Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.05.17


『ピーターラビット』『ランペイジ 巨獣大乱闘』

物語で選ぶ編
ムネアツなポイントは? “少年コミックのようなノリの面白さ!”

『ピーターラビット』

日本でもキューピーのキャラクターとして使われるなど、“癒し系”のイメージが定着しているピーターラビット。しかし原作は、畑を荒らすウサギたちと人間が攻防する面もあって、ピーターラビットのお父さんも人間に捕まってパイにされてしまうなど、けっこうブラックなテイストだったりする。今回の映画化では、そんな原作のエッセンスも忘れずに、とにかくテンポよく、そして痛快に突き進むエンタテインメントが追求された!



舞台となるのは、イギリスの湖水地方で、草原や森の木々など美しいグリーンがスクリーンに広がる。それだけで観ているこちらは一気に爽やかな気分に! その穏やかな風景を、ピーターを中心としたイタズラウサギ軍団が、あの手この手でかき乱す物語。庭の野菜を巡って“宿敵”だったマグレガー爺さんが急死し、ピーターたちが大喜びしたのも束の間、爺さんの親戚である若きマグレガーが、さらに手強い敵として立ちふさがる。ウサギvs.人間のエスカレートする戦いは、文字どおり抱腹絶倒。原作の絵本を軽々と超え、少年コミックのようなノリで楽しませてくれる!



ウサギのほかにも多数の動物キャラが活躍するのだが、もちろん彼らはCG。その外見はとってもリアル。微妙な表情の変化で感情が伝わり、“現実感”と“作り物感”のバランスが完璧だ。特にウサギたちがなにかを企んで邪悪な表情をみせる一瞬、目やヒゲのわずかな動きに、クリエイターたちの才能が発揮されているので注目を。



人間のキャストも動物たちに負けないインパクトで、ピーターたちのよき理解者である画家のビアを演じるローズ・バーンの、まだまだキュートな魅力が全開。そしてマグレガー役のドーナル・グリーソンが、ピーターたちの攻撃にさらされて七転八倒する姿に大笑い。この人、『スター・ウォーズ』でも“さえない悪役”がハマっており、この路線で大成功するかも!? メインキャスト2人とCGキャラたちの相性は完璧だ。



『ピーターラビット』
製作・監督/ウィル・グラック 出演/ローズ・バーン、ドーナル・グリーソン、サム・ニール 配給/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2018年/オーストラリア・アメリカ・イギリス合作/上映時間95分

5月18日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
 

NEXT →ドウェイン・ジョンソンの『ランペイジ 巨獣大乱闘』

2/2PAGE

 
セレブで選ぶ編
ムネアツなポイントは? “ドウェイン・ジョンソンはシュワちゃん越えのヒットメーカー⁉︎”
『ランペイジ 巨獣大乱闘』



ゴリラ、オオカミ、ワニが巨大化し、シカゴの都心部を襲撃する。こう聞くと、『GODZILLA ゴジラ』、『キング・コング』のようなものだろうと高をくくるだろう。しかし、ここにドウェイン・ジョンソンというピースをはめこむとどうだろうか? 途端にゴジラVSシュワちゃん、キング・コングVSスタローンといったようなドリームマッチが頭に浮かび、ワクワクが止まらなくなるに違いない!



ドウェイン・ジョンソンは、アメフト選手からWWFのプロレスラーに転向し、スターダムへのし上がった人物。『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』のゲスト出演を機会に映画俳優としても活動するようになったわけだが、評価を上げたのが、『ワイルド・スピードMEGA MAX』。世界興収を前作の3億ドルから6億ドルへと押し上げ、見事にシリーズの再建に成功。以降、シリーズ作品の復活には欠かせない存在となったのだ。



その魅力は、当然ながら鍛え上げられた肉体にあるのだが、それに加えて評価されているのがコメディ演技。シリアスなアクションシーンだけでなく、日常シーンでのトボけた演技で笑いを誘うことができるのは大きな特長だ。本作でも、“人付き合いが苦手な霊長類学者”という、その巨体にはそぐわない役柄という設定の妙で笑わせてくれる。肉体と幅広い演技力で「ドウェインが出演さえすれば面白くなる」という、ハリウッドの味の素のような存在と化したわけだが、その魅力は本作でさらに昇華している!



