Safari Lounge POP UP CORNER Vol.4  [Tommy Bahama]

ポップアップコーナー第4弾となる今月は
上質なリラックスを提案してくれるあのブランド!

第4弾となる今回は、ライフスタイルを丸ごと提案してくれるブランド、〈トミーバハマ〉だ。袖を通すことで開放感に浸れるアイテムは、忙しい日常を過ごす大人たちにとってなくてはならないもの。〈トミーバハマ〉は、上質なリラックスを衣食住のトータルで提案してくれる。そのブランドの背景に迫りながら心地よさの源を探りたい。

ROSSIGNOL APPAREL

1993年、世界的展示会“マジック”において、〈トミーバハマ〉は初披露された。陽光を浴びた自然が描かれたキャンプシャツは、審美眼に優れる各国のバイヤーたちを唸らせ、上質なシルクやリネンが醸す上品さに誰もが賛辞を送った。そして、全米最大手の百貨店、ノードストロームとのビジネスを機に、知名度を飛躍的に上げていくことになる。“休暇のようにリラックスした気分で毎日を過ごす”というアイランドライフに端を発し、1992年に誕生した同社。彼らがこだわる質の高い生地は、特別な開放感と心地よさをもたらせてくれる。前述したキャンプシャツはいい例で、優しいタッチに誰もが恋に落ちるはずだ。デザインはヴィンテージウエアや'50年代の映画や音楽、ハワイの自然などからインスピレーションを得て描かれる。ボタンやステッチの色も視野に入れてデザインされ、縫い目でも途切れることがないため1枚の絵のような感覚を覚えるのだ。アロハシャツは様々あるが、素材にこだわりテクニカルに仕上げられた1着にはそうそうお目にかかれない。“日々を長い週末のように”とのコンセプトで展開されているブランドだが、モノ作りへの姿勢は職人気質で骨太。それが、周囲を惹きつける最大の要因かもしれない。

A:〈トミーバハマ〉のブランドアイデンティティをダイレクトに感じさせる、2017年春のルックブックから。アイテムがもたらすリラックス感や心地よさに、誰もが思わず笑みを浮かべてしまう

B: 2013年、銀座にオープンした同ブランドの国内初の旗艦店。洋服のフルコレクション以外にも、スイムウエアやアクセサリー、さらにはホームアクセサリーまで揃う。2Fにはカフェも併設されショッピング時のひと休みにも最適

Recommend Item

- グラデーションクルーネックニット -

夏物のイメージが強い〈トミーバハマ〉だが秋冬アイテムもリゾート感を失うことなく、素晴らしいアイテムを展開している。
今回はその中でもSafariらしいグラデーションニットをピックアップ!

センスのいい色合いのグラデーション

落ち着きのあるグラデーション編みが特徴のニット。各色とも編み幅がバラバラなのもセンスを感じられる。デニムやチノなど合わせるアイテムを選ばない万能ニットだ。

細部までこだわりが光る

袖口や裾口まで編み糸を変えるこだわりよう。コートの下から見える際も、洒落感を出すのに一役買ってくれる。

〈トミーバハマ〉
新商品はこちら!