○返品・交換対応スタート ○14時までのご注文で、当日出荷(予約商品、日曜・祝日除く) ○電話注文も可能(03-4485-1305) ※詳しくは Q&A をチェック!     

STYLE01

デニムJK合わせで
一枚上手なアメカジ!

季節が変わり始まるこの時期は、ワードローブの前で悩みは尽きないところ。そこでおすすめしたいのがアメカジ。生成りのコーデュロイシャツにカーキのワークパンツ、足元にはブラウンレザーのチャッカブーツ合わせと王道のアメカジスタイルに仕上げた。肌寒ければ、男らしいデニムジャケットを羽織ると存在感を増す。風合いのあるインディゴカラーが、着こなしを格上げしてくれる。

STYLE02

重くなりがちな黒レザーは
軽さを取り入れて中和!

そろそろレザージャケットが着たくなる季節。だけど重厚感がありすぎて過剰に男臭くなってない? 男臭さではなく大人っぽさを出すためには合わせるアイテムが肝心。秋色のスウェットシャツをインに、ボトムにはダメージの効いたデニムをチョイス。カジュアルに着こなすことで、レザーJKの武骨さを中和させるってワケ。足元はトップとの色合わせでベージュカラーを選んで洒落感出しも狙いたいところ!

STYLE03

個性派アウターは
シャツでカジュアルダウン!

存在感バツグンなジャケットを羽織る際は合わせるアイテムでテンションを下げてあげるのが重要。風合いのあるコーデュロイパンツにスウェードブーツなら、着こなしのバランスもとりながら、大人の風格も醸せる。なら、ジャケットのインには襟付きがオススメ。ほどよくウォッシュの効いたインディゴのデニムシャツなら堅くなりすぎず、カジュアルに着こなせる。

STYLE04

インディゴニットで
脱いでもサマになる着こなし!

オトコらしいミリタリーJK合わせはポイント使いが肝心。たとえばアウターで使うなら、ボトムは落ち着いた色味のものを選びたい。ボトムもブーツではなく、白スニをセレクトすることで、抜けができるし、野暮ったさもなくせるってワケ。大事なのはトップ。白Tもいいけど、ちょっと心許なければニットがオススメ。差し色のイエローが効いたインディゴ染めニットなら、色の相性も抜群でアウターを脱いでもサマになる。