今週の別注アイテム【10月まとめ】手に入れて損なし! 最旬“別注”アイテム

気づけば10月も明日で終わり。あっという間に冬支度を整えなければならない季節になってきた。だったら、注目度たっぷりな『Safari Lounge』のアイテムで準備をしてみてはどうだろか? どれも必見な別注仕様。今回もボリュームたっぷりでお届けします!

 

01/ヴィンテージの風合いは欲しい! でも野暮ったく見せたくないなら〈レミ レリーフ〉で解決!
『Safari Lounge』でも長年にわたり人気の〈レミ レリーフ〉。なんといっても、ヴィンテージの古着と見間違うほどのダメージやかすれた風合いのプリントが魅力のブランドだ。え? だったら古着を着ればいいんじゃないかって? それは実はとっても難しいこと。リアルなダメージは一歩間違うと清潔感に欠ける場合があるし、シルエットも昔のものは野暮ったく見えやすい。〈レミ レリーフ〉はその点も絶妙な塩梅で解消している稀有なブランドってワケ。そんなブランドに今回、別注をかけて製作したのは“コーデュロイ”素材を用いたGジャンとイージーボトム。ぱっと見、古着でありそうだけど絶対にない自信を持っておすすめできる仕上がり! 早速、詳細をチェックしてみてほしい。


さらっと羽織ってサマになる、使い込むほどに味が増す1着
 

 
まずご紹介するのはコチラのコーデュロイGジャン。シャツ感覚で羽織れるように薄手のコーデュロイで仕上げ、今の時季はライトアウターとして、冬にはインナーとしてかさばらずレイヤードできるように作ってある。また、野暮ったく見えないように細い畝の生地を採用。そして、この色み。ありそうでない淡いピンクとイエローの2色展開! 秋めいた着こなしに華を添えるとともに、大人の遊び心をさりげなく演出。着込むほどに自分だけの味わいが増す1着になっている。

REMI RELIEF[レミ レリーフ]
【別注・限定商品】コーデュロイGジャン
¥37,400 税込
  



ペイルトーンで野暮ったさを払拭!
 
 
この2色を選んだ理由は、経年変化でさらに潮感が増すのとベーシックなGジャンの型を洗練された印象にアップデイトするため。形はベーシックで取り入れやすいので、この色にまだ挑戦したことない人でも難なく着られるはず!


細畝の生地は味が出やすい!

薄手の生地の軽やかさを損なわないように、また、着込んで味が出やすいように細い畝のコーデュロイ素材を採用しているのもポイント。肌寒いこの時季に重宝するちょうどいい厚み!


ピンクカラーの着用イメージはコチラ!
   
襟付きのGジャンはラフなアイテムと合わせても爽やか。このスタイリングではプリントT、スウェットパンツとリラックスした印象になるようコーディネートを組んでいる。軽やかな素材感が暑苦しさを感じさせないのがわかるはず!


イエローカラーの着用イメージはコチラ!
   
ちょっと都会的にまとめたい、でもソリッドには見せたくないなんてときがこの色の出番。グレーデニムに合わせればまさに季節感と都会的な洗練さの両方を獲得できる! 小物はイエローに合わせブラウンカラーなど暖色でまとめるのがおすすめ。


見た目とは裏腹にストレスフリーな穿き心地!
 
 

お次に紹介にするのがこのコーデュロイパンツ。ヴィンテージ感たっぷりな風合いの1本だ。味のあるコーデュロイパンツに濃淡の違う同系色の生地を貼り付け、立体感のある見た目を作り上げている。一見、固めの生地感を想像してしまうが、コチラは通常展開しているコーデュロイパンツを元にリラックス仕様にしたもの。ウエストはドローコードに、そして生地にはストレッチを利かせストレスなく穿ける仕上がりに。見た目とは違う楽チンさに感激するはず! デニムのようなインディゴとぬくもりあるブラウンの2色展開。

REMI RELIEF[レミ レリーフ]
【別注・限定商品】コーデュロイイージーパンツ
¥31,900 税込
  


パッチワークの生地が浮かないのは同じように加工を施しているから!

濃淡の生地を貼り付けるとその部分だけ浮いてしまいがちだが、そこは加工技術に定評のある〈レミ レリーフ〉。その部分も同様の加工を施しているのでしっかりなじんでいる。


気になるイージー部分はコチラ!

ウエストはドローコードで調整可能。そして生地は通常展開しているモデルとは違い、ストレッチのきいた仕上がり! ぱっと見ストレッチがきいているなんてわからないくらい!


着用イメージはコチラ!
   
インディゴの1本はデニム感覚で穿ける仕上がり。潮感たっぷりな印象をさらに生かすべく、色をさりげなくリンクさせたタイダイスウェットやボアブルゾンで冬のサーフスタイルを意識した!


