Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2022.09.24 PR

玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!
大人の男に似合う存在感のある名作時計!

2002年に誕生するや瞬く間に時計業界に一大センセーションを巻き起こした“タンブール”。20周年を迎えた〈ルイ・ヴィトン〉のウォッチコレクションのシンボルともいえる名作を、俳優・玉木 宏が身にまとった。挑戦し続ける精悍な男の腕には、今なお革新的である唯一無二のタイムピースがよく似合う!

CONNECTED
生活を便利にするテクノロジーを味方につけて、スマートなライフスタイルを謳歌したい人にはコネクテッド ウォッチが最適。ただし無個性なガジェット感あふれる時計ではつまらない。そんな大人のわがままを叶えてくれるのが、こちらの1本だ。

タンブール ホライゾン ライト・アップ
TAMBOUR HORIZON LIGHT UP

24個のLEDライトで万華鏡のように光る

サファイアクリスタルがベゼルまで覆う。ここに24個のLEDを組み込み、11パターンで輝くモノグラムのイルミネーションを楽しめる。ケース径44㎜、SSケース(ブラックPVD)、モノグラム・エクリプス キャンバス ストラップ。52万2500円(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

詳しくはこちら!


GOLD
オケージョンでシックなスタイルを選ぶときに合わせてほしいのがゴールドの腕時計。こんなふうにブラックPVDとPGをコンビにすることでさりげなく主張する時計なら、テイラードはもちろん普段のカジュアルにもしっくり馴染むはず。

タンブール オトマティック クロノグラフ ダミエ・グラフィット スティール & ゴールド
TAMBOUR CHRONOGRAPH DAMIER GRAPHITE STEEL & GOLD

ダミエ・パタ-ンとVシグネチャーが交差!

黒文字盤には、ダミエ・パターンが施され、ランジから文字盤にかけて大胆に描いたVシグネチャーが特徴のスポーツエレガントな1本。ケース径46㎜、自動巻き、18KPG×SSケース(ブラックPVD)、アリゲーターストラップ。265万3200円(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

詳しくはこちら!


TRAVEL
新たな発見や刺激を与えてくれる旅はやはり人生に欠かせない。常に動き続け、世界を大胆に駆け巡るノマドたち。アクティブな男たちに現在を教えてくれる時計は、こんなふうに個性が主張する1本がいい。

タンブール アウトドア クロノグラフ GMT アーバン ジャングル
TAMBOUR OUTDOOR CHRONOGRAPH GMT URBAN JUNGLE

カーキとオレンジが冒険心を刺激する!

プッシュボタンで、ふたつめの時間帯を簡単に設定。高精度のクォーツムーブメントも快適性と安心感を約束。配色にも、唯一無二の個性が宿る。ケース径44㎜、クォーツ、SSケース(グレーPVD)、ラバーストラップ、100m防水。79万7500円(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

詳しくはこちら!


DIVERS
海と都会を行き来するデュアルライフを送る大人にうってつけなのが、この“タンブール ストリート ダイバー”。従来のダイバーズが備えるタフスペックだけでなくメゾンならではのクリエイティブがあふれる!

タンブール オトマティック ストリート ダイバー スカイラインブルー
TAMBOUR AUTOMATIC STREET DIVER SKYLINE BLUE

常に海が身近になる爽やかなスカイブルー

ダイビングスケール上のVを回転させ、分針の先端にあるVに重ねると、冒険のはじまりを示すXが形成されるなどコンセプトもユニーク。ケース径44㎜、自動巻き、SSケース(ブルーPVD)、ラバーストラップ、100m防水。101万5300円(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

詳しくはこちら!

profile
玉木 宏 Hiroshi Tamaki
1980年1月14日、愛知県出身。1998年に俳優デビュー。俳優、カメラマンのほかにMVの監督、さらにはWOWOW『アクターズ・ショート・フィルム3』で映画監督デビューするなど、活動の幅を広げている。現在公開中の映画『この子は邪悪』へ出演や、 映画『七人の秘書 THE MOVIE』の公開が控える。

〈ルイ・ヴィトン〉“タンブール”の魅力を十分にお分かりいただけただろうか? ここで、20周年を迎えたこの名作時計が世界中の大人を虜にする理由を振り返ってみよう。

〈ルイ・ヴィトン〉は2002年、今も主力コレクションである“タンブール”で時計市場に参入を果たした。そして今日までの20年の間、コネクテッド ウォッチも含む多様な機構をサイドが丸く膨らんだ唯一無二のケースに収めてきた。時計製造でもラグジュアリーな独創性を発揮し世界中の大人を魅了する“タンブール”20年の軌跡を追った。

