FOCUS BRAND vol.77大人の清潔感出しにはスタンスミスが最適!

〈アディダス〉スタンスミスといえば、ブランドのアイデンティティであるスリーストライプをパーフォレーション(通気孔)で表現したコート系スニーカー。もちろんカラバリにはよるけれど、白レザーがベースの爽やかな1足。"世界でもっとも売れたスニーカー"として、ギネスブックにも載っている! さて、そんな"スタンスミス"にこれまでにない大人な新色が登場し、〈Safari Lounge〉でも取り扱いを開始。今までのモデルとどう違う? 早速チェックしよう。

 

もともと落ち着いた雰囲気だけど、今回は段違い!

〈アディダス〉スタンスミス、実は1964年に登場したハイレットというモデルが原型。当時〈アディダス〉と契約していたテニス選手、ロバート・ハイレットのために作られたものだ。このハイレットを当時の人気テニスプレイヤー、スタン・スミスが愛用して活躍。その後ハイレットの選手引退もあって、〈アディダス〉は同モデルをスタンスミスと改名したという歴史がある。改名から50年近く経つ現代に登場した今モデルは、アッパーは変わらず白レザーかと思いきや、50%のリサイクル素材を活用し、バージンポリエステルは一切使っていない、サステナブルな1足。こんなところも今っぽくて、語れるポイントだ。

ADIDAS[アディダス]
"スタンスミス"スニーカー
¥14,300 税込
 

 


なによりカラーリングが大人!
  
 
スタンスミスといえば、シュータンに描かれるスタン・スミス御大の肖像と、ヒールカウンターのカラー切り替え。どちらもグリーンがベースだが、今回は都会的な雰囲気が漂うグレーで仕上げている。全体的にいっそう落ち着いた印象が生まれて、大人の足元に最適ってわけ。


爽やか出しコーデに清潔感をプラス!
 

 
コーデサンプルを見てみよう。コーデュロイのカバーオールに味出しデニムと、潮っぽい雰囲気満点のスタイル。ここまで爽やかで味たっぷりな印象を活かすために、インナーは白Tが鉄則。 でもって肝心の足元は、色柄がキツいスニーカーだと全体の爽快感を台無しにしてしまう恐れも。コートタイプの白スニで清潔感をプラスしたい。"スタンスミス"なら手軽なうえに爽やかアメカジとの相性も抜群。一方でパーツカラーがグレーだから、どんな服とも馴染みやすい!


コチラも見逃し厳禁
定番チェックシャツは今ドキに見える色、形を!→ CHECK!


今必要なのは、1枚で着られてインナーでも役立つ"ロンT"!→ CHECK!

Safariの本誌または別冊を同時に買うと送料無料!

話題のeバイク5選

最近よく見かける!? 街を颯爽と走り抜ける"eバイク"!

1

お気に入り記事に追加