02/ハワイ仕込みのリラックス感を、着るだけで味わえる!
ホノルルからオーシャンライフスタイルを発信するブランド〈サルベージ パブリック〉。ダイアモンドヘッドのふもとにショールームを構えているなんて、なんとも羨ましい限り! 2013年にスタートした新進気鋭のブランドながら、その人気はうなぎのぼりで毎シーズン『Safari Lounge』でも数多くアイテムを展開中。そしてありがたいことに特に人気なのが別注で製作したアイテム。もちろん、この秋冬も間違いないアイテムが完成!


バックにハワイを背負う!? この秋冬、活躍間違いなしの1着

この秋冬に手に入れて間違いなしのランチコート。環境に配慮したエコスウェードを素材に採用し、バックにはハワイで祝い事の際に使われる“ラウエア”という縁起のよい模様を刺繍で施してある。裏地にボアを仕込んでいるので防寒性はかなりのもの。また、エコスウェードで少々ラフに扱っても問題ないという使いやすさも見逃せない。

SALVEAGE PUBLIC[サルベージ パブリック]
【別注・限定商品】バック刺繍ランチコート
¥33,000 税込
  



コチラが気になるバックの刺繍!

ハワイ好きな人は見たこともあるのでは!? ポップな印象になりやすい柄はボディと同系色の刺繍で施すことでリラックス感を出しつつも、男らしい絶妙な塩梅に仕上げている。


内側のボアで冬でもあったか〜!

見た目のアクセントにある襟、袖、ポケット口だけではなく、裏地までしっかりとボア仕様に。これからのシーズンに心強い、防寒性たっぷりの1着になっている。


このブランドが好きなら、このディテールもお好きなはず!

〈サルベージ パブリック〉でも人気の高いディテールのひとつ、それがこのピスネーム! 今回もポケット脇にしっかりと取り付けられているのでご安心を!


味なベージュカラーもご用意!

シックなネイビーに加えて、味感たっぷりなベージュカラーもリリース。色みが変われば印象もかなり変わってくるだけに、どっちを手に入れるか悩みそう!?


なにかと便利なフリースジャケット

既存のアイテムにはない、完全別注アイテムのフリースジャケット。インスピレーション源は古着のフリースブルゾンやミリタリージャケット。コチラも先ほどのエコスウェードのように環境に配慮したリサイクルポリエステルとサスティナブルなレーヨンをブレンドした、ECOVEROという素材を使用している。特筆すべきはこのカーディガンのようにも思える使い勝手のよい形。インナーに着るものを選ばず、サッと羽織るだけでサマになるのが嬉しい。

SALVAGE PUBLIC[サルベージ パブリック]
【別注・限定商品】ラバーロゴフリースジャケット
¥24,750 税込
  



抜け感たっぷりなVゾーン!

ネック部分の作りをVにしたことで重く見えがちな秋冬のコーディネートの中に効果的に抜け感を作れるようになっている。パーカをレイヤードしやすくなっているのも見逃せない!


おなじみのダイヤモンドヘッドロゴはラバー製で!

こちらも〈サルベージ パブリック〉ではおなじみのロゴ。今回はラバー仕様でスポーティな印象をフリースジャケットに与えている。


上品なネイビーもリリース中!

ヴィンテージ感の強いライトグリーンの他、品よくまとめやすいネイビーカラーも展開。手持ちのワードローブの色みに合わせて是非選んでほしい!


デザイナー直筆! 見逃せないロゴプリントのスウェット

リラックススタイルに欠かせないのがスウェット。それだけにまわりともかぶりやすく、差をつけにくいアイテムでもあるのが悩みどころ。なら、この別注品を是非おすすめしたい! コチラはアーカイブから特別にデザインを復刻してもらった代物。なんと手書き部分のロゴはデザイナーであるジョー直筆! また、ネック部分を普通のスウェットシャツよりも開くようにデザインしてあり、着るだけで“抜け感”、“色気”が手に入ってしまうという優れもの!硫化染めの後、ストーンバイオ加工を施し、古着のようなアタリを出すことで使えば使うほど味が増すようになっている。

SALVAGE PUBLIC[サルベージ パブリック]
【別注・限定商品】カレッジロゴスウェットシャツ
¥19,800 税込
  



差がつくプリントはゆる〜い仕上がり

先ほどもお伝えしたとおり、直筆のロゴがあるおかげで見慣れたブランドロゴもレア度、ゆるさともに一段と増した仕上がりに!


袖にもチラリ、ワンポイントが

ついつい胸のロゴプリントに目が行きがちだが、袖にもさりげなくダイヤモンドヘッドロゴが配されている。これ以外にも裾にネームタグがあるなど細部にまでこだわっている。


コチラも経年変化が楽しみなインディゴカラー!

褪せたカラーリングが魅力のピンク以外にも、インディゴカラーも展開中。コチラも経年変化が期待できるカラーリングなだけに大人買い推奨!


