PICK UP ITEM vol.08爽やか“白パンツ”5選と“黒”の相棒!

なにごともバランスは重要で、それは当然ファッションにもいえること。たとえば白パンツの着こなし。合わせるトップとのバランスが悪いと、ギラついたオヤジっぽくなったり、逆にコンサバ感がですぎることも…。そんな白パンツの攻略のカギは、ずばり黒トップ。あえて白との逆色を選ぶことでコントラストが生まれ、かつモノトーンなのでスタイリッシュにもキマる。というわけで、今回は厳選した白パンツ5選に加えて、それに合う黒トップもご紹介。

 

01 / オールマイティに使える王道白デニ!


パキッとした白をベースに、細すぎず太すぎないレギュラーシルエットを採用したまさに“王道”の白デニム。合わせるアイテムを選ばないから、これからの時季を爽やかに乗り越えるためにも1本はもっておきたいアイテム。ストレッチ素材なので穿き心地もバツグン。

GAS[ガス]
“ノートンキャロット”デニムパンツ
¥23,760 税込
 

 


合わせるのはコレ!

DUVIN[ドゥービン]
パールツリーがあしらわれた開襟シャツと合わせれば、ほどよく力の抜けたスタイルに。

  



02 / 美シルエットなペインターパンツ!


〈ヴィンス〉のコチラはペインターパンツらしからぬ上品さを放つ1本。ゆったりめのつくりだが、ストンと落ちてくれる美しいシルエット。だから、ルーズなのにだらしなく見えない。ロールアップして、足元にはサンダルを合わせて軽快な着こなしを楽しみたい。


VINCE[ヴィンス]
ペインターパンツ
¥38,448 税込
  


合わせるのはコレ!

DOUBLE RAINBOUU[ダブルレインボー]


リラックス感のある開襟シャツはゆるめのパンツと相性バツグン。

  



03 / ダメージで品に“こなれ感”をプラス


上品すぎる着こなしを避けたいなら、ダメージが入ったものを選ぶのも手。白デニムの上品な印象に、ダメージがほどよいこなれ感をプラスしてくれる。丁寧に手作業で施されたリペア加工の味わい深い表情もポイント。


TAVERNITI SO JEANS[タヴァニティ ソー ジーンズ]
”レニー”クラッシュデニットパンツ
¥37,800 税込
  


合わせるのはコレ!

JULIEN DAVID[ジュリアン デイヴィッド]


白パンにはインパクト大なプリントTが映える。コンサバ回避にも一役買ってくれる。

  




04 / 夏仕様の軽~いコーデュロイ!


白パンツの中では比較的カジュアル感のあるコーデュロイパンツ。〈ヤコブ コーエン〉のコチラは 細畝、生地はライトウエイトでこれからの時季にぴったりの1本。コーデュロイ特有の味な表情を爽やかに楽しんで!

JACOB COHEN[ヤコブ コーエン]
ライトウェイトコーデュロイパンツ
¥42,120 税込
  


合わせるのはコレ!

DTE CALIFORNIA[DTE カリフォルニア]


カジュアルなコーデュロイパンツには、シンプルなヘンリーネックTを合わせるだけで充分味のある大人な着こなしに。

  




05 / 品のあるリラックススタイルに



ゆったりシルエットのトラックパンツはさすがに“部屋着感”が強くなってしまう!?  かと思いきや、これが“白”であれば話は別。それが、リラックス感の中に上品さを醸す〈スビ〉の1本。普段使いはもちろん、ジム通いもこんなパンツならテンション上がりそう!

KSUBI[スビ]
“リストア“トラックパンツ
¥25,920 税込
  


合わせるのはコレ!

LACOSTE[ラコステ]



下がリラックスしている分、上は引き締めたい。コチラはちょっと珍しいボタンダウンのポロシャツ。