FOCUS BRAND vol.45大人の“味”出しは〈セブン バイ セブン〉で自由自在!?

男なら憧れる“渋さ”や“色気”。もし、そんな大人の余裕を服を着ることで簡単にまとえるとしたら? そう、あるんです。それがこの〈セブン バイ セブン〉。確かなクオリティは着込むほどにヴィンテージさながらの味を醸し出してくれると、目下話題のジャパニーズブランド! そんな1着がこの秋冬から『Safari Lounge』に新登場。コレは見逃せない!

 

大人の余裕をまとわせてくれる〈セブン バイ セブン〉
〈セブン バイ セブン〉は、当時サンフランシスコに足繁くヴィンテージの買い付けを行なっていた川上氏がスタートさせた。その名前は、地元の人たちがサンフランシスコを“セブン バイ セブン”と呼んでいたのが由来だ。これは同地が49マイルの面積で“7×7”の縮図に収まることから。そんな彼の地の雰囲気、ヴィンテージに造詣の深いデザイナーの知識が詰め込まれたアイテムは、ラックに掛けてあるだけでもかなりの存在感。使い込むほどに馴染み、味わい深くなっていくとファンも多い。『Safari Lounge』ではこの秋から新たに取り扱いをスタート! 


01/男らしさを演出しながらも品よく着られるスウェードブルゾン

着用した瞬間から身体に馴染む、やわらかいピッグスウェードを素材に採用したブルゾン。目を引くダイヤ柄は、ジップ部分まで丁寧に縫製されており柄が寸分違わずにピタリと合うように計算されている。身幅はややゆとりあるシルエット。これからの季節インナーを着込んでも着膨れしない他、このゆるめのサイジングが大人の余裕を演出してくれる効果も! 裏地も少し起毛させ、ふっくらした着心地が味わえるように配慮してあるなど細部までこだわり抜いた1着だ。

SEVEN BY SEVEN[セブン バイ セブン]
ダイヤ柄レザーブルゾン
¥132,000 税込
 

 


ジップを上げて柄をアピールしたくなる!

先ほどお伝えしたようにジップの縁までしっかりと柄合わせされているのがわかる。ここまでこだわって作るブランドはなかなか少ないはず。“神は細部に宿る”、そんな格言をまさに思い出させてくれるディテールだ。


利便性も考えられている!

裏地部分にもポケットを配置。レザーブルゾンは意外とポケットが少なく、かといってカバンを持つと革へのアタリが気になってしまうことも。この1着ならある程度の小物はカバーできるはず!


02/艶やかなコーデュロイが大人の色気抜群!

某有名デニムブランドのGジャン、通称1stタイプジャケットをモデリングしたヴィンテージに精通するブランドならではの1着。この形はブランドの代名詞的存在で、シーズン毎に素材を変えて展開されているもの。この秋冬は色気たっぷりのコーデュロイ素材でリリース。肉厚で光沢感のある太い畝は大人だからこそ似合う仕上がりだ。そしてこのジャケットの魅力はそのゆる〜いサイジング。短めの着丈とたっぷり取られた身幅のボックスシルエットが、男らしい味を演出してくれる。もちろん、見えない部分への配慮も完璧。袖にだけコットンの裏地を用い、着用する際にすべりよく腕が通るようにしてある。

SEVEN BY SEVEN[セブン バイ セブン]
コーデュロイGジャン
¥52,800 税込
  



確かな作り込みが細部にまで!
 
 
フロントボタン脇のステッチワークやバックのシンチバックなど、ヴィンテージ好きをも唸らすディテールの数々。着込んだ末の経年変化が楽しみになってくる1着だ。


白Tに羽織るだけで様になる

インナーにシンプルな白Tを着て羽織るだけで洗練された印象に。素材自体に艶があるので野暮ったく見える心配もなし。大人の上品さをあわせ持った雰囲気に仕上がるのが嬉しい。


03/小さなワンポイント、でも威力は絶大!
 
 
〈セブン バイ セブン〉のラインナップは何も硬派なものだけじゃない。こんなアイキャッチでファニーなニットも。肌触り豊かなキッドモヘアを使用したこのニット。よ〜く見ると胸にワンポイントが。しかもタイガー! コレは今季〈セブン バイ セブン〉とコラボレーションしたアーティスト、下田昌克氏が書き下ろしたイラスト。ゆるい雰囲気のトラにブランド名が刻まれた抜け感あるロゴマークだ。思わず二度見してしまうほどのキャッチーなアイコン、押さえておいて損はないんじゃない?

SEVEN BY SEVEN[セブン バイ セブン]
モヘアクルーネックニット
¥30,800 税込
  


脱力感ある胸のイラスト!

これまで様々なブランドから動物のワンポイントマークがあったけど、トラはいなかったかも!? 女性ウケも狙えるモチーフ、これから先インナーで忍ばせておくのもアリ!


04/大人のムード漂うストライプシャツ

最後にご紹介するのがこのストライプシャツ。グラデーションの効いた柄をとろみのあるレーヨン100%の生地で仕上げた開襟シャツだ。味わい深い柄をダークトーンで、さらに開襟の仕立てにすることで男らしさを存分に味わえるアイテムに! また、肌触りのよさを向上させるために生地を起毛させているのもポイント。この仕上げはこれからの季節、防寒性もアップするので嬉しいところ。しばらくは残暑残る日と涼しい日が入り混じるタイミング。そんなとき、このシャツがあればすべてが解決するかも!

SEVEN BY SEVEN[セブン バイ セブン]
グラデーションストライプ開襟シャツ
¥37,400 税込
  


手の込んだグラデーション!

グレーとブラックの生地のグラデかと思いきや、よ〜く見るとモスグリーンの糸を織り交ぜている。この手間が深みあるグラデーションの秘密ってワケ。

BUYER'S RECOMMEND vol.27

カーデ派? クルー派? 今年の秋冬はどっちのニットにする!?

2

お気に入り記事に追加