Safari Lounge POP UP CORNER Vol.15 [Bark]

ポップアップコーナー第15弾となる今月は
イタリア生まれのニットブランド!

世界特許をもつ“バーク編み”で知られるニットブランド、〈バーク〉。
冬の装いで活躍してくれるニットダッフルコートでもお馴染みだが、意外にも創設から6年という若いブランドなのだ。そんな今後の成長も楽しみな〈バーク〉の歴史を紐解いていこう。

INDUSTRY OF ALL NATIONS

多くの人気ブランドを輩出するファッション大国イタリア。ヨーロッパではフランス、イギリスと並んでファッションの歴史を支えてきた、なくてはならないメインピースだ。イタリアと言えば、丁寧にテイラードされたジャケットやシャツ、スラックスなど、フォーマルな装いのイメージがまず浮かぶだろうが、目を向けてほしいのがニット。代々受け継がれるメイド・イン・イタリーのプライドはニット作りの職人たちにも脈々と受け継がれているのだ。その中で、歴史は浅いながらも急成長を遂げる注目のブランド、〈バーク〉にフォーカスしたい。 ブランドの始まりは2011年。“バーク編み”と呼ばれる特殊な編地のニットアウターをブランドのアイコンに、独自性のあるリアルクローズとして世界から注目を集め、瞬く間にモードブランドへ成長した。この“バーク編み”を用いたモンゴメリーコート、いわゆるダッフルコートにおいては他の追随を許さないだろう。太番手の糸を使用し、20世紀に英国の海兵隊員が着用していたコートと同じようにボタンやフードが施され、洗練されたデザインでリバイバルしている。現在では、トータルアイテムを展開しており、今後の進化も楽しみなブランドだ。

A:カラーバリエーションが豊富なのも魅力のひとつ。冬の装いはダークトーンになりがちだからこそ、重宝するはず。もちろん保温性も申し分なし。

B:長年ニットウエアに携わってきたパオロ・ペロッティの経験を生かし、独自の工程や糸使いを実現。

Recommend Item

ボーダー柄ダッフルコート

〈バーク〉の代表格のニットダッフル。ここでは大人の雰囲気が漂う渋いボーダー柄をご紹介。
大人の冬の装いにアップデイトしてくれる絶品アウターだからお見逃しなく!

太糸で編み上げた迫力抜群の顔立ち!

世界特許も取得している“バーク編み”の技術により、ニットでも防寒性十分。ブランドの顔ともいえるダッフルコートで、かつ定番モデルよりも薄手素材で軽量のタイプ

デザイン性も防寒性もダブル獲り!

大きめのスナップボタンとトグルの2重仕様で防風性もアップ。アクセントのトグル部分のパーツにはブランドネームの刻印が。

〈バーク〉
新商品はこちら!