルに着られる白シャツって探すと意外とないもの。お見逃しなく!

CROSSLEY[クロスリー]
【限定販売商品】リネンシャツ
¥26,400 税込
  



着用イメージはコチラ!

どんなアイテムも受け入れてくれる白シャツならこんな個性的な柄のパンツとも好相性! 足元はレザーサンダルで品のよさを一層アピールしてみるのもアリ! もちろんサンダルでも上品さはキープできるのでご安心を。


とにかく着心地を重視! 夏の不快感を払拭したいなら素材にこだわって!
汗ばむこの季節に着るなら、着心地が一番大事。過ごしやすさを求めるタイプなら、素材にこだわったシャツを選ぼう。このカテゴリーで紹介するのは涼しいリネン素材と柔らかい質感のオーガニックコットンを採用した1枚。リネンは天然生地でもっとも通気性がよいとされており、シャリっとした肌触りが肌にベタつかず最高! 一方、オーガニックコットンはふわっとした柔らかい着心地が魅力だ。


1/リラックス感漂う、〈ノンタイプ〉のプルオーバーシャツ

黒い服が好きな人は多いはず。でも、この時季は重く見えるし、なかなか着づらいのが難点。そんなときにおすすめなのがこのシャツ。リネンを採用したことで軽やかになっており、さらに通気性豊かな素材のおかげで黒でも涼しげ! さらにシルエットもゆったり作られているので、風通しもよくリラックスした雰囲気で着こなせる。コーディネートは、そのリラックスしたサイジングを生かしコンパクトなショーツを合わせるのがおすすめ。そうすることでシャツを存分にアピールできる!

NON-TYPE[ノンタイプ]
プルオーバーリネンシャツ
¥27,500 税込
  



2/〈デス トゥ テニス〉の開襟シャツは、キュートな淡いピンクが女性ウケばっちり!

女性の心に刺さる服、それはいつの時代も男が求めるもののひとつ。だったら、こんなシャツはいかがだろう? 可愛らしいライトピンクは爽やかさもあり、この季節にふさわしいカラーリング。バックにはブランド名を筆記体で刺繍することで後ろ姿も抜かりなく仕上げている。シャリ感のあるリネン素材を用いて風合い豊かにすることで、ピンクでもキュートに見えすぎないというのもポイント。また、開襟シャツの襟元がさりげなく男らしさをプラスしてくれるってワケだ。こんなシャツをデートで着れば、好印象は間違いなし!

DEATH TO TENNIS[デス トゥ テニス]
リネンオープンカラーシャツ
¥36,300 税込
  


3/程よい上品さを与えてくれる〈テイラースティッチ〉のボタンダウンシャツ

ブランド定番のモデル“ジャック”を半袖仕様にしたのがこの1枚。オーガニックコットンだけを使用したオックスフォード地を、染めと洗いの加工により絶妙な褪せ感に仕上げている。半袖のボタンダウンシャツは、一歩間違うとお坊ちゃんのような見た目になりがちだけど、こんな褪せたカラーリングならその心配もなし! むしろ、ボタンダウンの仕様のおかげで品のよさがキープできている。タックアウトしてもサマになる着丈に設定されているので、ボトムはどんなタイプでもコーディネートしやすい。

TAYLOR STITCH[テイラースティッチ]
“ジャック”オックスフォード半袖シャツ
¥16,500 税込
  



夏気分を存分に味わいたい! なら気持ちがアガる柄シャツの出番
とにかく夏気分を服で盛り上げたい人はコチラの柄シャツが是非おすすめ。アロハシャツなどの開放的な柄は、夏の日差しによく合うし、この季節だからこそ違和感なく着られるはず。また、このタイプのシャツはレーヨンというサラッとした肌触りの素材を用いているものも多く快適。個性を出すのにももってこいだし、ショーツと合わせればより一層、気持ちもアガるはず。


1/和を巧みに取り入れた〈ジャムス〉のアロハシャツ!

日本の伝統的な技法であるシワ加工を入れ、独特の凹凸感を持つシボ感を表現するなど、かなり手の込んだ〈ジャムス〉のアロハシャツ。フロントボタンもボディの藍色に合わせたカラーボタンをチョイスし、襟や袖、前身頃・後ろ身頃それぞれの部位で、切り替えによって違ったパターンを組み合わせるなど、同柄でクレイジーパターンを表現しているのもポイントだ。シボリによって生まれた、ムラのある和柄テイストが大人らしい落ち着きを表現してくれる! 着こなしやすい色みに仕上げているので合わせる服を選ばないのも嬉しい。

JAMS[ジャムス]
オープンカラーシャツ
¥14,300 税込
  



着用イメージはコチラ!

シックなブラックデニムを合わせて、柄シャツを主役にしたコーデがコチラ。同系色の淡青デニムを合わせれば、統一感ある着こなしに仕上がる。


2/あの大物イラストレーターとコラボした〈アロハ ラグ〉

広告やCDジャケット、レコードなど、数々の名作を生み出してきた永井博氏とコラボしたアロハシャツがコチラ! 大滝詠一のアルバム"ロング・バケーション"をジャケットのイラストに覚えがある人も少なくないはず。今回はCDやポスターではなく、アロハシャツをキャンバスにイラストをオン。まさに着られるアートが完成したってワケ。モデルはその名も"ナイト・フライト"。パームツリーと綺麗なグラデーションピンクの夕焼け空がかなりアイキャッチ!

