CELEBRITY SELECTION

ワイルドだけど品格もある!?

武骨なJKスタイルは
黒デニ合わせが効果的!

ヒュー・ジャックマン

Hugh Jackman

Profile

1968年、オーストラリアのシドニー生まれ。1999年『Paperback Hero』でスクリーンデビューを果たし、翌年の2000年に『X-MEN』の主役ウルヴァリン役に抜擢され注目を集める。演じるウルヴァリン役は「X-MEN」シリーズを代表するキャラクターとなり9作品に登場。元々役者を志望していたわけではなく、大学ではジャーナリズムを専門分野として学んでいた。4年生にして初めて演劇理論を専攻し、そこから演劇にハマり卒業後本格的に役者としてのトレーニングを受けた。完璧なカラダづくりを行い、年齢を感じさせない肉体美のジャックマンのファッションは、どんな時でも“上品な男らしさ”を感じるアイテム選びがポイントになっている。是非、ワイルドかつ品の薫る冬コーデに注目してほしい!

品の漂う男らしさを
茶レザーJKで演出!

ワイルドな着こなしの定番といえば、バイカースタイル。セオリーどおり、武骨な短丈ジャケットやライダースJKを選ぶのも良いけれど、ひとつ格上に演出できるパンサージャケットをチョイスするのがジャックマン流。で、インにはダークトーンのポロシャツで、品もプラス。ボトムは黒デニ。着こなしも引き締まるし、オトコらしさもキープできる。さらに足元はアウターと同色系でまとめれば、統一感も出て、こなれた大人スタイルの装いに仕上げられる。

ミリジャケで魅せる
都会派大人カジュアル!

どんな時でも男らしいコーデなのがジャックマンの着こなしのポイント。そんな彼だけに、ミリタリーテイストのスタイルではM65タイプのジャケットを選ぶのがお約束。着脱可能なキルティングベスト付きなので寒さも防げる優れものだ。ボトムにはカーキと相性の良いブラックデニムでなおかつテイパードの効いた一本をチョイスすればよりスタイリッシュにまとめられる。足元は白を選んで抜けを作るのが野暮ったくなり過ぎないポイント。