1
タンブールの誕生からはじまった、こだわり貫かれたウォッチメイキング

“タンブール”でメゾン初の機械式時計製作に挑んだ〈ルイ・ヴィトン〉は、積極的な設備投資で急速にウォッチメイキングのノウハウを確立。2014年にはジュネーブ郊外に広大なアトリエが完成し、複雑機構を含む個性豊かな自社製ムーブメントを開発、製造している。

仏語でドラムの意がある“タンブール”。サイドが丸く膨らんだフォルムは、なるほど太鼓のようだ。これは19世紀当時の懐中時計をモチーフにしているとか。〈ルイ・ヴィトン〉は、初のウォッチコレクションの開発にあたり、時計製造の原点に立ち返り、真摯に向き合ったのだ。2011年には複雑時計アトリエ“ラ・ファブリク・デュ・タン”を、その翌年に専門ダイヤル・メーカー“レマン・カドラン”を買収。そして2014年、巨大なウォッチメイキングアトリエ“ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン”が完成し、その独創性が加速する。回転するキューブで時を表示する“スピン・タイム”、第2時間帯をゴングの音色で知るミニッツ・リピーターなど、“タンブール”には他社にはない機構が搭載されてきた。そして20周年記念モデルでは最初期のクロノグラフにスポットを当て、毎時3万6000振動の傑作ムーブメント搭載でアニバーサリーを祝う。

“ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン”は、延床面積約4000㎡と巨大。メゾンの時計製造のほぼすべてが集約され、伝統的な手作業で組み立てられている

エル・プリメロをベースに、自社でモディファイ

ルイ・ヴィトン タンブール トゥエンティ
LOUIS VUITTON TAMBOUR TWENTY

20周年を記念するのはハイビートなクロノグラフ

20周年モデルの搭載ムーブメントは、〈ゼニス〉の名機エル・プリメロがベース。これは2003年製モデルと同じだが、自動巻きローターは22金製にアップデイトされている。当時と同じブラウンの文字盤を再現。世界限定200本。ケース径41.5㎜、自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ。既に完売。(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

2
ヒストリカルピースで辿る名作時計の20年

“タンブール”は誕生してから今日までの20年の間、実に多彩なモデルが生み出されてきた。前述したように、独創的なメカニズムも数多い。その歴代の代表的なタイムピースを見れば、メゾンの時計製作がトランクやバッグ、ファッションの余技ではないとわかる。

A:メゾン初の腕時計“モントレーⅠ”。クォーツ式でワールドタイマーとアラーム機構、ムーンフェイズが備わるダイヤルデザインもモダンだ。ラグのないケースは18KYG製で、ムーブメント製造はIWCに依頼。 B:“タンブール”ファーストモデルのひとつ。ほかクロノグラフなど5モデルが展開され、この年に完成したルイ・ヴィトン表参道店で先行販売を行った。裏蓋には、お馴染みのモノグラムがエングレービングされている。 C:初の複雑時計“タンブール モノグラム トゥールビヨン”は、ムーブメント会社ラ・ジュー・ペレとの共同開発。香箱とキャリッジにモノグラムを象り、ダイヤル左にあるLVロゴはイニシャルなどにオーダー変更可能だった。 D:“タンブール ダイビング”は、潜水時間の計測をインナーベゼル式にしたことですっきりとしたスタイリッシュな外観を実現。ケース径は44㎜。昨年登場した“ストリート ダイバー”は、ふたつのリュウズまわりの形状がわずかに異なる。 E:3つのインダイヤルは、それぞれ専用のテンプでカウントするクロノグラフ。8時位置のボタンを押すと左右がスタートし、2度めのプッシュで左が止まり上が動き出し、3度めで全停止。ブルーダイヤルはエナメル製。 F:新素材カーボストレイタム®とチタンとでタンブールの形状を再解釈したのが、“タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ”。なめらかにカーブしたケースに、トゥールビヨンを搭載した。 G:“タンブール カルぺ・ディエム”。ヘビを象るボタンを押すとダイヤルのスカルとヘビが動き、額にアワー表示が現れ尻尾の先で分を示す。同時に左目のモノグラム・フラワーも切り替わり、開いたスカルの口から「CARPE DIEM」の文字が覗く。