霊長類学者デイビスはサンディエゴ野生動物保護区で白毛のゴリラ、ジョージの研究をしている。ある晩、そのジョージが、遺伝子実験の事故により散布されたガスを吸いこみ、一夜にして巨大化してしまう。正気を失い、暴れ狂うジョージに困惑するデイビスだが、巨大化したのはほかにも2体いることがわかり、その原因を解明しようと奔走する。



正直なところ、物語は雑で、脇役陣の演技力もイマイチと、B級感を感じざるをえない。しかし、ご安心を! ひとたび巨獣が暴れ出すとその映像は圧巻! 高層ビル群での軍との攻防戦はド肝を抜く大迫力の連続だし、ドウェインが重火器をぶっ放し、巨獣に立ち向かうシーンなどは、あのシュワちゃんを彷彿とさせるほど魅力的だ。クライマックスは、思わず涙が出るほど感情を揺さぶられる感動シーンが待っているので、観て損はないどころか、鑑賞後1カ月は本作の話をしたくて仕方なくなるはず⁉︎



『ランペイジ 巨獣大乱闘』
製作・監督/ブラッド・ペイトン 出演/ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン 配給/ワーナー・ブラザース映画
2018年/アメリカ/上映時間107分

5月18日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.2週末のお供はスーパーカーと手元の“ハイテク”クロノ!
SPONSORED
2019.05.25 NEW

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.2
週末のお供はスーパーカーと手元の“ハイテク”クロノ!

ラグジュアリーの定義は変わりつつある。クルマでいえばスーパーカーこそ現代のラグジュアリーカーだ。だが流麗なスタイリングも実はハイテク素材に支えられ、骨格やコアに技術革新の粋が結集している。

TAGS:   Watches
〈ルイ・ヴィトン〉のオーダースニーカーについて現地取材!自分だけの1足の完成までをイタリアで追う!
SPONSORED
2019.05.25 NEW

〈ルイ・ヴィトン〉のオーダースニーカーについて現地取材!
自分だけの1足の完成までをイタリアで追う!

写真で履いているスニーカーは、〈ルイ・ヴィトン〉の“ランアウェイ”という人気モデル。でも、こんな色使いやイニシャル入りのもの、今まであったっけ……? 実はこれ、同社がバッグや洋服などで提供しているパーソナライゼーションのサービスでカスタム…

TAGS:   Fashion
やりすぎなくらいの高機能が男心をくすぐる〈シチズン〉“プロマスター”!アツ~い冒険野郎の手元に“極厚顔”のダイバーズ!
SPONSORED
2019.05.25 NEW

やりすぎなくらいの高機能が男心をくすぐる〈シチズン〉“プロマスター”!
アツ~い冒険野郎の手元に“極厚顔”のダイバーズ!

多忙な毎日を送りながら、たまのオフにも海に繰り出す。そんなエネルギッシュな日々を過ごすアツ〜い大人に似合うのが〈シチズン〉“プロマスター”だ。誕生以来30年追求した機能を詰めこんだ、計器のような“極厚顔”ダイバーズはともすれば“やりすぎ”…

TAGS:   Watches
夏の主役は〈カリフォルニアデプト〉で手に入れる!センスのいい大人ならTシャツも色にこだわる!
SPONSORED
2019.05.25 NEW

夏の主役は〈カリフォルニアデプト〉で手に入れる!
センスのいい大人ならTシャツも色にこだわる!

夏カジュアルの主役といえば、プリントTが大本命。何枚持っていてもつい買い足してしまうアイテムだけど、プリントの柄だけで選ぶのはいただけない。そう、実はボディの色も重要だって知ってた? まずは基本の色を押さえつつ、日焼け肌に映えるカラフルな…

TAGS:   Fashion
今シーズンは〈ムータ マリン〉でもっとアクティブに!夏の海遊びに着ていきたい遊び心あふれる快適服!
SPONSORED
2019.05.25 NEW

今シーズンは〈ムータ マリン〉でもっとアクティブに!
夏の海遊びに着ていきたい遊び心あふれる快適服!

今年の夏は話題のウェイクサーフィンやヨットなど、いろんなマリンスポーツにチャレンジしたいもの。となると、いつものようなラフなアメカジではちょっと場違いになる可能性も。ならば、大人好みのマリンアイテムが豊富に揃う、〈ムータ マリン〉に注目。…

TAGS:   Fashion
週末スタイルに効かせる〈ジェントルマン〉!夏カジュアルのスパイスは日焼け肌と重ねづけアクセ!
SPONSORED
2019.05.25 NEW

週末スタイルに効かせる〈ジェントルマン〉!
夏カジュアルのスパイスは日焼け肌と重ねづけアクセ!

胸元や手元のアクセは、アクティブな週末で日焼けしたブロンズ肌と相性抜群。とはいえ、ワル目立ちするデザインでは、せっかくのヘルシーさを損なう恐れも。ならば、上質で控えめなアクセを重ねづけするのがいい。大人の男によく似合う〈ジェントルマン〉の…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