○返品対応可能 ○14時までのご注文で、当日出荷(予約商品、日曜・祝日除く) ○電話注文も可能(03-4485-1305) ※詳しくは Q&A をチェック!     

Safari Lounge POP UP CORNER Vol.26 [JAMES GROSE]

ポップアップコーナー第26弾となる今月は
英国の老舗レザーウエアブランド!

創業から100年以上の歴史を誇る、 〈ジェームス・グロース〉。
多くのバイカーやロッカーたちに愛されてきたブランドを今回は紐解いていこう。

INDUSTRY OF ALL NATIONS

ビートルズやローリング・ストーンズといったように、日本でも一世を風靡した偉大なアーティストを生んできたイギリスはアメリカと並んで、ロック界の欠かせないメインピース。同じようにモーターサイクルのカルチャーにおいても、“ロッカーズ”と呼ばれるロックンロールに影響を受けた若いバイカーたちを生み出すなど、そのメインストリームを現在まで走ってきた。そんなバイカーたちのユニフォームとなっていたのが、いまやファッションの一部として認識されるライダースジャケット。現在では様々なファッションブランドが展開し、アウターの定番となって久しいが、お分かりのとおり、バイク乗りがこぞって着始めたのが流行の始まり。そんなイギリスのバイカーたちを支えてきたのが〈ジェームス・グロース〉だ。前述したモーターライザーションの足音が響き渡る以前の1876年に創業。いまや100年以上の歴史を誇るブランドのライダースにバイカーの誰しもが憧れた。広大な土地が広がるアメリカは何時間もドライブするため、大型バイクであまり屈まないライディングスタイルなのに対し、イギリスでは前傾姿勢で乗るといったスタイルの違いがあるため、フロントベルトがなく、アジャストベルトにし、すっきりとしたスマートなデザインなのも特徴。それゆえにロッカーたちもユニフォームに選んだのも納得できる。英国の職人たちにより仕立てられたエレガンスなフィットが特徴で、英国伝統のダブルブレスト仕様も採用。約40年ぶりに待望の復活を遂げた〈ジェームス・グロース〉。オトコらしさを醸すライダースジャケットは男として1着はもっていたいものだ。

A:不況のあおりを受け、一度はクローズしたものの、2015年秋に約40年ぶりに復活を遂げた〈ジェームス・グロース〉。復活を待ち望んでいたファンは多く、今後も目が離せない。

B:熟練の職人たちによって1点1点丁寧に作られるライダースは丈夫なため、永く使える一生モノ。

Recommend Item

【別注・先行販売商品】“ジョージアン”レザーライダースジャケット

ここでしか手に入らないエクスクルーシブモデル!
品のあるバイカースタイルには欠かせない一着をご紹介。

ハードすぎない上品な柔らかラムレザー!

’60年代のカフェレーサーのスタイルから着想を得た、王道のダブルライダース。ソフトで大人っぽい印象を与えるのは、上質なラムレザーのおかげだ。落ち着いたネイビーと別注ライニングのコンビネーションも、大人らしい品格を演出してくれる。すっきり着こなせるやや着丈の長い細身シルエット。

〈ジェームス・グロース〉
商品はこちら!