RECOMMEND ITEM vol.101大人のための上品ダウン! それが〈タトラス〉の"ドミッツィアーノ"

冬の必需品といえばやはりダウンジャケット。でも、カジュアルに見えすぎて着こなすのがなかなか難しいと思っている人も多いのでは? そこでご紹介したいのが〈タトラス〉の"ドミッツィアーノ"というモデル。ドレッシーダウンと評されるほど上品な生地を使っており、スーツの上から着てもサマになるほど! 今回はそんな1着の魅力を余すことなくお届けしよう。

 

〈タトラス〉の"ドミッツィアーノ"がすごいと言われる理由!
このモデルが上品でスーツの上から着用してもおかしくない“ドレッシーダウン”と称される理由は、大きくわけてふたつある。まずひとつめがその美しいシルエット。これを実現するためには上質で軽く、少量でも確かな保温性をキープできるダウンが必要になるが、〈タトラス〉は目が細かく、あたたかい空気を多く蓄えることができる最上級のホワイトグースダウンを使用することでこのハードルをクリアし、着膨れしないダウンを作り出している。そしてふたつめが生地。表地に採用しているのはスーツの生地にも使われる素材、イタリアのロロピアーナ社のスーパー150という上質なシルク混のウール。この要素によりダウン=アウトドア感という従来のイメージを払拭した1着になっているというワケだ。カジュアルコーデに1点加えるだけで品よく見栄えするこのダウン、重宝すること確実!


同じ"ドミッツィアーノ"でもちょっと違う。あなたはどちらを選ぶ?
実はこのモデル、ここ最近で少しリモデルされているのをご存知だろうか? 生地などは変わらないが、最新作は前と比べると少しシルエットがゆったりした仕上がりになっている。シルエットにこだわりのある人が多い『Safari Lounge』では特別に最新モデルに加えて、前モデルもご用意。旬を着こなしを求める人は最新作を、タイトにまとめたい人は前モデルを選んでほしい。とはいえ、トレンドのオーバーサイズではなく、ほんの少しゆったりという具合なので着膨れる心配はないのでご安心を。



"コチラが最新作!"
ダウンのイメージを覆すすっきり&エレガントな見た目

着丈がやや長め設計で、スーツをはじめドレススタイルにも合わせやすい、〈タトラス〉の定番モデルは、今季アップデートを敢行。着丈、袖丈は変更なく、身幅を1サイズほど大きく設計したため、よりリラックスして着られるように進化した。メタルパーツはすべてシルバーメタルを採用し、カジュアルになりがちなダウンジャケットのコーディネートにも上品なアクセントをプラス。なによりロロピ・アーナ社のスーパー150のウール×シルク生地のおかげで、非常にエレガント!

TATRAS[タトラス]
“ドミッツィアーノ”ダウンジャケット
¥149,600 税込
 

 



細やかな作りでエレガントさをキープ!

〈タトラス〉のダウンジャケット特有のすっきりシルエットに加えて、身頃にダーツを入れることで立体的ですっきりとしたシルエットを実現。


モデルの着用イメージはコチラ!
 

 
ダウンジャケットのすっきり感とエレガントな雰囲気を生かして、インナーにはシャツをプラス。ボトムに楽ちんデニムを合わせても、どこか品格ある印象が強いのは、やはりダウンジャケットの印象のおかげ!?


こんな着こなしもおすすめ!

 
チャコールグレーのダウンに、白デニを合わせた都会派コーデ。とはいえ、ラギットな印象がしないのは、黒すぎない濃いグレーのダウンと白デニがほんのり青みを残したホワイトだから。これならコンサバっぽくなりすぎないうえに、大人らしい清潔感を纏えるはず。黒のニットをインナーに投入して引き締め効果を出しつつ、足元はグレースニーカーで軽快さを出すのがお洒落。


"コチラが前モデル!"
より細身をお求めの方には特別にご用意したコチラで!


細身に着こなしたい人にはこの前モデルがおすすめ。先述のとおり、着膨れ感をなくすために身頃にダーツを入れ立体的なシルエットを構築した1着だ。ポーランド産の上質なホワイトジェヌイングースダウンを採用しており、ダウン量を控えてもしっかり空気を含んだ層を作ってくれるから、今までのもこもこなダウンとは違って着膨れのない美しいシルエットを保てるというのが特徴だ。スーツの生地にも使われる素材はダウンジャケット特有のアウトドア感を中和し、都会的で洗練された印象を放っている。

TATRAS〈タトラス〉
ドミッツィアーノダウンジャケット
¥137,500 税込
 

 



モダンで洗練されたイメージに!
 
 
シルバーメタルのスナップボタンやジップで生地の持つ高級感をより一層輝かせるように計算。これにより都会的でスッキリした見た目になるようになっている。


モデル着用のイメージはコチラ!
 

 
なんといっても、見た目から伝わる高品質な生地でコーディネートが品よくまとまる。ジャケットスタイルにも是非合わせてほしいアイテムだ。


こんな着こなしもおすすめ!
 

 
アイボリーのスウェットに、淡青のダメージデニムを合わせた定番のアメカジコーデ。潮っぽい雰囲気で、ここにボアのアウターを羽織れば海コーデの出来上がり。けれども、街ならスタイリッシュな黒ダウンの方がお似合いなはず。そこで用意した黒ダウンが、〈タトラス〉のドミッツィアーノ。上質素材を使用していて、見た目の光沢感と肌触りが段違い。ドレッシーダウンとも呼ばれるほどの品のよさなので、タフな印象のアメカジも、スタイリッシュで都会的な雰囲気にガラリと様変わり。これなら大人らしい貫禄も纏えるはず。


Safariの本誌または別冊を同時に買うと送料無料!

新モデル登場!

街を颯爽と走り抜ける"eバイク"!

9

お気に入り記事に追加