Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2017.10.06

【連載】大人のお洒落のコツ!
【Vol.7】モダンなシンプルさが光る大人好みの〈ジョン エリオット〉!

上質スウェットで知られる実力派!  サンフランシスコ出身のデザイナーが、自身の名を冠して2012年に立ち上げた〈ジョン エリオット〉。スウェット素材を中心としたクリーンかつ機能的な服作りで知られ、若手デザイナーに贈られる名誉ある賞を受賞した経験もある実力派だ。デザインは主張し…


上質スウェットで知られる実力派

 サンフランシスコ出身のデザイナーが、自身の名を冠して2012年に立ち上げた〈ジョン エリオット〉。スウェット素材を中心としたクリーンかつ機能的な服作りで知られ、若手デザイナーに贈られる名誉ある賞を受賞した経験もある実力派だ。デザインは主張し過ぎることもなく、すっきりしているところに大人のスタイリッシュさを感じる。オリジナルの素材開発にこだわり、着心地や仕立てのよさも定評のあるところだ。

街でも海でも使える大人パーカ!

ジョンエリオット

 カジュアルに絶妙なヌケ感をもたらすパーカは、すっきり細身のタイプを選んで子供っぽさを回避するのが鉄則。その点〈ジョン エリオット〉の被りタイプなら、スタイリッシュなシルエットで街から海まで大活躍。薄手ながらしっかりとしたコシのある生地で、ボディへのフィット感も抜群だ。サイドのジップで着こなしに動きをつけられるのも嬉しい。
各3万円(ジョン エリオット/サザビーリーグ) 

NEXT このアイテムのコーデ術は次ページで!

2/3PAGE


『Safari』のおすすめコーデはこちら!
よりアクティブなアメカジを狙える!


ジョンエリオット


 ゆるめのリラックス感を出したグリーンのパーカとスウェットパンツに、骨太なMA-1を羽織れば、特有のワイルド感により、男らしさが増したアクティブスタイルに仕上がる。さらに、着こなしに動きがついて見せられるのは、〈ジョン エリオット〉の裾にジップの付いたパーカだからこそ。白Tシャツはパーカよりも丈を少し長いものを選んで着れば、レイヤードができて、白の見える分量が多くなり、爽やかさもぐんとアップ!
カーキブルゾン12万円、グリーンパーカ3万円、Tシャツ1万3000円、スウェットパンツ2万9000円、グレーハイカットスニーカー5万8000円(以上ジョン エリオット/サザビー リーグ)、サングラス4万7000円(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)、腕時計52万5000円(ブライトリング/ブライトリング・ジャパン)、その他はスタイリスト私物


浅井 秀規のおすすめコーデはこちら!
パーカが主役のモノトーンスタイル!


ジョンエリオット


 杢グレーのプルオーバーパーカを主役に、モノトーンでまとめた都会派コーデがこちら。トップの明るいグレーに対して、ボトム&シューズを黒で引き締めるとバランスよく収まる。モノトーンの着こなしの場合、大人の品格を保つには、パーカやパンツのシルエットが重要になる。つまり〈ジョン エリオット〉のシンプルでタイトなフォルムなら、都会的な仕上がりが間違いないというわけ。
グレーパーカ3万円、中に着たTシャツ1万3000円、ブラックスウェットパンツ2万9000円、サングラス4万2000円、ジャケット4万3000円、ブラックスニーカー5万円(以上ジョン エリオット/サザビーリーグ)

スタイリスト/浅井 秀規
『Safari』で多くのファッションページを手掛けるスタイリスト。男っぽい武骨さに、どことなく大人らしい清潔感を漂わせるスタイリングを得意としている。海も街もスタイリッシュに仕上げるアイテム合わせには定評がある。オフには、サーフィンを楽しむ海男。


 

NEXT 見逃せないキャンペーン情報は次ページへ!

3/3PAGE


各地でポップアップショップ開催!


ジョンエリオット

 〈ジョン エリオット〉が東京と大阪でポップアップショップを展開する。10シーズン目となる2017年秋冬は、公立と私立の2つのバスケットボールチームをイメージソースとしたコレクションを発表。ポップアップショップでは、定番のスウェットパンツが進化した“EBISU スウェット”をはじめ、充実した新作アイテムを一気にチェックすることが可能だ。

●キャンペーン詳細
場所:ESTNATION 新宿
開催期間:10月6日(金)~10月26日(木)

場所:RHC みなとみらい/吹田
開催期間:10月7日(土)~10月22日(日)

Information

●サザビー リーグ
TEL:03-5412-1937
URL:sazaby-league.co.jp

SHOP LIST
●アイヴァン 7285 トウキョウ
TEL:03-3409-7285

●ブライトリング・ジャパン
TEL:03-3436-0011

写真=土屋 崇治、正重 智生 スタイリング=浅井 秀規 ヘア&メイク=寺本 彬人 文=野中 邦彦
photo : Takaharu Tsuchiya(TUCCI),Tomoo Syoju(BOIL) styling : Hidenori Asai
hair&make-up : Akito Teramoto(AVGVST) composition&text : Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