03/本場、LAの空気感を味わえる別注ニット!
今回、別注をかけて製作したのはニットガウンとクルーネックニット。色彩色豊かなチェックを取り入れたガウンはこの上ないリラックス感を着る人にもたらしてくれる。一方でクルーネックニットは黒を基調としたカラーリングでグッと大人な表情に。一見、シンプルに見えつつもバックにパームツリーを施したバックシャンなデザインだ。もちろん、2着ともに素材はカシミヤ100%! 触れた手が柔らかく包まれるほどの上質な素材は素肌で着たくなってしまうほど。早速、アイテムの細かな部分をチェックしていこう。


ラグジュアリーなヌケ感はこの1着で

選び抜かれたラグジュアリーブランドも悪くないけれど、ロゴなどでこれ見よがしな見た目になってしまうのは避けたい。そう思っている人に是非、取り入れてほしいのがこのニットガウンだ。あざやかなチェック柄がロゴなどなくとも目を引くのには十分。見た目にも伝わる生地の上質さは羽織るだけで、洗練された大人の雰囲気を演出できる。また、驚くほどに軽いのも大きな特徴。また、保温性も重衣料のコートに匹敵するほどだ。

THE ELDER STATESMAN[ジ エルダー ステイツマン]
【別注・限定商品】チェック柄カシミヤガウン
¥503,800 税込
  


色彩あざやかなチェック柄はアーカイブの復刻!

過去に展開し世界的に評判がよかったチェック柄を特別に使用。それをブランドの人気モデルである、スモーキングジャケットに落とし込んだのが今作だ! 


モデル着用イメージはコチラ!
   
シンプルな白いカットソーとデニムに合わせるだけでもこの風格。まさにLAスタイルをこの1着で演出できる!


こんな着こなし方もアリ!
 
限定
別注
【別注・限定商品】ビッグワッフルジップアップパーカ
先行
別注
【別注・先行商品】ヘンリーネックカットソー
限定
別注
【別注・限定商品】"ショア"イージーデニムパンツ
限定
別注
【12月下旬入荷予定別注・限定商品】サイドゴアブーツ
 
これからの季節ならインナーにジップパーカを着込むのもおすすめ。ダークトーンのデニムやブーツでガウンのチェック柄もより映える仕様に。


バックシャンな1枚は見る人の目を釘付けに!

最高級のカシミヤを肉厚のニット地に編み上げ、上品になりすぎることなく適度にラフなムードが漂う仕上がりに。もちろんカシミヤならではの肌触りのよさも健在で、その着用感は思わず素肌で着たくなるほど。さらに注目すべきは、バックに大胆に配したパームツリー。ブルーのグラデーションになっており、こだわりのデザイン性も感じられる。

THE ELDER STATESMAN[ジ エルダー ステイツマン]
【別注・限定商品】カシミヤクルーネックニット
¥294,800 税込
  



よ〜く見るとグラデ仕様!

バックのパームツリーは単色かと思いきや、ブルーのグラデーション。これにより立体感が出て1枚でも奥行きのある表情を演出可能に。


モデル着用イメージはコチラ!
   
ビーチに佇むだけでも洗練された後ろ姿なのがわかるはず。淡青デニムでニットの柄を拾えば着こなしの統一感も文句なし!


こんな着こなし方もアリ!
   
ニットのブルーを拾ったチャックシャツを腰に巻いて、もうワンアクセント。色を合わせているので柄がごちゃつかず、小僧見えしない!


04/とろけるような肌触り! それが〈シングファブリックス〉の魅力
その抜群の触り心地から贈答用の品としても人気の高い今治タオル。それらを作る工場と協業し、アパレルウエア用に生地を開発している〈シングファブリックス〉。つまり、今治タオルの肌触りをそのまま体感できるというワケ。そんなブランドに『Safari Lounge』が別注でアイテムを製作。貴重な“ヤク”という動物の毛を使用したパイルガウンは、見た目の風合いのよさはもちろん、吸水性の高さや心地よい肌触りに加えて、肌寒くなるこれからの季節に欲しい保温性も確保している。まさに今の季節に最適なアイテムが完成!


“ヤク”って素材、知ってますか?

こちらが軽くてソフトな印象の〈シングファブリックス〉のガウン。このガウンをおすすめしたい理由はなんといっても素材にある。素材の一部にヤクという動物の毛が使われており、これはカシミヤに匹敵するという保温性、肌にフィットするなめらかな感触! また、コチラは非常に貴重な素材で高価な珍しいもの。そんな素材をコットンと混紡して作られた生地は毛足の長いしっとりとした風合いが魅力。まさに秋冬にふさわしいパイル生地をインラインにはないガウンタイプに仕立てた別注品が登場したってワケ。

THING FABRICS[シングファブリックス]
【別注・限定商品】パイルガウン
¥38,500 税込
  



ベルト付きでよりリラックス感漂う仕上がりに

やや長めに着丈を別注したのはこのベルトを付けるため! フロントをボタンレスにし、ベルトで留められるようにすることでリラックス感が一層、増した仕上がりになっている。


着用イメージはコチラ!
   
ゆったりとした肉厚ニットガウンなら、普通のカーディガンと一味違うロング丈なので大人の風格を出すのにぴったり。カットソーとデニムのコーデに加えるだけでメロウな雰囲気たっぷりとなるはず。


 

0

お気に入り記事に追加