PICK UP ITEM vol.48春先に役立つのは断然カーディガン!

桜の開花も例年より早まり、気分はすっかり春模様。こんな季節はリラックスして過ごしたいはず。ならば、その開放感を後押ししてくれる服を選びたい。であれば、カーディガンを押さえておこう。三寒四温と呼ばれるほど、気温が変わりやすいこの時季、脱ぎ着のしやすいカーディガンはその見た目のゆるさ以上に役に立つもの。大人の余裕も醸し出せるので何枚あっても困るということはない。そう! この季節に手に入れるべきは”カーディガンだ”。今回はTシャツとの合わせ方も紹介していくので是非参考にしてほしい。

 

01/パイル地の風合いを色みで大人な印象に昇華
とろけるような肌触りのパイル生地を用いたカーディガン。フロントをボタンレスにすることで一層、リラックス感あふれる見た目に。ただ、パイル生地はひとつ間違うと小僧っぽく見えてしまうもの。それを濃色のチャコールグレーに落とし込むことで大人な印象に仕上げている。



V::ROOM[ヴィ ルーム]
【3月中旬入荷予定別注・限定商品】パイルカーディガン
¥29,700 税込

 


合わせるならこんなTシャツを!
濃色のカーディガンにTシャツを合わせるなら、春のムードに合わせて色を差したい。コントラストで華やかに見えるのはもちろん、軽やかさを出したいこのタイミングで全身の印象が重く見えてしまうのを防げるからだ。そこでこの1枚。日本人にとって馴染みある桜色のボディに暖色で南国感あるプリントを施した〈オフィシン ジェネラル〉のものをセレクト。カーディガンの生地とこのプリントの相乗効果でリラックスなムードがより確実にアピールできる!


 OFFICINE GENERALE[オフィシン ジェネラル]
クルーネックプリントTシャツ
¥16,500 税込
 

 


02/ジャケット型ならラグジュアリーな見た目も思いのまま
特徴的な柄に目を奪われる1枚は〈ミッソーニ〉のもの。総柄の個性を持ちつつ、気品漂うその存在感は唯一無二と言われるほど。感度の高い人に一目置かれているこのブランドのアイテムなら、ただ羽織るだけで洒落感もラグジュアリーな雰囲気も簡単に手に入る。このブランドだからこそ作れる匠の業を是非味わってほしい。



MISSONI[ミッソーニ]
ニットジャケット
¥212,300 税込

 


合わせるならこんなTシャツを!
主張のある1着のインナーには定番のTシャツを選ぶのがセオリー。ならばここは白Tがベスト。万能であり、名脇役であるこのTシャツなら個性あふれるニットジャケットも受け止めてくれる。よりカジュアルに着こなすことを意識してロゴTをチョイスしてみよう。何気なく合わせるだけでも効果は十分。暑くなって脱いだときでも、このロゴがあるおかげで着こなしが物足りなくなる心配もない!



WHITE MOUNTAINEERING[ホワイトマウンテニアリング]
クルーネックプリントTシャツ
¥11,000 税込
 


03/ケーブル編みが優しげなムードを演出
ぬくもりあるブラウンが落ち着いた印象を与えるこのカーディガンは、さらにケーブル編みで仕上げることによってほがらかで優しげなムードを漂わせてくれる1枚だ。合わせて品のよさも出せるのがこの編み方の強み。さらっと羽織るだけで大人の装いが簡単に成立するのが嬉しい。大人ならこのテイストのカーディガンは押さえておくべき存在だ。


CAL O LINE[キャル オー ライン]
【別注・限定商品】ケーブルカーディガン
¥20,900 税込

 


合わせるならこんなTシャツを!
カーディガンにボーダーTシャツはいつの時代も鉄板の組み合わせ。ただ、どこかに個性を出したいのも事実。そんな”脱・普通”を狙うなら、この1枚のような変化球のボーダーTを選ぶのがおすすめ。この〈ミッソーニ〉のTシャツは、ニット編みでグラデーションを表現した代物。素材がカーディガンに近いので統一感も出せるし、なんといってもこの美しいボーダーがインナーとして使うことで差し柄として人目を引く。



MISSONI[ミッソーニ]
クルーネックニットTシャツ
¥64,900 税込
 


04/ふわっとしたモヘアを着るならまさに今!
この時季だからこそ着られる素材もある。それが”モヘア”だ。今より寒いとアウターが必要だし、これ以上暖かくなってしまうと暑いという具合にモヘアカーデを1枚で気分よく着るとしたらまさに今が旬。このふわっとした最高の肌触りを存分に味わってみてほしい。やや毛足の長いモヘアをペイルピンクに仕上げることで、男らしさを残しつつも少しかわいげのある絶妙な塩梅に。女性ウケは文句なしだ。


CAL O LINE[キャル オー ライン]
【別注・限定商品】モヘアカーディガン
¥21,450 税込

 


合わせるならこんなTシャツを!
モヘアカーデという単語を聞いて、やはりピンとくるのは伝説のロックバンドのボーカル、カート・コバーンだろう。彼がよく着用していたアイコン的存在であるモヘアカーデ。今回はそのオマージュとして是非提案したいのがアーティストのプリントTだ。と聞くと、いかにもなビンテージこてこてのスタイルになってしまうんじゃないかと心配の声が上がりそうだが、今回のカーディガンはペイルピンク。ヴィンテージ感あるTシャツを合わせてもまったくクドく見えない。絶妙なこなれ感が漂うコーディネートに仕上がるってワケ。



MADE WORN[メイドウォーン]
“ビリー・ジョエル”クルーネックTシャツ
¥25,718 税込
 

STAMPD

ポップアップストア開催中