STYLE01

デニムはデニムでも
“赤”デニムで脱・マンネリ!

インの白Tに大ぶりなチャックシャツを羽織ったLAカジュアル。ボトムにはシャツのカラーを拾って、ブルーデニムを合わせたいところだが、あえての派手顔カラーデニムがおすすめ。コーディネートのマンネリ化も解消できるし、洒落感もぐーんと上がる。ベースボールキャップを被って、ラフさもプラスするくらいがいい塩梅だ。

STYLE02

バイカラー×マルチカラーで
色のメリハリづけ!

ウエストのドローコードにより、ラフさが漂うボトムは同じブルーでもデニムよりリラックスできて◎。シャツもスタンドカラーでキッチリ感の少ないデザインがオフの着こなしにはうってつけ。ここに足すべきは、バイカラー×マルチカラーの色合わせ。足元とバッグはバイカラーのアイテムをチョイスしつつ、マルチカラーのキャップでメリハリをつけてあげると奥行きもでて、洒落感も出てくるってワケ。

STYLE03

ド派手な柄シャツの相棒は
トーンを抑えたカラーパンツ!

存在感バツグンなピンクベースの柄シャツは春のワードローブで活躍してくれるキーアイテム。ただ合わせ方次第では小僧っぽさがでてしまうもの。たとえば、風合いのあるエメラルドグリーンのカラーパンツ。ペイルトーン同士だから相性もよく、大人感を演出することができる。

STYLE04

ペイルトーン合わせで
季節感たっぷりにこなす!

ビタミンカラーが映える薄イエローのパンツ。カラーデニムではなく、チノだから大人感もキープできる。トップは同じくペイルトーンのTシャツ合わせだと季節感もあるからおすすめ。ニットキャップで色を拾いつつ、足元の濃紺デニム地のエスパで全体を締めてあげるとまとまりのあるスタイリングに仕上げられる。