PICK UP ITEM vol.71 SALE無地派の大人にもおすすめ! “柄”開襟シャツ5選

「今年の夏は柄を着たい」。この記事を選んだアナタはきっとこんなことを考えているはず。歳を重ねるにつれて、身に着けるアイテムは自然と無地のモノが増えてきたって人も多いかと。もちろん悪いことではないんだけど、せっかくの夏だし柄アイテムで季節感を取り入れたいところ。そこで今回は、柄ありの開襟シャツをご紹介。柄シャツなんだけど、落ち着きのある大人感はキープ。これなら無地派の人でも抵抗なく着こなせちゃう!? 掲載しているアイテムはぜ〜んぶセール対象。さあ、この機会に夏の相棒を見つけちゃってください!

 

01/くすみブルーのタイダイが大人な1枚!

無地派にまずおすすめしたい色はズバリ“青”。こんな感じの爽やかなブルーであれば、たとえ柄アイテムであってもお目立ち感は少なく、すんなり取り入れられる。通常はインパクトの強いイメージがあるタイダイも、青と白のコンビネーションならご覧のとおり。色みが落ち着いたトーンで、まさに大人好みの1枚といえる。この絶妙な塩梅のアイテムを手掛けるのは、テイラリングとワークウエアから着想を得る〈オフィシン ジェネラル〉。パリ発のブランドって聞けば、どこか漂う上品さにも納得 !?

 

OFFICINE GENERALE[オフィシン ジェネラル]
タイダイ開襟シャツ
¥49,500→¥39,600 20%OFF
 

 

 

 

タイダイ染めならではのムラ感のある仕上がりが、爽やかさとヌケ感を演出。夏気分を盛り上げてくれる1枚だ。また、青は青でも落ち着きのあるくすみブルーだから、大人が着ても小僧に見える心配はなし。

 

 

着用イメージはコチラ

こんな品ありな柄シャツには、これまた上品な光沢があるサテンパンツを合わせるのがおすすめ。軽やかな印象になって夏にぴったりな装いに! 黒の引き締め効果のおかげで、コーディネートがシャープな印象に仕上がる。

 

 

 

 

02/大人に似合うメイド・イン・USA

この手の柄シャツは、1歩間違うと“ただの陽気なおじさん”みたいに見えてしまう。であれば、ここはブランドのご威光に頼るのもひとつの手段。〈ギットマン ブラザーズ〉は、あの〈ブルックス ブラザーズ〉のシャツ生産も手掛けていたことでも有名。そんな由緒正しきメイド・イン・ USAブランドが、復刻モデルの展開を中心にスタートしたのが〈ギットマン ヴィンテージ〉だ。で、これはその1枚。素材やパターンなど、クオリティの高さは言わずもがな。そんなシャツに、ポップなサーファープリントを施す遊び心が粋じゃありません?

 

GITMAN VINTAGE[ギットマン ヴィンテージ]
総柄開襟シャツ
¥33,000→¥26,400 20%OFF 
 

 

 

 

ボディには陽気なサーファーのプリントが。歴史あるブランドの遊び心ある1枚は、まさにいい大人が着てこそ似合うというもの。フェード感がある色みも、リラックス感満点で夏にぴったり。

 

 

着用イメージはコチラ

フェード感のあるブルーが日焼けした肌によく似合う! 仕立てのいいシャツは素肌にそのまま羽織ってもいいし、もちろんTシャツに重ねてもOK。いつも無地を着ることが多いのであれば、たまにはこんな柄シャツで遊び心を出してみるのもあり!?

 

 

 

 

03/色も柄もさりげない大人好みの1枚!

柄シャツを選ぶ上で気をつけたいのは、“いかにも”な南国柄を選ばないということ。ということで、またまた〈オフィシン ジェネラル〉の柄シャツをご紹介。淡〜いピンクのボディには、さりげなくパームツリーをプリントした1枚。これくらいの控えめな柄であれば、ほどよく潮っぽさがありつつも決して南国オヤジになることもないし、街スタイルにもよく馴染む。色もピンクとはいえど落ちついた色みだから、大人も着こなしやすいはず。ただ、気を付けていただきたいのは合わせるボトム。デニムを合わせると南国オヤジに近づいてしまう。気になる合わせ方はこの後で。

 

OFFICINE GENERALE[オフィシン ジェネラル]
ヤシの木柄開襟シャツ
¥35,200→¥28,160 20%OFF 
 

 

 

 

こちらのシャツも大人感をキープできるくすみカラー。ともすれば若々しくなりすぎてしまうピンクも、こんな色合いなら難なく取り入れられるはず。

 

 

着用イメージはコチラ

インには同色系のTシャツを合わせて夏ムード全開で。ここでデニムを合わせると途端に古臭いコーディネートになってしまうから、スポーティな白ショーツがおすすめ。さらに白スニを足してヌケ感を演出すると◎。

 

 

 

 

04/オトナ〜な爽やかストライプ!

いつもは無地一辺倒の人も、ストライプ柄なら抵抗なく取り入れられるはず。ただ、ちょっと気を付けたいのはストライプのピッチ(幅)の太さ。細めのピッチだとインテリ感が強くなり、逆に太めだとカジュアルに見えすぎることも。コチラの〈ゲッツェ〉のストライプはやや太めのピッチ。これなら大人っぽさもありながら、ほどよくカジュアル。もちろん爽やかさも抜群! シルエットは身幅をやや広めにとったリラックスシルエットで、今っぽく着こなせる。素材にはレーヨンの一種であるビスコースを混紡。このおかげで通気性がよく、生地はなめらかで夏にぴったりってわけ!

 

GOETZE[ゲッツェ]
ストライプスキッパーシャツ
¥30,800→¥21,560 30%OFF 
 

 

 

 

シルクの代わりにも使われるビスコースは、なめらかでさらりとした肌触り。湿度が高く、蒸し暑い夏でも快適に過ごすことができる。着心地のよさも夏の服選びでは特に重要ですよね。

 

 

着用イメージはコチラ

クリーンなストライプシャツは、ブルーのデニムやネイビーのスラックスが高相性。ただ、ここはあえてスウェットパンツでハズしてリラックス感を演出するのがおすすめ。これならストライプシャツの優等生感を中和できるし、なによりほどよく力の抜けた感じが洒落てる!

 

 

 

 

05/朝の海のような美グラデ!

柄は柄でも、コチラのシャツはストライプ柄とグラデーションの合わせ技。アート性の高いアイテムに定評がある〈カシミ〉の1枚で、まず目がいくのは美しいグラデーション。まるで朝の海を表現したかのようなグラデーションだ。そこに細めのストライプ柄をあしらって爽やかに仕上げている。素材には通気性がよく、なめらか肌触りが特徴のビスコースを100%使用しているから、着心地は申し分なし。これだけで存在感を出せるから、1枚持っておくと重宝するはず。

 

QASIMI[カシミ]
ストライプリゾートシャツ
¥55,000→¥38,500 30%OFF
 

 

 

 

暑い夏にピタピタのトップを着るのは、見た目にも暑苦しいっていう人もいるかと。このシャツなら、身幅と袖丈にゆとりを持たせたゆるシルエットだから、リラックス感のある見た目に。

 

 

着用イメージはコチラ

一見着こなしが難しそうに見えるコチラのシャツだが、実はとっても簡単。コツは色のトーンを揃えること。ということで、ボトムはブルーグレーのデニムでコーディネートに統一感を出してあげよう。これで爽快さもありつつ、しっかり大人感のある仕上がりに。

 

WEEKLY COORDINATE

大人の上品コーデのヌケ感作りには楽ちんショーツ!