The Autumn Edit!秋の新作を使った旬なオータムスタイル!

ファッションのサイクルでいうと、8〜9月は秋アイテムの立ち上がり時期。暑い夏が終わり、重ね着を楽しめるシーズンの到来だ。そして『Safari Lounge』にも、フレッシュな新作が豊富に入荷。その中から『Safari Lounge』が特にオススメしたい商品をセレクトした。ここではそんなイチ押しアイテムを、着こなし方と合わせて紹介しているので、秋コーデの参考にしてほしい。

 

DEUS EX MACHINA


ワッペン使いで楽しげな海スタイル!
キャラクターワッペンとロンT、ボアとインナーのTシャツを色リンク。統一感とヌケ感を両得できるコーデに仕上がっている。無造作な腕まくりなどの小ワザを効果的に利かせて、こなれ感を倍増させて着こなしてほしい。





海にも街にも活躍する防寒性の高いボアJK!
ブランドロゴやキャラクターのワッペンに加え、ポケットなどの水色の切り替えでボアジャケットに潮っぽさをプラス。襟だけでなく、ライニングも防寒性に優れたボア仕様になっているので、秋が深まって海上がりに肌寒いと感じる時期にもうってつけのアウターだ。




V::ROOM

 
休日のカフェタイムに最適な脱力モノトーン!
ひとつひとつのアイテムはカジュアルだが、黒から白のモノトーンでまとめることでモダンな印象に格上げ。スウェットパンツのポケットの切り替えも引き立ち、コーディネートに大人の遊び心をプラスしてくれる。





着こなしに差がつく個性派ポケットに注目!

シルケット加工をかけた裏毛で切り替えたポケットに加え、ヒップポケットにグリーンのチェーンステッチを施した『Safari Lounge』スペシャル仕様。テイパードをきつめに入れているので、大人っぽくすっきり穿きこなせる。病みつきになる柔らかな肌触りも魅力だ。





KSUBI
 
黒デニムに映える旬色がコーデの鍵!
野暮ったく見えがちなデニム・オン・デニムを、味ブラックで揃えることでクールな印象に。今季の注目色であるラベンダーで旬を味つけしつつ、ネックからチラ見せさせたイエローでさらなる洒落感を演出している。



スマートに着こなせる都会派デニJK!
〈スビ〉のヒットアイテムのひとつであるデニムジャケットから、ファスナータイプの新作が登場。オーバーサイズに仕上げていながら、縦ラインを強調するファスナーのおかげですっきり着こなせる。ストーンウォッシュによるアタリやダメージ具合もイイ感じ。




PEUTEREY


ブロックカラーが新鮮なほっこりアウター!
ブロックカラーが新鮮なほっこりアウター!今季からスタートした新ライン“ブルーラルス”より、ブロックカラー仕立てのレトロなボアフリースジャケットが登場。海カジュアルはもちろん、スポーティなスタイルとも相性は抜群!





波乗り好きだったら秋冬はフリースがいい!
もこもこフリースにはスウェットパンツと合わせてレトロサーフカジュアルに。中は白スウェットを合わせてさらにヌケ感をプラス。




CAL O LINE
 
青色のリンクで王道アメカジを爽やかに!
スウェットシャツのロゴとデニムを、カバーオールの襟&胸ポケットと色リンク。統一感があるだけでなく、爽やかな秋のアメカジスタイルに仕上がっている。カフス裏のブラウンコーデュロイは差し色としても機能。


遊びある切り替えでカバーオールの鮮度UP!
ヴィンテージのカバーオールをベースに、ワークウエアの定番素材であるダック地を採用。襟やカフス裏をコーデュロイで切り替えたデザインは、『Safari Lounge』の別注仕様だ。おなじみアイテムながらも存在感が高まり、着こなしに主役級の存在感を放ってくれる。




WP WESTPOINT


風合いの違いでこなれたレイヤードに!
Gジャンとダメージ感とタートルネックニットざっくりとした編みが相まって、コーディネートを印象的に見せる。ボトムはオリーブのスウェットパンツをセレクトし、こなれ感をさらにアップさせたところも見逃せない。




