Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.01.02

有村 昆が2019年の映画界を大胆予想!
“映画館の進化”と“作品のユニバース化”が止まらない!?

昨年のエンタメ界は、動画配信サービスが飛躍。劇場では『カメラを止めるな!』が大ヒットと、予想外の思わぬブームもありました。では、2019年はどうなるの? ということで、映画パーソナリティの有村 昆さんに、2019年の映画界について語ってもらった! キーワードは、“映画館の進化”と“作品のユニバース化”。これって一体どういう意味!?

“集まりたくなる”面白さが劇場をもっと楽しくする!?


2019年の映画界を予測してみましょう。1つ言い切れることは、劇場が劇的に進化するということです! 今、ネットでの動画配信の勢いが止まりませんよね。恐らく今後、配信オリジナル映画がアカデミー賞にまでもノミネートされてくるわけです。そこで、劇場はどう対抗していかなきゃいけないか? スマホ画面との差別化はどう図ればよいのか? の対策を考えていかなければならない。僕の考える答えは、“集う”ことの面白さをアピールすることですよ。IMAX、ドルビーシネマ、4DXなどは、家では絶対に体感できません。手間暇かけてでも“集いたくなる”面白さを劇場で展開していけば、より盛り上がっていくと思いますよ。



最近、劇場では“応援上映”という企画で、“みんなで一緒に歌おう”みたいなことをしていますよね。あれは繋がりを求めているわけですよ。ネットがあれば、家で寝転がって観たい映画を手軽に観られるようになりました。じゃあ、次に何が欲しくなる? きっと、 “1人では楽しめない”ことをやりたくなるんですよ! みんなで劇場でペンライトを振るとか座席が動くとか、そういうアトラクション的なことに、世間はもっとシフトしていくと思いますね。

そうなると応援上映にぴったりなミュージカル映画って、時代にあっているのかもしれません。2018年は『グレイテスト・ショーマン』『ボヘミアン・ラプソディー』『アリー/スター誕生』がありました。そして2019年は『クリード2 炎の宿敵』が来ますよ! これはミュージカルじゃないですけど(笑)。でも、応援上映にはピッタリな作品です。ボクシングのシーンなんて、みんなで白いタオルを握りしめながら観るといいですよ(笑)。
 

NEXT ユニバース化が止まらない!

2/3PAGE

 

あの池井戸潤もユニバース化!?


次に、作品の傾向についても触れてみたいと思います。映画は今、ユニバースの時代です。たとえば、マーベル作品の『アベンジャーズ』は、複数の作品が同じ世界で展開しているわけです。どの作品も“マーベル・シネマティック・ユニバース”という世界の中で成立しているんですよ。そして、その流れが実は邦画にも押し寄せています。2月に公開される『七つの会議』という作品があります。これは原作が池井戸潤さんなんですが、その中に、『半沢直樹』で舞台となった東京中央銀行が出てきます。まさに池井戸ユニバースなんですよ!


映画『ホブス&ショウ』

今はどこの映画会社も“ユニバース化”を推しています。たとえば、わかりやすいところでいうと、〈ワーナー・ブラザース〉の『ファンタスティック・ビースト〜』が『ハリー・ポッター』のユニバース化ですよね。〈ソニー・ピクチャーズ〉はスパイダーマンの世界観の中で、ユニバース化を展開しようとしています。昨年は悪役を主人公にした『ヴェノム』が公開されましたよね。そして、〈ユニバーサル・スタジオ〉は古典モンスターを集結させる“ダーク・ユニバース”を考えていたみたいですが、頓挫したみたいです。でも、稼ぎ頭の『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ作品『ホブス&ショウ』が2019年に公開します。これだけを見てみてもユニバース化がはじまるっていうのがわかりますよね。ハリウッド版『ゴジラ』は、2019年公開の続編の次にキングコングと戦うことになっています。これもユニバースでしょ? 

映画館の進化と、ユニバース化が止まらない、というのが、2019年の映画界をリードするキーワードになると思います!
 

NEXT アリコン・映画アワードって知ってる?

3/3PAGE

 
“最も男を魅了した女優”は誰だ!?
“男の心情を描いたベスト監督”は誰だ!? 
“男が憧れる男優”は誰だ!?
男が惚れる骨太映画はコレだ!

<プロフィール>

有村昆:Kon Arimura
1976年マレーシア生まれ。年間約500本の映画を鑑賞し、最新作からB級映画まで幅広い見識がある映画コメンテーター。妻は、元キャスターの丸岡いずみ。

取材・文/米原とおる text:Toru Yonehara
photo by AFLO
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