実は〈ルイ・ヴィトン〉による時計製造の歴史は、1988年にはじまった。この年に誕生した“モントレーⅠ”こそがメゾン初の腕時計だ。サイドが丸みを帯びたケースのフォルムや12時位置のリュウズなど、モダンかつ大胆なデザインを手掛けたのは、パリのオルセー美術館などで知られるイタリア人女性建築家ガエ・アウレンティ。ヴィンテージ時計市場でもめったにお目にかかれない、幻の存在だ。そして2002年、“タンブール”の誕生によって本格的に時計市場への参入が果たされた。ドラム型のフォルムと並んで外観を特徴づけるラグ形状は、トランクの取っ手がモチーフ。ダイヤルのブラウンと針のイエローはトランクからの引用であり、外装の随所に〈ルイ・ヴィトン〉らしさが散りばめられている。

2004年には、早くもトゥールビヨンを発表。透明感豊かなスケルトン仕様は、その後もメゾンの複雑時計に受け継がれていく。その翌年に生まれた“タンブール ダイビング”は、昨年“タンブール ストリート ダイバー”の名で復活させ、大ヒットとなった。

上の年表にはないが、スピン・タイムが登場したのは2009年。2011年には傘下に収めた“ラ・ファブリク・デュ・タン”の手で初のミニッツ・リピーターが生み出されている。以降、独創的な複雑機構を自社製で実現。2013年には独立した3つのクロノグラフ秒針が備わる“ツインクロノ”で特許を取得。2020年にはカーボン由来のカーボストレイタム®を初採用し、素材でもオリジナリティを発揮した。そして昨年、スカルとヘビが動くオートマタでジュネーブ時計グランプリのオーダシティ賞を獲得。〈ルイ・ヴィトン〉のウォッチメイキングの技術と実力、そして独創性が本物であることを証明した。

3
進化を続ける2022年の新タンブール!

20周年を迎えた“タンブール”は、例年以上に新作に力が入る。前出の20周年記念モデル以外にも、それぞれに異なる魅力が備わるモデルが見つけられる。第3世代となったコネクテッド ウォッチはオリジナルOSの開発で大きく進化を果たし、装いも輝くモノグラム・フラワーでいっそうラグジュアリー感を手に入れた。クロノグラフは機械式とクォーツを展開。機械式はゴールドで高級感をまとわせ、クォーツはアウトドアをテーマにカジュアルな使い心地が与えられた。

タンブール ホライゾン ライト・アップ
TAMBOUR HORIZON LIGHT UP

24個のLEDライトでモノグラムがカラフルに輝く新コネクテッド

サファイアクリスタルの最外周のベゼル部分に、色とりどりに輝く24個のモノグラム・フラワーのLEDライトが備わる。そのライトアップは、11種類のグラデーションを含む多彩なカスタマイズが可能。独自OSは、アップル社がiPhoneとの互換性を保証するMFI認証を取得。ケース径44㎜、SSケース、キャンバスストラップ。右・中:各52万2500円、左:43万4500円(以上ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

タンブール オトマティック クロノグラフ ダミエ・グラフィット スティール & ゴールド
TAMBOUR CHRONOGRAPH DAMIER GRAPHITE STEEL & GOLD

アイコニックなラグジュアリー感を湛える機械式クロノ

ダミエ・グラフィット パターンが浮かぶ文字盤に、ホワイトとゴールドカラーで巨大なVシグネチャーを配し、大胆かつアイコニックなクロノグラフに。ピンクゴールドとブラックPVDのSSのバイカラーケースは、独特のフォルムが際立つ。ケースはかなり大ぶりで、スポーティ感と存在感はより高い。ケース径46㎜、自動巻き、SS+18KPGケース、アリゲーターストラップ。265万3200円(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

タンブール アウトドア クロノグラフ GMT
TAMBOUR OUTDOOR CHRONOGRAPH GMT


ビーチリゾートに出かけるか、都会のジャングルを旅するか?