初コラボは味感たっぷりのGジャン!
〈ジャパンブルージーンズ〉とタッグを組んだ〈ダブルピー ウエストポイント〉初のコラボアイテム。ウォッシュ加工やダメージ&リペア加工により、ヴィンテージの顔つきが見事に再現されている。秋はアウターに、冬はインナーに1着持っていると確実に重宝する万能さもウリ。



BARBOUR

 
クラシックコートは秋色で馴染ませる!
バーガンディなどの秋色のアイテムをチョイスすると、クラシカルなコートが浮くことなく、カジュアルなスタイリングにも馴染む。レザーシューズではなく、足元はクリーンな白スニーカーで軽快に仕上げるのがベターだ。


伝統的な乗馬コートが街着仕様に進化!
元々は乗馬用コートとして開発された「バーレイ」を、街着として取り入れやすいよう着丈を短くアップデイト。英国で最も品質の高いツイードを生産する老舗、ウィリアム ブリス社に別注をかけたガンクラブチェック柄が、クラシカルでモダンな雰囲気を演出する。




TRAVER

 
休日バッグとして使いやすいサイズ感!
メッセンジャーバッグとミドルゲージニットをネイビーで揃えつつ、その異素材のコントラストがシンプルコーデのアクセントなっている。ショルダーストラップはやや短めにセットするのが好バランスに仕上げるコツ。



上品な見た目と優れた機能性を両立!
上質なレザーとエンボス加工で仕上げたオリジナルテキスタイルのコンビで、スポーティなメッセンジャーバッグを品よく格上げ。それでいて撥水性も抜群なので、実用面にも優れている。すっきりした見た目でいて、内ポケットが充実しているのも特筆すべき点。




JULIEN DAVID
 
リラックス漂う大人のベージュワントーン!
ベージュのスウェットシャツを主役に、ボトムから小物までを同系色のオフホワイトで統一。コーディネート自体はおなじみの合わせだけど、柔和なカラーリングでまとめることで大人っぽく、かつ季節感もアピールできる。


ヤミツキになる着心地のニットスウェット!
ニットのような編みで作られたスウェットは、カラダを柔らかく包み込む抜群の着用感。フロントに配されたユニークなワッペンが、他とは一線を画す絶大なインパクトを放っている。手書き風のタグや左サイドのミニポケットなど、細部にも遊び心あふれる仕掛けが。




REMI RELIEF

 
ブルーが引き立つ淡色スタイル!
個性派デザインのデニムシャツは、あえてフロントを閉めてコンチョボタンとレザーフリンジを強調させるのがおすすめのこなし方。ダメージ控えめのベージュデニムで、あくまでもシャツジャケを主役にするのがベターだ。




こだわりてんこ盛りの別注シャツJK!
レザーフリンジが印象的なデニムシャツ。『Safari Lounge』別注はコンチョボタンを多く採用し、ハートステンシルスタッズを打ってより存在感を高めている。ナチュラル加工で表現した、3年ほど着用して自然に色落ちしたような風合いも特徴だ。




WP WESTPOINT

 
バイカラーでカジュアルを品よく!
ベージュGジャン×黒デニムで品のいいバイカラーを構築。シャツやスニーカーもそれぞれと色リンクさせつつ、インナーはあえて白Tを選んだ。コーデに適度なヌケ感がプラスされ、洒落度もグッとアップする。



エレガンスも薫るカラーGジャン!
コチラも〈ウエストポイント〉初のコラボアイテム。ダメージやリペア加工などで味感たっぷりに仕上げたGジャンだが、ベージュだとどこか上品な印象だ。これならおなじみのデニム・オン・デニムの合わせも野暮ったく見えることなく、新鮮な表情で着こなせる。





REPLAY

 
ほどよいウォッシュ感が際立つブルー合わせ!
適度に味のあるデニシャツのフロントボタンを3つだけ留め、薄青Tシャツのレイヤード感を強調。ボトムは黒デニムで引き締めつつ、足元は白スニーカーで軽快に。男っぽさをアピールする袖口のあしらいも技アリ。


