今週の別注アイテム vol.1〈ジャパンブルージーンズ〉の“白”Gジャン

『Safari Lounge』で特別に別注したアイテムを紹介していく連載が新たにスタート。アイテムがどのような過程で製作され、どこが既存のものと違うのかをこと細かにお届け! 今回、紹介するのは〈ジャパンブルージーンズ〉に別注をかけたホワイトのGジャン。爽やかな1着は、着用するだけで清潔感を着こなしに呼び込んでくれる。

 

シャープな印象を生む、洗練されたホワイト!

今回、紹介するのは〈ジャパンブルージーンズ〉に『Safari Lounge』が別注をかけて製作したGジャン。〈ジャパンブルージーンズ〉は岡山県から発信を続けるデニムメーカー。この岡山は世界でも指折りのデニムの生産地として知られており、海外の有名ブランドもこの岡山でデニムを生産するほど! このブランドが生まれたのも、海外デザイナーの要望に応えて作ったデニム生地のサンプルが好評を博したのがきっかけ。つまり、それだけ品質がよいということだ。そのハイクオリティな生地は、着る人の動きに馴染み、洗練された表情を生み出すのにひと役買ってくれる。


別注ポイント①/清潔感あるホワイトのデニム地
なんといっても目を引くのはこのホワイトのデニム生地。通常はインディゴデニムで展開している商品を、『Safari Lounge』のために白に変えている。さらに、さりげなくステッチワークでリメイクしたようなデザインを。これのおかげでラフな印象が増し、服に立体感が加えられている。10オンスの生地は見た目以上に軽やか。ストレッチが混紡されているので、シャープなシルエットなのに驚くほど動きやすいのも嬉しい。


別注ポイント②/フロントのダブルジップ

生地の色をホワイトにするとともに、フロントの仕様もボタンからジップへと変更。縦長のデザインが強調されるジップ式なら、よりスマートに見せられるという計算だ。また、ダブルジップにすることで開閉によりインナーの見せ加減を調整することも可能。たとえば、色あざやかなインナーを着たときに胸元と裾の2箇所から差し色できるなど、様々なテクニックに対応できる。


まさに春先にふさわしい軽やかなGジャン。シャープなシルエットで作られているから、寒くなってしまった日はアウターの下に着込んでもゴワつかないし、どんな服とも相性がいいのもポイント。頑張らなくてもお洒落に見える1着がここに完成! 是非、そのよさを味わってほしい。

JAPAN BLUE JEANS[ジャパンブルージーンズ]
【別注・限定商品】ホワイトGジャン
¥24,200 税込

 

 



着用イメージはコチラ!



アウトレットセール開催中!

MAX70%OFF! 対象商品250点以上