PICK UP ITEM vol.33まとめ買い推奨! ベストバランスな“ブルゾン×ニット”

セール真っ最中の『Safari Lounge』から、豊富なアイテムが揃うなかで、コレだ! というベストバランスな組み合わせをご提案。それが今回、紹介する“ブルゾン”と“ニット”の組み合わせだ。今、買えば春先までコンビ使いもできるので着まわしも効くはず!

 

レザー×白ニット
男なら何着あっても欲しいレザーブルゾン。インナーを調整すれば3シーズン着まわせるので何着あっても困ることはない。今ならおすすめはスウェードの1品。男らしさも出せつつ、風合いある革の質感がどこかあたたかみも感じさせてくれる。


イタリアのゴートスキンスウェードを素材に採用したレザーブルゾンは、なんといってもそのしなやかな素材感が魅力のひとつ。柔らかなレザーは着心地もよくストレスを感じさせない。Gジャンライクな形に仕上げているので着こなしにも取り入れやすいのが嬉しい。

EMMETI[エンメティ]
【別注・限定販売商品】スウェードブルゾン
¥137,500
 

 




渋い印象を与えるベージュのスウェードブルゾンは男ならワードローブに1着は欲しいアイテム。このアイテムは武骨な雰囲気に加えて、ラウンドに設定した襟やポケットのフラップでどこか可愛げあるデザインに。男クサくなりすぎない絶妙なバランスになっている。

JAMES GROSE[ジェームス グロース]
“コサック”スウェードジャケット
¥143,000
 

 




合わせるならこんなニット!
そんなレザーブルゾンに合わせるなら、清潔感ある白ニットがふさわしい。レザーブルゾンのハードさをほどよく中和し、コーディネートを都会的なバランスにアップデイトしてくれるからだ。女性ウケも白ニットなら簡単に狙っていける!


上質なカシミヤニットは着心地はもちろん、見た目にも優しい印象。胸元にはパームツリーの刺繍を施し、さりげなく潮感をアピール。スッキリしたシルエットはタイトなレザーブルゾンのインナーとしても相性よし。

WP WESTPOINT[ダブルピー ウエストポイント]
【限定販売商品】ヤシの木カシミヤニット
¥49,088
 

 




無駄な装飾を省いたミニマルなデザインはレザーブルゾンはもちろん、どんなアウターとの合わせもしやすく、コーディネートの軸となってくれるはず。雪のようなホワイトは着こなしを洗練された表情に仕上げてくれる。また、思わず触れたくなるふっくらとした素材感も魅力だ。

WOOL&CO[ウール & コー]
クルーネックニット
¥41,800
  




デニムブルゾン×ほっこりニット
男のワードローブに必須なアイテムであるデニムのブルゾン。ただ、考えなしにそのまま着てしまうと、どこか野暮ったくなってしまう危険が。そう、大人なら“上品さ”を失わないように気をつけていきたいところ。たとえば、色落ちブルーデニムではなく、ツヤのあるリジッドデニムや墨黒のカラーリングなら簡単に洗練された雰囲気を出せる!




洗練された見た目を生み出す光沢のあるリジッドデニムの素材感。フロントを比翼仕立てにすることでスッキリした印象を与えることができる。スマートな着こなしにふさわしいコンパクトなシルエット。

ATELIER & REPAIRS[アトリエ & リペアーズ]
デニムブルゾン
¥64,900
 

 




ジップアップ仕様のデニムブルゾンはシルエットも相まって縦のラインを強調でき、美しいシルエットを生み出す効果を期待できる。ストーンウォッシュ加工を施した墨黒の色合いが、都会的な雰囲気を感じさせる。

KSUBI[スビ]
¥41,800
  



合わせるならこんなニット!
風合いあるデニムの1着に合わせるニットは、統一感を出せるほっこりニットがおすすめ。それはたとえば、フェアアイル調の柄だったりブラウンカラーといった色味のこと。クラフト感があるアイテム同士、その相性は抜群だ!



様々な編み地を組み合わせたフェアアイル柄。ほどよくネップの入ったヴィンテージライクな表情はデニムブルゾンのインナーとして最適な作りといえるだろう。グレーとベージュを基調としたカラーリングで大人な面持ちに。

VINCE[ヴィンス]
フェアアイルニット
¥58,300
 

 




あたたかみあるブラウンカラーの上品なケーブルニット。細身に仕上げたシルエットでシャープな雰囲気を生み出せる。ベーシックでどんなアウターのインでも使いやすい大人なら必須の1枚。

WP WESTPOINT[ダブルピー ウエストポイント]
【限定販売商品】クルーネックニット
¥28,600
  




スタジャン、 MA-1×淡色ニット
カジュアルな着こなしに最適なスタジャンやMA-1などのアイテムは、気負いのないスタイリングにしたいが、旬なスタイルをキープしたいというときのアウターとしてまさに最適。ひとつ気をつけておきたいのは小僧っぽく見えてしまわないようにすること。大人なら余計な装飾を省いたスマートな雰囲気の1着を選びたい。


胸元にさりげない刺繍を施したのみのシンプルなスタジャン。ベージュカラーで一層、大人なムードを演出することに成功している。また、袖にはラムレザーを使用するなど、高級感を出すぬかりない作りも魅力。

THE DUFFER OF ST.GEORGE[ザ・ダファー・オブ・セントジョージ]
アワードジャケット
¥44,000
 

 




ボディと同色のワッペンをつけることでシンプルさはキープしつつ、さりげない違いを生み出すことに成功。また、ジップの持ち手にリングを採用するなどこだわった作りが特徴だ。

ÉTUDES[エチュード]
“ホライズン”ダウンジャケット
¥68,196
  



合わせるならこんなニット!
男らしいアウターのよさを損なうことなく、さらに洗練された表情に仕上げるなら淡いカラーリングのニットはどうだろうか? ハードな印象をほどよく中和させるとともに、そのカラーリングのおかげで優しげな雰囲気も加味できる。




リラックスムードあるややゆるめなサイジングに加えて、Vネックから抜け感も出せる作り。絶妙なセンスを感じさせるカラーリングはどこか大人の余裕を漂わせている。起毛感ある風合いはあたたかみある表情を生み出す。

OUR LEGACY[アワーレガシー]
Vネックニット
¥53,900
  




ノーブルな印象のライトグレーは、着こなしにちょっとした違いをもたらしてくれるカラーリング。ややモックネック調の首元がデザインとしても防寒という視点から見ても、この冬に最適。肩やサイドの縫製部分をインサイドアウトのような仕上がりにしているのもポイント。

CROSSLEY[クロスリー]
モックネックニット
¥28,600
  

今週の別注アイテム vol.2

〈ホテル 1171〉のサテンブルゾン&Tシャツ