CELEBRITY SELECTION

インのカラー使いがコーデを際立てる!?

トーンを揃えた春のオフスタイル!

スコット・イーストウッド

Scott Eastwood

Profile

1986年、アメリカのカリフォルニア生まれ。父親は俳優で映画監督のクリント・イーストウッド。2004年に『ユー・ガット・サーブド』で映画デビュー。その後、2014年の『フューリー』で一躍有名となる。2016年DCコミック原作の『スーサイド・スクワット』といった話題作にも出演をしている。数多くの話題作に出演をしているスコットではあるが、実はとても誠実で謙虚な性格の持ち主。 過去のインタビューでは「この仕事に夢中になったのは、演じることが好きで映画を作ることが好きだから。有名じゃなくてもこの先ずっと幸せだと思う。」と残している。肉体面ではキックボクシングの練習など日頃からトレーニングしており、誰もがうらやむ引き締まった体をしている。そんなスコットのファッションは、どんな時でもシンプルで、インナーやシューズにあざやかなカラーを取り入れたコーデを好んでいる。是非、マネしやすい春にピッタリの色使いを参考にしてほしい。

シンプルトーンに
ポップカラーが映える!

ジムの行き帰りなどのスポーティなシーンは、どうしてもシンプルになりすぎてしまう…。そんな時は、スコットのようにポップなカラーをインに差せば、それだけで個性的なアクセントになり脱マンネリを狙える。そしてこれからの季節、ボトムはスウェットではなくパイル地をチョイスするのが◎。涼しさとストレッチ性があるので一石二鳥の優れものだ。で、 足元はインナーのトーンと揃えればグッとこなれ感もアップして、かつ爽やかな装いに。

イエローを効かせた
一歩先のバイカースタイル!

武骨なスタイルの定番といえば、バイカースタイル。スコットの場合、黒をベースにするのがお気に入り。ただすべて黒にすると重い印象になってしまうので、インにビビッドイエローのフォトTを合わせることで洒落感をプラス。こちらの足元もインと同色系のカラーを選べば、コーディネートにまとまりが生まれる。