ALOHA RUG[アロハ ラグ]
アロハ ラグ×永井博 アロハシャツ
¥28,600 税込
  



着用イメージはコチラ!

シャツの裾の部分がネイビーカラーなのを生かし、そこからグラデーションになるように淡いブルーのデニムをチョイス。足元はレザーサンダルにすれば、夏のリゾートコーデが完成!


3/派手になりすぎない絶妙な塩梅の〈ダニエレ・アレッサンドリーニ〉

コロナ渦で今年の夏はなかなか出かけられないけれど、こんな気持ちのよい柄で気分を盛り上げるのはどう? リゾートムード満点の柄は単色かつ、ボディカラーのブルーと濃淡で仕上げることで派手になりすぎず、スッキリした印象で着こなせるように配慮。また、サラッとした着心地のよいレーヨン生地で快適な1日を過ごせるはずだ。ラフに着られるゆとりを持たせたシルエットはフロントを開けても閉じてもサマになる! 

DANIELE ALESSANDRINI[ダニエレ・アレッサンドリーニ]
リゾート柄オープンカラーシャツ
¥20,900 税込
  



4/レトロな柄が魅力の〈ギットマン ヴィンテージ〉

今も変わらずメイド・イン・USAにこだわるこのブランドから届いた新作はニューヨークのロッカウェイビーチをプリントに落とし込んだ総柄シャツ。波に乗ったサーファーが全面に散りばめられたユニークで、どこかレトロな雰囲気を放つ柄になっている。カッティングが美しいのもこの老舗ブランドの特徴で、ボタンを外して着用しても、ネックの開きが絶妙な塩梅でキマるのが嬉しい。アメリカを代表するシャツブランドの1枚をこの夏の相棒に選んでみてはいかが?

GITMAN VINTAGE[ギットマン ヴィンテージ]
総柄開襟シャツ
¥33,000 税込
  



着用イメージはコチラ!

青空に映えるカラーリングのシャツは大人感をしっかりとキープすべくカーキのボトムでバランスを調整。あえてひとつボタンを外せば、美しく襟が立ち色気と上品さを一気に獲得できる!


5/目の覚めるようなレッドが目立つ〈ダブルレインボー〉

夏の日差しが照りつけたビーチを連想させるようなレッドカラーを大胆に取り入れたのが〈ダブルレインボー〉のオープンカラーシャツ。一見、なんの柄だろう? と思うが、実はコレ波しぶきをプリントした代物。オーシャンフォトを巧みに取り入れたアロハシャツってワケだ。コンパクトなボックスシルエットは万人でも着こなしやすく、ショーツとの相性も抜群。やや狭めな開襟の仕様はヌケ感を出しつつもセクシーに見えすぎないのも大人として嬉しいポイント!

DOUBLE RAINBOUU[ダブルレインボー]
オープンカラーシャツ
¥22,000 税込
  



着用イメージはコチラ!

あざやかな発色のシャツは定番ボトムと合わせるのがコーディネートしやすい。ラフな雰囲気のデニムなら開襟シャツのヌケ感と相まって、夏のリラックス感を簡単に表現できる。


6/インパクト大な〈ショット〉のブルドッグ総柄は去年、即完の代物!

思わず二度見をしてしまうブルドッグの総柄というユニークなアロハシャツを製作したのはライダースジャケットでお馴染みのブランド〈ショット〉。コチラは同ブランドが得意とするグラフィックを落とし込んだハワイアンシリーズによるもので、この柄は昨年に登場後、瞬く間に完売してしまったデザインを復活させたもの! アイキャッチな柄は可愛げがあり、注目度もかなりのもの。夏のお目立ちアイテムをお探しなら押さえておいて損はないはず!

SCHOTT[ショット]
アロハシャツ
¥11,000 税込
  



7/野球好きにはたまらない!? 〈ギットマン ヴィンテージ〉のベースボールガール!

最後に紹介するコチラもUSAメイドにこだわる〈ギットマン ヴィンテージ〉の総柄シャツ。レトロなタッチで描かれたベースボールガールが全面に散りばめられた1枚だ。一見、派手すぎるようにも思えるけれど、イラストは淡いカラーリングを用いて描かれているのでまるで昔の水彩画のような印象。アジのある風合いがサラッとしたコットンの風合いに上手くマッチしてヴィンテージのシャツのような雰囲気を放っている。まさに野球好きにはたまらない仕上がり!

GITMAN VINTAGE[ギットマン ヴィンテージ]
総柄開襟シャツ
¥30,800 税込
  


着用イメージはコチラ!
シャツの柄で使われている色を拾ったボトムで着こなせば、柄シャツがコーディネートの中で浮いて見えず馴染んでくれる。足元でもさらに色を拾えば、すぐにでも着こなし上級者に!



今週の別注アイテム

こなれ感への近道! それが〈アスペジ〉の色気ニット

0

お気に入り記事に追加