Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.12.31

アリコン・映画アワード2018!【ベスト映画部門】
有村 昆が選ぶ “男が惚れる骨太映画”はコレだ!

年末の映画目玉企画としてお送りしてきた“アリコン・映画アワード2018”も、いよいよベスト作品となる“男が惚れる骨太映画”を残すのみとなった。有村さんが、2018年に劇場公開された映画作品の中で、最も男らしいと惹かれた作品を選出。選ばれたのは、今年3本もの映画に出演するなど大活躍だったドウェイン・ジョンソン主演のアノ作品!

『Safari Online』読者というと、男らしさに加えて海やヤシの木が似合う、そしてLAの香りも漂っていないといけない。僕が勝手に思っているイメージなのですが(笑)。今回はそのテイストを加味して“アリコン・アワード2018“の大賞にあたる“男が惚れる骨太映画”を選ばせていただきます!

『ランペイジ/巨獣大乱闘』、これに勝る骨太映画はない!




“男が惚れる骨太映画”、とても悩みました。今年は、このジャンルで印象に残る作品が結構あったんですよ。たとえば、古代の巨大ザメが現代に蘇るお話の『MEGザ・モンスター』。ジェイソン・ステイサムが主演しましたけど、面白かったです。これまで鮫が出てくる映画というのは、ほとんどB級扱いだったんですよ。1976年の『JAWS/ジョーズ』を除いては。でも、この映画では巨額の製作費が中国資本から出ていて、トップクラスの筋肉スターを主演に据えることができたわけです。古代の巨大ザメが蘇るというくだらない題材でも、超スーパーな予算をかければ、これだけ面白くて、スゴい作品になるんですね〜(笑)。 

あとは、2月に公開された『トレイン・ミッション』。リーアム・ニーソンが主演なんですよ。かっこよかったですね! リーアム・ニーソンはアカデミー賞にもノミネートされた名優です。けれども、その名優枠を捨てて『沈黙シリーズ』みたいな、アクション俳優枠に入りこんできた人です。ライバルがデ・ニーロからスティーブン・セガールに変わってしまったという(笑)。この作品は、乗り合わせた電車内で100人の乗客からある人物を見つけ出したら多額の報酬を払うという、そんなお話なんです。バラエティ番組の企画みたいで、くだらないでしょ?(笑) ただ、くだらないことを一生懸命にやっている、そんなところに僕はかっこよさを感じるんですよね〜。

すいません、ちょっと脱線してしまいましたね(笑)。それでは本題へ、お待たせいたしました。“男が惚れる骨太の映画”は、5月に公開された『ランペイジ/巨獣大乱闘』にしたいと思います! これは1986年に発売されたアーケードゲーム“ランペイジ”を基にしたパニックアクションもので、遺伝子実験の失敗で、巨大化したゴリラ、狼、ワニがシカゴの大都会を襲うというお話です。そこにマッチョなドウェイン・ジョンソンが現れて、街を守るために戦うんですよ。もう、これだけで骨太じゃないですか!? 内容うんぬんではないんですよ(笑)。暴れまわる巨獣たちがとにかく痛快で、観ていてスッキリとすると思います。まあ、『ランペイジ/巨獣大乱闘』と『MEGザ・モンスター』って、海か陸かっていう違いだけで、やっていることはあんまり変わらないんですけどね(笑)。



“男が惚れる”という点では、ドウェイン・ジョンソンに共感して欲しいんですよ。今年は、彼の忙しさが際立ちました! 4月に『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』、5月に『ランペイジ/巨獣大乱闘』、そして9月に『スカイスクレイパー』と、ドウェイン・ジョンソンが主演した映画が立て続けに日本で公開されたんです。ドウェイン・ジョンソン祭りですよ(笑)。彼はプロレスラーから俳優に転身した人なんですが、今では押しも押されもせぬハリウッドのドル箱スターになっています。もともとはアメフト選手だったんですが、活躍できずに解雇されてプロレスラーになったわけで。実は苦労人である、そんなところに男ならきっと惚れるはずです。
 

NEXT 部門賞はコチラ

2/2PAGE

 
“最も男を魅了した女優”は誰だ!?
“男の心情を描いたベスト監督”は誰だ!? 
“男が憧れる男優”は誰だ!?

<プロフィール>
有村昆:Kon Arimura
1976年マレーシア生まれ。年間約500本の映画を鑑賞し、最新作からB級映画まで幅広い見識がある映画コメンテーター。妻は、元キャスターの丸岡いずみ。

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
SPONSORED
2019.04.19

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
SPONSORED
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
SPONSORED
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
SPONSORED
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
SPONSORED
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
SPONSORED
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
SPONSORED
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
SPONSORED
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
SPONSORED
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
SPONSORED
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