Safari Lounge 10月号

Safari 2018年02月号

¥860(税込み)

購入する

特集:男の本性はボトムに出る!

「日が落ちる前に迎えに行くから」と、日課でもあるサーフィンを楽しんでから彼女を迎えに行く週末。 そう、男の週末は案外と忙しい。待っている彼女に、まさか海でたっぷり波乗りを楽しんできた、 なんてことを言うのはヤボ。海からそのままクルマで直行して迎えに行けばバレないだろう、 なんて思っているとしたら大間違い。だって、足元を見ればちゃんとわかる。「今日も海へ行って きたからスニーカーなのね」とね。そう、“頭隠して、尻隠さず”とはよく言ったもので。たとえば、 テイラードジャケットを羽織ってかしこまった雰囲気を作ったとしても、カジュアル好きの サーファーなら、合わせるデニムはダメージ入り、足元は味ありのスニーカーなんかを合わせるはず。 そう、上半身では取り繕うことができても、下半身に本性がちゃ〜んと表れてしまうってこと。 ということで、今月号はどんな足元(ようするに靴)でどうキャラクターが出るのかを考えてみた。 隠せないのなら、隠さず上手にね。さて、どんな本性をボトムで見せてみる!?

さて、この4人の中で サーファーはだ〜れだ!?

答えは02のクリス・ヘムズワース! なぜこんなクイズをはじめたのか!? それは、足元には人のキャラクターやライフスタイルが色濃く表れるということを知ってもらいたかったから。 誰がサーファーか?というこの問いの答えは〝2番のクリス・ヘムズワース〞。 映画『ア ベンジャーズ』のソー役でもお馴染みの俳優と言ったほうがわかる人も多いかも。オーストラリア出身の彼にとってサーフィンは生活の一部であり腕前も相当なもの。これはNYの某ホテルから出てくる場面だが、そんなときでさえも彼の足元はビーサン。服装はシャツにデニムと普通のカジュアルだが足元にはサーファー魂がしっかり出ている。ことほどさように足元というのはその人のパーソナリティと密接な関係がある。逆にここがチグハグだったりすると決してかっこよくは見えないということでもある。

男の本性は自然と下半身コーデに出る!

前のページのセレブたちを見てわかったように、実は足元にこそ人のキャラクターというものが色濃く表れる。やっぱり男の本性は下半身コーデに出やすいってこと。で、ここからは個性と足元の関係性を セレブを参考にしてより具体的に紐解いていきたい。あなたの“本性”はいったいどのタイプ!?

ワイルドキャラなら“ファット”な白!

また白スニなのでちょっと混乱するかもしれないけど、こちらはファットなハイカット。 冒頭のチャニングやこのジョシュのようにスポーツ好きでマッチョ体型のワイルド系は、同じ白でも バッシュのようなタイプを選ぶ傾向にある。腿が太く骨太なパンツが多いため、これと相性がいいという理由もあるだろう。こうして見ると同じ白でも清潔感のあるローカットと男らしい ハイカットで結構雰囲気が違うのがよくわかる。些細な違いでもその人の個性が出るのだ。

いつも黒スニなのはサーファーだから!?

冒頭にも登場したヘムズワース兄弟の末弟、 リアム。この4枚の写真を見るとデートだろうと波チェックだろうと足元は徹底して黒スニ。これは彼がサーファーであることと無関係ではないだろう。ビーチで汚れても目立たない黒スニはサーファーの好物。 サーフィンが生活の一部となっているリアムは 生活の至るところに海の香りがあふれ出ている。それが足元に表れるのは当然なのかも。

Safari 02月号を購入する