絶妙な色合いの都会派デニムシャツ!
ミディアムブルーにほどよくウォッシュされたデニムシャツ。カジュアルにもキレイめにも着こなせるので、ワードローブにあると確実に重宝する。胸ポケットにあしらわれた”R”の刺繍と第3のスタッズボタンが、オーソドックスなデザインのさりげないアクセントに。




WP WESTPOINT
 
豊かな風合いが際立つシンプルコーデ!
ヘンリーネックのワッフルTは、味デニムと男らしく着こなすのがベスト。合わせはシンプルだけど、ワッフル地の凹凸は絶妙なポイントにもなる。フロントボタン2つ開けで、波乗りで鍛えた厚い胸板を強調してほしい。


独特な風合いが快適な着心地を実現!
残暑が厳しく、朝晩の気温差が激しい秋に活躍するワッフルT。凹凸ある生地感は肌との接地面積が少ないおかげで汗をかいてもベトつかず、逆に凸部に空気を多く含むことで保温性を高める効果もある。普段使いはもちろん、海上がりも快適な着心地を楽しめるはず。




RED CARD

 
インパクト大のニットも味黒デニムならまとまる!
黒と白のコントラストが絶妙なデニムは、幅広いシーンや着こなしに対応。インパクトあるボーダー柄ニットとも相性がよく、その中和役にもなっている。あえて異なる長さのロールアップで大人の遊び心も演出。




美脚が叶う大人の味黒デニム!
ストーンウォッシュはじめとする手の込んだ加工で生まれた抜群の味感は、『Safari Lounge』別注モデルならでは。野暮ったさは皆無で、クリーンで洗練された雰囲気も醸す。ワタリから裾にかけてフィットするシルエットで、美シルエットが手に入るのも嬉しい。




WP WESTPOINT
 
スポーツコーデを美シルエットで格上げ!
上下ともにスウェットというスポーティな合わせも、美テイパードのパンツのおかげで街でも浮くことなくスタイリッシュ。モノトーンに効かせた鮮やかな赤のアウターもポイントで、着こなしをより洒脱に見せている。


タウンユースにもハマる美脚テイパード!
スウェットパンツは一歩間違えると家着に見えるけど、美テイパードならそんな心配無用。希少な吊り編み機でゆっくり編み上げた生地は、洗いこむほどに吊り裏毛の柔らかさを実感できるのもいい。ヒップポケットにさりげなく施した刺繍も、海好き男心をくすぐる。




BOGLIOLI

 
気ばりすぎないJKスタイルが手に入る!
上質なジャケットを羽織るだけで、Tシャツ×デニムの定番コーデがデート仕様に。軽い仕立てを生かして袖口をラフにたくし上げると、こなれ感を倍増できるのでおすすめだ。秋色をふんだんに取り入れた点も注目を。


素材の上質さを存分に味わえるアンコン仕立て!
〈ボリオリ〉らしい上質なヤク100%の生地を使ったジャケットは『Safari Lounge』のみの展開。柔らかい肌触りながらもシワになりにくく、保温性が高いのが特徴だ。裏地をすべて省いたアンコン仕立てで、Tシャツなどの上から気軽に羽織れるのも高ポイント。




SALVAGE PUBLIC

 
秋のシャツスタイルはシックな配色で魅せる!
ネイビーと深いブルーで構成したマドラスチェックに合わせ、インナーとボトムを色リンクさせているのがポイント。それだけで一気に秋っぽくなり、かつカジュアルな着こなしながらも大人のムードも醸し出せる。


秋スタイルの差し柄にもうってつけの1着!
開襟シャツ=夏のイメージがあるけど、落ち着いたカラーリングでマドラスチェック柄なら秋にもマッチ。しかも生地はハワイ産で、製作は日本というこだわりの逸品だ。プルオーバー風だけど、フロントはフルオープン仕様なのでアウター代わりに羽織ってもOK。