アウトドアをテーマとしたクォーツクロノは、10時位置に第2時間帯表示を装備する。1枚目はブルーダイヤルが爽やかな“ノーティカル スティール”。ビーチリゾートの相棒にピッタリだ。2枚目の“アーバン ジャングル”は、グレーPVDのSSケースにカーキグリーンダイヤルの組み合わせ。アラビア数字もステンシルタイプでミリタリーな雰囲気を強調。いずれもスモールセコンドではLVロゴが回り、ストラップにはロゴが浮き立つ。ケース径44㎜、クォーツ、SSケース、ラバーストラップ。1枚目:70万1800円 2枚目:79万7500円(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

誕生20周年を祝う、イベントが開催!
9月末~10月16日(日)の期間、ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店2Fのイベントスペースにて、タンブールにフォーカスしたエキシビションを開催。4つのルームで構成されたこのエキシビションで、20年の歴史を辿ってみては?

Information

●ルイ・ヴィトン クライアントサービス
TEL:0120-00-1854
Instagram @louisvuitton
Twitter @louisvuitton_JP
LINE @louisvuitton

雑誌『Safari』11月号 P142-149掲載

※記事内で紹介している商品はすべて税込みの価格です。

写真=今江寿之 スタイリング=上野健太郎 ヘア&メイク=渡部幸也 文=髙木教雄
photo:Toshiyuki Imae styling:Kentaro Ueno hair&make-up:Yukiya Watabe text:Norio Takagi
上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作はいつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!
SPONSORED
2022.09.25 NEW

上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作は
いつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!心地よい色と素材で大人の休日を!
SPONSORED
2022.09.24

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!
心地よい色と素材で大人の休日を!

センスのいいカラーアイテムを取り入れて、着こなしに磨きをかけたい秋。ならば、〈ゼニア〉が得意とする“オアジ カシミヤ”に注目を。〈ゼニア〉の拠点がある北イタリアの自然公園“オアジ ゼニア”にちなみ、その豊かな自然をイメージしたナチュラルな…

TAGS:   Fashion
玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!大人の男に似合う存在感のある名作時計!
SPONSORED
2022.09.24

玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!
大人の男に似合う存在感のある名作時計!

2002年に誕生するや瞬く間に時計業界に一大センセーションを巻き起こした“タンブール”。20周年を迎えた〈ルイ・ヴィトン〉のウォッチコレクションのシンボルともいえる名作を、俳優・玉木 宏が身にまとった。挑戦し続ける精悍な男の腕には、今なお…

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!定番の着こなしが見違える格上アウター!
SPONSORED
2022.09.24

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!
定番の着こなしが見違える格上アウター!

秋冬のお洒落を左右するのは、なんといってもアウターの存在感。シンプルなデニムとTシャツの着こなしでも、アウターひとつで格上に見せることができる。そこで注目したいのが、イタリアらしい洒落心と機能性が融合した〈ヘルノ〉の新作アウター。バリエー…

TAGS:   Fashion
身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!
SPONSORED
2022.09.24

身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!
遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!

身近な存在のデニムだからこそ、ちょとした遊び心ひとつで印象が変わるもの。そこで注目したいのが、魅力的なアイテムが揃う〈ディーゼル〉の新作。得意とするデニムアイテムに、やりすぎにならない程度の絶妙なヒネリを効かせて個性的にアレンジ。いつもの…

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー
SPONSORED
2022.09.24

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!
ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー

ラウンド中のスタイルは、どうしたってスポーティにりがち。でも、もう少し大人の色気や貫禄のあるゴルフコーデを楽しみたいって人も多いはず。そんな人なら、1929年から続くイタリアの老舗ジュエラー〈フォッぺ〉に注目。最新技術と熟練した職人技が生…

TAGS:   Fashion
エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!
SPONSORED
2022.09.24

エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!
秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!

夏ゴルフと違って、コンディションのいい秋のゴルフは落ち着いた見た目でスマートにこなしたい。加えて、アクティブな印象と実際の動きやすさも欲しいところ。となると、ちょうどいいのが"アスレジャー"風のスタイル。カラーで大人っぽさを、スポーティな…

TAGS:   Fashion
ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!
SPONSORED
2022.09.24

ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!
週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!

あなたのゴルフの楽しみ方は、仲間とわいわい楽しむエンジョイ型? それともスコアを追求するアスリート型? でも、意外にその日の気分やメンツで変わる“どっちも”型が多いんじゃない!? だったら、それに合わせてウエアだって着替えるのが正解。〈テ…

TAGS:   Fashion
センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!
SPONSORED
2022.09.24

センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!
ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!

