Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.02.21

有村 昆も驚いた
アカデミー賞裏話!

2月24日(日)にハリウッドのドルビー・シアターで開催される第91回アカデミー賞。全世界から注目を浴びる映画の祭典だけに、その存在は知らない人はいないはず。けれども、実は“世界3大映画祭”には入っていないのはご存知? そんなアカデミー賞にまつわるエピソードを映画コメンテーター有村 昆さんに語ってもらいました!



そもそも、アカデミー賞は単なる納会だった⁉

『Safari Online』読者のみなさんはファッションがお好きなので、ミラノやパリなどで開催されるコレクションはご存知ですよね。あの映画版がアカデミー賞だと思ってください。よく、この時期になると「世界最大の映画の祭典」なんて、言葉を聞きますよね? けれどもアカデミー賞は、いわゆる“世界3大映画祭”には入っていないんです。

3大は、カンヌ、ベネチア、ベルリンを指していて、ステータスが高いとされている映画祭なんです。ただ、アカデミー賞は1929年にはじまっていて、3大映画祭より歴史が古い。今年でなんと第91回になるんです。それと、アカデミー賞は国際映画祭ではなく、あくまでもアメリカ映画のための賞です。アメリカには“映画はアメリカ文化だ”という気持ちが根強くあるようなんです。

歴史をさかのぼると、最初は映画関係者の納会みたいなものだったようです。業界の関係者が集まって「今年1年、お疲れさまでした!」って乾杯をするような質素な夕食会だったとか。それが世間の注目を集めるようになって、ショーアップされていったんです。

1929年に開催された第1回アカデミー賞の様子
 

NEXT 最近はセレブが政治的発言をする場になっている

2/4PAGE

 
最近はセレブが政治的発言をする場になっている

LGBT差別や女性のセクハラ問題。昨年は映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題があったので、特に#MeeToo運動が盛り上がりましたね。あとはなんといっても黒人差別。これは“白すぎるオスカー”といわれて批判されました。要するにあまりにも白人の俳優ばかりが賞を獲得していて、黒人俳優がノミネートすらされないと問題になったんです。

そこで約6000人のアカデミー会員に調査が入ったんです。そしたらアカデミー会員のほとんどが白人のお爺ちゃんだった、ということがわかったんですよ! これが本当に大問題になって、会員の構成比率を変えようということに。有色人種や女性、若い人を大勢招こうと。けれども、対策は追いついていないようですね。

ただ、候補に選ばれる作品がマイノリティや差別をテーマした作品が非常に多くなっています。年に一回のお祭りとして楽しめる反面、セレブリティが発する社会的なメッセージを受け取って、アメリカの世相を感じ取るのも楽しみ方の1つかもしれませんね。
 

NEXT アカデミー賞の授賞式で封筒を渡し間違えた!?

3/4PAGE

 
アカデミー賞の授賞式で封筒を渡し間違えた!?

第89回のアカデミー賞で、大変なことになったのが作品賞発表時での出来事。ウォーレン・ビーティとフェイ・ダナウェイがプレゼンターだったのですが、『ムーンライト』という映画が受賞したのに、間違って『ラ・ラ・ランド』と発表しちゃったんです(笑)。

ウォーレン・ビーティももうお爺ちゃんなので、間違えたんじゃないかとか言われました。しかし実際は集計している会計事務所の人が、渡す封筒を間違えたようです。どうやらステージ裏でSNSに投稿していて気が散っていたのだとか。そんなことあるのかって話ですよね(笑)。

あと、聞いた話なんですけど、女優陣は裏では衣装合戦がすごいようです。映画『オーシャンズ8』でもネタにしていましたよね。女優陣は、色かぶりが絶対にNG。「この女優がこれを着るなら、私は違う色にする!」みたいな事前の読み合いがすごいのだとか。でも、女優はやっぱり目立つ色を着たいから、あえて偽の情報を流すこともあるそうですよ。

そういえば第86回のアカデミー賞授賞式では、司会を務めたエレン・デジェネレスが本番中にピザを注文しましたよね。檀上から。急にアカデミー賞の会場にピザ屋が出前を届けにきたんです。あれは演出ではなく、ガチで呼んだらしいんですよ。ブラッド・ピットが会場でお皿を配っていたのも印象的でした(笑)。その際に、みんなで撮ったセルフィの顔ぶれが豪華すぎると、300万回以上もリツイートされたそうです。




NEXT 授賞式後の晩餐会で振る舞われたワインが買える!?

4/4PAGE

 
授賞式後の晩餐会で振る舞われたワインが買える!?

あと、これはこぼれ話ですけど、アカデミー賞でセレブが飲んだワインが販売されるようになったんです。僕も第85回のアカデミー賞授賞式の晩餐会で振る舞われたワインを持っています。“オノロベラ”というスペインのワインです。値段は、ボトル1本1000円ちょっとくらいで、それほど高くないんですよ。

ネット通販などで購入して、それを飲みながらアカデミー賞の授賞式を観る、なんて面白いですよね。ただ、日本時間だと25日(月)午前中なので、そこはご注意ください(笑)。

<プロフィール>
有村昆:Kon Arimura
1976年マレーシア生まれ。年間約500本の映画を鑑賞し、最新作からB級映画まで幅広い見識がある映画コメンテーター。妻は、元キャスターの丸岡いずみ。

取材・文/米原とおる text:Toru Yonehara
photo by AFLO
Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.06.20

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