ゴルフウエアってなんだか派手すぎ!? 日頃からそう感じている人も多いかも。そんな中、高品質でベーシックなアイテム作りに定評のある〈アー・ペー・セー〉が、ついにゴルフウエアを発表。ターフ上に馴染むうえに、街使いもしやすそうなアイテムが豊富だ…

TAGS:   Fashion
過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!
SPONSORED
2022.09.24

過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!
伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!

派手なコーデ提案が多いゴルフファッション。でもこの秋、〈マンシングウェア〉が一石を投じるかも!? 今シーズンは“トーン・オン・トーン”をベースに、クラシカルなデザインと快適機能素材を上手に融合させたアイテムが豊富。ほのかにレトロでいい雰囲…

TAGS:   Fashion
今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?
SPONSORED
2022.09.24

今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!
ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?

これまでチャレンジングなデザインや柄で、ゴルフファッションの未知なるトレンドを切り拓いてきた〈パーリーゲイツ〉。そんなこのブランドが、今シーズン提案するのはなんと意外にも“黒”! ひょっとしてコレ、華やかさ全盛の近頃のゴルフファッションに…

TAGS:   Fashion
〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!
SPONSORED
2022.09.24

〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!
アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!

アリゾナ生まれの〈ピン アパレル〉。その“ネイティブライン”のテーマは、“色で遊ぶ”。星条旗やネイティブ柄などアメリカンモチーフをゴルフウエアに投入して、アクティブでポップなスタイルを提案。アメカジ好きにササるデザインは、今シーズン注目を…

TAGS:   Fashion
〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!
SPONSORED
2022.09.24

〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!
楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!

ゴルフ場のクラブハウスはドレスコードが厳しめ。行き帰りはジャケット姿が望ましいが、堅苦しい1着だと運転で疲れる。そこで頼りになるのが、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”。重力を感じさせないニット素材のセットアップなら楽ちんで上品。アクティブ派に…

TAGS:   Fashion
ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!大人のフリースはちょっと差がつく1着で!
SPONSORED
2022.09.24

ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!
大人のフリースはちょっと差がつく1着で!

たとえ何着持っていても、シーズンごとについ買い足してしまうのがフリース。ところが、ワードローブを見返してみると、無地の定番色ばかりで新鮮さを感じられない。ならば、今期は〈タトラス〉が狙いめ。差のつく色柄や素材、ディテールを備えた1着を選べ…

TAGS:   Fashion
〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!
SPONSORED
2022.09.24

〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!
大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!

生地感や味わいが好みのデニムに出会ったら、いつでもどこでも穿きたくなのがデニム好きの性分。ただ、いい年の大人がそれをやるのはいただけない。そこで頼りになるのが、映える場面が異なる3つのシルエットが揃った〈エドウイン〉の“503”。これを穿…

TAGS:   Fashion Denim
快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。
SPONSORED
2022.09.21

快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。
見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。

今期のアウターはどんなものがいいのか? 見た目のよさはもちろんだが、やはり快適で機能的というキーワードは大事にしたい。〈アルファタウリ〉はファッションとテクノロジーの融合を掲げ、あのレッドブル社が設立したブランド。いずれのアウターも快適で…

TAGS:   Urban Safari Fashion
モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。ビジネス映えする王道デニムを知る。
SPONSORED
2022.09.21

モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。
ビジネス映えする王道デニムを知る。

生活スタイルの変化に寄り添い、その時代に合ったベーシックデニムであり続けてきた〈エドウイン〉の“503”。なかでも注目したいのは、現代的な着こなしや体型を分析し、より洗練されたストレートに生まれ変わったレギュラーフィット。変にカジュアル見…

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!
SPONSORED
2022.09.08

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!

日々競争社会で頑張っている人こそ息抜きが大事。となると、週末はのんびりと過ごす!? いやいや。実は、本当に求めているのは“心の解放”のはず。“なにもしない”もいいけれど、爽快でスリリングな体験を味わってこそ「英気を養える」ってこともある。…

映画『ブレット・トレイン』とパートナーシップを実現!知的でタフな大人の決め手は〈ポリス〉の黒縁メガネ!
SPONSORED
2022.09.05

映画『ブレット・トレイン』とパートナーシップを実現!
知的でタフな大人の決め手は〈ポリス〉の黒縁メガネ!

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